魔入りました!入間くん 第130話ネタバレ感想『アガレス軍vs魔獣王国』

【画像】問題児クラス大戦 | 引用元:魔入りました!入間くん 第130話 漫画:西修

【画像】問題児クラス大戦 | 引用元:魔入りました!入間くん 第130話 漫画:西修

  • 魔入りました!入間くん 第130話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔入りました!入間くん 第130話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 魔入りました!入間くん 概要
  • 魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

魔入りました!入間くん 第130話ネタバレストーリー・あらすじ

収穫祭四日目。

生徒たちが避難しているアガレス城にケロリの魔獣王国が攻め込んできた。

アガレスに、負傷者とリタイヤの報告が入る。

魔獣王国の要求は溜めたポイントと城の譲渡。

渡せば危害は加えない。

要求は呑みたくない。みんなで集まって一緒に作り上げた空間。生徒たちは最後のひとりまで戦う意思だ。

勝手に盛り上がってることに憤りを感じるアガレス。自分の寝床なのに。

アガレスは、溜めたポイントを持ち出して解散でもすればいいのにというのに、ここが好きだから嫌だという生徒たち。

城の正門では熾烈な戦いが繰り広げられていた。

カムイは師匠からは、ケロリと比べて召喚士としての素質は薄いが紳士。紳士には紳士の戦い方がある。それは弁舌力。その修行をさせられていた。

カムイは、弁舌力を用いて、魔獣たちを鼓舞し、更なる力を引き出す。

魔獣の勢いが増し、アガレス軍が圧され、防御を突破されそうになる。

そこを助けたのがガープ。

ガープは風に呼びかける。師匠からは、言葉で返ってこなくても話し上げることが大事。能力で従えられたとしても相手をものと思ってはだめだという。

【画像】ガープの新奥義・口鬼残し | 引用元:魔入りました!入間くん 第130話 漫画:西修

【画像】ガープの新奥義・口鬼残し | 引用元:魔入りました!入間くん 第130話 漫画:西修

ガープは、風を呼び起こし、新奥義・口鬼残しを炸裂させる。

生徒に襲い掛かろうとしていた魔獣たちを一斉に風で切る。

助けてもらえたガープに感謝で飛びつく女生徒たち。

カムイがガープが女子たちと戯れているのを見て怒り心頭。

魔獣たちも動揺するも我々には女王がいるとカムイに確認すると、その通りだがそれはそれと目の前で女子とイチャイチャするのは許さんとボスクラス魔獣を呼び出すカムイ。

アガレス軍と魔獣王国の総力戦が始まった。

【画像】アガレス軍vs魔獣王国 | 引用元:魔入りました!入間くん 第130話 漫画:西修

【画像】アガレス軍vs魔獣王国 | 引用元:魔入りました!入間くん 第130話 漫画:西修

魔入りました!入間くん 第130話ネタバレ感想・考察まとめ

ボスクラスも操れるケロリとカムイ。

ポイント稼ぎとしては、魔獣を使えば優勝を狙える数まで稼げるのだろうけど、アガレス城の攻めは、ケロリのロマンだけだとすると、プライドで目的を果たせないパターンの人か。

マンガボックス『魔入りました!入間くん』を読んで。

魔入りました!入間くん 概要

鈴木入間は14歳の少年。両親は鬼畜外道で、遊ぶ金欲しさに息子を悪魔に売り渡した。入間を購入した大悪魔・サリバンには妻子が無く、「孫になってくれ」と入間に懇願する。サリバンが理事長を務める魔界の学校に理事長の孫兼特待生として入間は入学し、人間であることを隠し、悪魔に交じって学園生活を送ることになる。さまざまなトラブルが入間に襲い掛かるが、苦労して育ったことによる素直で健気な性格で乗り越え、意図せずに学園内で交友関係を築きあげ、不本意ながら有名人になって行く。

魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。