六道の悪女たち 第165話ネタバレ感想『六道の等身大フィギュアを欲しがる乱奈』

【画像】AKIBA狂詩曲 | 引用元:六道の悪女たち 第165話 漫画:中村勇志

【画像】AKIBA狂詩曲 | 引用元:六道の悪女たち 第165話 漫画:中村勇志

  • 六道の悪女たち 第165話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 六道の悪女たち 第165話ネタバレ感想・まとめ
  • 六道の悪女たち 概要
  • 六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

六道の悪女たち 第165話ネタバレストーリー・あらすじ

六道たちは秋葉ブロードウェイに遊びにきていた。

貴重なフィギュアを見て、六道と大佐はテンションを上げる。

細部の作りが見事だと大佐は大興奮。

六道たちに付き合わされた飯沼は、オタク趣味の何が楽しいのかわからないでいたが、椿にバイクのフィギュアがあると教えられると、細部の作りが見事だと大佐と同じ感想を口にする飯沼。

今日は、乱奈を誘って遊びにこれたことを良かったと六道と大佐、課長たちが話してると、乱奈が珍しく「これ何」と興味を抱く。

自分のフィギュアが作れるサービス。結婚式に自分たちのフィギュア作ったりと人気らしいという。

【画像】六道の等身大フィギュアを作るという乱奈 | 引用元:六道の悪女たち 第165話 漫画:中村勇志

【画像】六道の等身大フィギュアを作るという乱奈 | 引用元:六道の悪女たち 第165話 漫画:中村勇志

乱奈は、六道の等身大のフィギュアを作ると言い出す。

乱奈は、学校がないときは六道に合えないからという。

飯沼も自分のフィギュアを作ると言い出す。作って、バイクに乗せると。

* * *

公園で、乱奈と飯沼を待つ六道たち。

等身大のフィギュアは楽しみのような不安のような面持ちでまっていると、バイクの音がする。

飯沼が自分のフィギュアを載せてやってきた。

大佐は、さすがに気味悪いというも飯沼は、意外とメリットあって、フィギュアを乗せておくと鍵しなくても盗まれないという。

椿の姿が見えないことを指摘すると、飯沼、椿、飯沼フィギュアに挟まれてバイクに乗せられ、こんなバイク乗らないとぶん殴られたという。それを聞いて、納得する六道たち。

その頃、乱奈は六道が待つ公園にバイクで向かっていたが、ノーヘルメットということでパトカーに追われていた。

警察の警告を無視して走り続ける乱奈。

乱奈の後ろには六道の等身大フィギュアが乗っている。

六道フィギュアが走行の振動でぐらつき、バイクから投げ出されてしまう。

アスファルトに落ちた六道フィギュアはバラバラになってしまう。

【画像】バラバラになった六道フィギュアを抱きしめて悲しむ乱奈 | 引用元:六道の悪女たち 第165話 漫画:中村勇志

【画像】バラバラになった六道フィギュアを抱きしめて悲しむ乱奈 | 引用元:六道の悪女たち 第165話 漫画:中村勇志

もげた首だけの六道フィギュアを抱きしめて悲しむ乱奈。そこに警察が到着して、乱奈に手錠をはめるも、手錠を引きちぎって逃走する乱奈。

公園に到着した乱奈。手ぶらの乱奈に六道フィギュアのことを訊ねると、来る途中に落として壊してしまったとしょげる乱奈。謝る乱奈だが、気にしていない六道。

しかし、落ち込む乱奈に、六道はもうすぐ学校が始まるから、毎日会えるというと、表情が明るくなる乱奈。

春休みは、もうすぐ終わり。

大佐は、乱奈にスマホを持つことを提案する。スマホを持っていれば、いつでも六道につながれるという。

【画像】フィギュアもスマホもいらないという乱奈 | 引用元:六道の悪女たち 第165話 漫画:中村勇志

【画像】フィギュアもスマホもいらないという乱奈 | 引用元:六道の悪女たち 第165話 漫画:中村勇志

しかし、乱奈はスマホはいらないという。学校で会えるから。

人形もスマホもいらない。六道くんが学校を好きな理由がわかったという乱奈。

乱奈も学校好きだという。

これは家に飾っておくと生首六道フィギュアを出してみなを驚かせる。

六道の悪女たち 第165話ネタバレ感想・まとめ

乱奈は、バイトをしてるとも思えないけど、バイクの金とか寺から出してもらってるのか。

乱奈の恐怖に屈して金を出してるのだろうか。

それともパクったバイクなのだろうか。

週刊少年チャンピオン『六道の悪女たち』を読んで。

六道の悪女たち 概要

不良だらけの亞森高校に通う六道桃助は、普通の学園生活を夢見る臆病な少年で、同じいじめられっ子友達の大佐、課長とグチをこぼす日々を送っていた。そんなある日、六道の死んだ祖父から六道宛てに巻物が送られてくる。巻物が光り、六道の額に五芒星のマークを刻み付けると、六道は問答無用で「悪女」に愛される体質になってしまった。六道は校内外のさまざまな悪女、そして最強最悪とも呼ばれるスケバン向日葵乱奈に惚れられることになる。当初は乱奈を利用すれば平和な学園生活を送れるかもしれないと考えていた六道だったが、不良にボロボロにされても自分との約束を守る乱奈に「漢気」を感じ、自分も漢気を見せなければならないと決意する。

六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。