彼岸島 48日後… 第223話ネタバレ感想『裏切り者のユカポン』

【画像】なんでもするからと縋るユカポン | 引用元:彼岸島 48日後… 第223話 漫画・松本光司

【画像】なんでもするからと縋るユカポン | 引用元:彼岸島 48日後… 第223話 漫画・松本光司

  • 彼岸島 48日後… 第223話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 彼岸島 48日後… 第223話ネタバレ感想・まとめ
  • 彼岸島 48日後… 概要
  • 彼岸島 48日後…を連載している『週刊ヤングマガジン』について

彼岸島 48日後… 第223話ネタバレストーリー・あらすじ

次の目的地は国会議事堂。

国会議事堂には、蟲の王と呼ばれる吸血鬼のボスがいるという情報を助けたアイドルから得る明たち。

どんなやつかを聞くもアイドルは直接見たわけじゃないから詳しいことはわからないけどという。

蟲の王と呼ばれる吸血鬼のボスは、雅の四男だという。

雅は、強さ順に長男から並べているという。

それを聞いてネズミは、四男というのは弱いほうだと安心する。

鮫島は、アイドルに姑獲鳥は何男と聞くと五男だという。

それを聞いて水を噴出すネズミ。

あんなに強かった姑獲鳥が五番目の強さで、それよりも蟲の王は強いということに恐怖する。

ネズミは国会議事堂にいくのは止めようという。その意見に、他のアイドルも賛同する。

【画像】蟲の王は戦車を使った自衛隊の一個中隊を壊滅させる実力 | 引用元:彼岸島 48日後… 第223話 漫画・松本光司

【画像】蟲の王は戦車を使った自衛隊の一個中隊を壊滅させる実力 | 引用元:彼岸島 48日後… 第223話 漫画・松本光司

噂では生き残っていた自衛隊一個中隊が戦車で挑んで壊滅したという。

戦車でも歯が立たない相手に恐れおののくネズミ。

アキラは、国会議事堂に雅の息子の一人がいることがはっきりした。雅本人もいる可能性が高い。なんとしてもそこへ向かい、雅も蟲の王も切り倒すというアキラ。

その決心に勝次は乗る。

ユカポンが部屋に入ってくる。

ネズミはユカポンの体調を気遣って近寄るも、その前に救出したアイドルがユカポンに駆け寄る。

鮫島は、感動の再会かと思ったが違った。

【画像】救出したアイドルがユカポンにビンタする | 引用元:彼岸島 48日後… 第223話 漫画・松本光司

【画像】救出したアイドルがユカポンにビンタする | 引用元:彼岸島 48日後… 第223話 漫画・松本光司

駆け寄ったアイドルは、ユカポンに強烈な平手打ちを喰らわせる。

突然のことに動揺するネズミ。

アイドルは、ユカポンをクソ女と呼び、髪の毛を掴み上げる。

そして、ユカポンの頭を壁にぶつける。

止める鮫島。

アイドルは、すべてユカポンのせいだという。

最初は、吸血鬼たちに対して、アイドルたちも必死に抵抗した。いやいや、こんなとこに連れてこられて、ひどいことするなら死んでやると抵抗すると、元々ファンだった吸血鬼たちは死なれては困ると、交渉できたという。

新入りで入ってきたユカポンがなんでも吸血鬼の要求を聞くものだから増徴して、女の一人や二人が死んでもいいという感じで歯止めがきかなくなったという。結局、どんな命令でもきかなきゃ始末すると脅されて、地獄部屋になったという。

涙ながらに懺悔するユカポン。

他のアイドルたちもユカポンを裏切り者呼ばわりして出て行けと叫ぶ。

ユカポンは部屋から走って逃げ出した。

鮫島は、俺たちはユカポンの案内でここにきた。結局のところは助かったのはユカポンのおかげだという。

そういわれて言い返せないアイドルたち。勝次も悪いのは監禁した吸血鬼たちだという。傷がいえるのは時間がかかるだろうが、助かったことに素直に喜んでくれと。

鮫島たちは、国会議事堂に向けて出発する。

ネズミは、ユカポンの姿が見えないことに探してから行こうというもユカポン自身の考えもあるからと、鮫島たちは無理に探そうとはしない。

いかだの場所に戻ると、ユカポンが待っていた。

ユカポンは、アキラたちに裏切り者で意気地なしだけど、居場所はここしかないからなんでもするから一緒にいってもいい?と聞く。

アキラは、出発するぞとユカポンを受け入れる。多かれ少なかれ誰にも後ろめたい過去はある。そんなんことは気にしなくていいという。

彼岸島 48日後… 第223話ネタバレ感想・まとめ

【画像】姑獲鳥は五男 | 引用元:彼岸島 48日後… 第223話 漫画・松本光司

【画像】姑獲鳥は五男 | 引用元:彼岸島 48日後… 第223話 漫画・松本光司

ランク付け設定が出てきた。

強い者順に長男から格付けされて、姑獲鳥は五男。次の蟲の王は四男。

少なくとも後4人倒さないと雅にはたどり着けない。

週刊ヤングマガジン『彼岸島 48日後…』を読んで。

彼岸島 48日後… 概要

『彼岸島』『彼岸島 最後の47日間』につづく3rdシリーズの幕が上がった!
雅によって吸血鬼ウィルスがまかれ、日本が血に飢えた化け物の国となってしまった。生き残った人たちは、いつ襲って来るかわからない吸血鬼に怯え、暮らしていた。そんな中、人間たちの間である男の噂が流れる。
「吸血鬼どもを斬りまくるとてつもなく強い男がいる」と‥‥。
果たして人間たちに吸血鬼どもを駆逐する逆襲の一手があるのか!?
新たな戦いが今、始まる!!

彼岸島 48日後…を連載している『週刊ヤングマガジン』について

『週刊ヤングマガジン』(しゅうかんヤングマガジン)は、講談社が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。1980年6月23日創刊。略称は「ヤンマガ」、「週刊ヤンマガ」、「YM」、「週刊YM」。創刊時編集長は宮原照夫。発売日は毎週月曜日。掲載作品の単行本は、ヤングマガジン系列専用の総合レーベル「ヤンマガKC」より刊行されている。

姉妹誌として、『月刊ヤングマガジン』(隔月刊誌『別冊ヤングマガジン』より2009年にリニューアル)がある。現行の増刊誌として、2014年9月5日創刊の『ヤングマガジンサード』がある。過去に発行されていた増刊については「増刊号」節、姉妹誌については「姉妹誌」節、漫画アプリ及びWEBコミックサイトについては「漫画アプリ・WEB連載」節を参照。