ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話ネタバレ感想『警察の昇任試験の仕組み』

【画像】違法性なくキスを進めようとすると条約の締結のようになってしまう図 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話 漫画:泰三子

【画像】違法性なくキスを進めようとすると条約の締結のようになってしまう図 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話 漫画:泰三子

  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話ネタバレ感想・まとめ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 登場人物・キャラクターまとめ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 概要
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~を連載している『モーニング』について

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話ネタバレストーリー・あらすじ

北条は、山田と牧高に昇任試験の勉強をしているかと聞く。

受験資格者にちゃんと勉強させろと副署長から下命があったという。

牧高は、試験合格したら巡査部長になって仕事の責任が大きくなる。責任が大きくなるぐらいなら階級はいらないという。

それでもペア長にも勉強できるような配慮を命令する北条。

法学の勉強は「頭がいい人がまとめた資料の丸暗記」も効率がいいという。

昇任試験対策で作られた資料で中身がいいものを「○○資料」と作成者名を冠した通称で呼ばれて裏取引されるという。

源は最近昇任したから、いい資料を持ってるんじゃないかというと、かなり古いと出してくる。

コピーとっておくからと席を立つ源。

* * *

帰宅途中に、藤と川合に見つかる山田。

昇任試験勉強のことをいうと、藤が勉強を見てあげるという。

断る山田だが、押し入ってビール片手に山田を監視する藤。

昇任試験合格者が多い所属は、そこでの教育指導が充実しているという評価になるから、各所属が裏では競って受験資格者に勉強させる。

それがプレッシャーだという山田。

大卒は採用後2年。それ以外は4年たてば受験させられるから、退官まで勉強からはずっと逃げられない。

【画像】昇任試験の法学問題と実務問題の科目 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話 漫画:泰三子

【画像】昇任試験の法学問題と実務問題の科目 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話 漫画:泰三子

学歴や仕事の部門関係なく、全員平等に昇任のチャンスがある。競争試験にすることで、大して士気の高くない警察官に渋々勉強させるいい制度だと説明する藤。

法学問題は、憲法、行政法、刑法、刑訴法。実務問題は、刑務、刑事、生活安全、地域、交通、警備。

【画像】警察の昇任試験の1次試験、2次試験、最終試験 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話 漫画:泰三子

【画像】警察の昇任試験の1次試験、2次試験、最終試験 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話 漫画:泰三子

1次試験は、ショートアンサーと呼ばれる五択問題。

2次試験は、各教科の論文試験。一日中論文書き続けるから翌日受験者の7割が筋肉痛で苦しむ。

最終試験は3項目、面接、逮捕術、点検教練の号令。

藤は、自分の好きな教科から取り組むといいというも好きな教科はないと断言する山田と川合。

なら好きなものと結びつけて勉強したらどうかというと、川合は、「俺様イケメン壁ドンパラダイス」という少女マンガのことをいう。

さえない女子大生の主人公が、文学サークルのイケメン先輩から壁ドンされて不意打ちでキスされる珠玉の名シーンがあるという。

それを聞いた藤が想定問題を出題する。

あなたが交番勤務中。主人公である被害者からそのような被害届を受理した場合。この事件の「犯罪事実」を書いてください。

犯罪事実とは、捜査書類に記載するどういう罪を犯したのか説明する文章のこと。

【画像】壁ドンからのキスを事件した図 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話 漫画:泰三子

【画像】壁ドンからのキスを事件した図 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話 漫画:泰三子

男性被疑者は、女性被害者を見て劣情を起こし、左手で壁を叩き、被害者を畏怖させるとともにその進行と妨げ、「俺のこと以外は見るな」と被害者に申し向け脅迫し、その反抗を抑圧した上、無理やり帰すをし、もってわいせつな行為をしたものである。

好きな漫画を事件化しないでほしいと声を上げる川合。

恋愛の基本は、任意性を担保しながら相手に合意を求める。この繰り返しだという藤。

異性との接触するのに法の壁が高すぎるという川合。

【画像】後輩のと飲みで「帰りたくない」は強要にあたる | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話 漫画:泰三子

【画像】後輩のと飲みで「帰りたくない」は強要にあたる | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話 漫画:泰三子

もし、後輩と飲みに行くことがあっても「帰りたくない」というのは強要になりかねないから、「貴職の同意がなければ、本職おとなしく帰宅いたす」と付け加えてと川合に教える藤。

藤が持っている山田の参考書がこれだけと聞く。

山田は源から法学の資料をコピーもらったという。資料はもらい物だけど、源が一発合格しているから信用できるかなというと見せてという藤。

山田から受け取った資料を見て、昔を思い出す藤。

【画像】源と桜のために藤が書いた参考資料 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話 漫画:泰三子

【画像】源と桜のために藤が書いた参考資料 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話 漫画:泰三子

藤が、源と桜のために作った資料だった。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第91話ネタバレ感想・まとめ

桜が結局どういう最後を迎えたのか気になる。

モーニング『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』を読んで。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 登場人物・キャラクターまとめ

川合
町山警察署交番勤務の女性警察官。警察学校を卒業したばかりの新任警察官。

藤部長
町山警察署交番勤務の女性警察官。川合の指導員。

牧高
町山警察署勤務の女性警察官。藤部長が異動になって刑事課に配属された。

山田
町山警察署勤務の刑事課の男性刑事。


巡査部長。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 概要

ホワイトカラーにしてブルーカラー。労働基準法は適用外!安定収入を求めてたまたま警察官になった川合と、超美人&刑事部のエースながらパワハラで交番に飛ばされた藤部長。交番(=ハコ)勤務女子二人の警察官あるあるお仕事備忘録!

『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』を連載している『モーニング』について

『モーニング』は、講談社発行の週刊漫画雑誌。毎週木曜日発売。 現在も『モーニング』の連載陣の一翼を担っている弘兼憲史、かわぐちかいじ、うえやまとちといったベテラン執筆陣によって支えられた、いわゆる「大人漫画」の構成の特徴を持っていた。ストーリー漫画・4コマ漫画などを中心とする型破りな作風で話題を呼ぶ作品を輩出しており、ドラマの原作となる作品が多い。また成人が働く、さまざまな職業をありのままに描いた「職業漫画」が多いのも特徴の一つ。1990年代を通して、青年漫画のジャンルで漫画界をリードしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする