魔入りました!入間くん 第133話ネタバレ感想『入間とクララとアズの絆』

【画像】矢を外すかもしれないと自信のない入間 | 引用元:魔入りました!入間くん 第133話 漫画:西修

【画像】矢を外すかもしれないと自信のない入間 | 引用元:魔入りました!入間くん 第133話 漫画:西修

  • 魔入りました!入間くん 第133話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔入りました!入間くん 第133話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 魔入りました!入間くん 概要
  • 魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

魔入りました!入間くん 第133話ネタバレストーリー・あらすじ

オロバスの次の標的はクララ。

オチョが、オロバスにクララをつぶせと洗脳している言葉をリードが能力で聞き取る。

オロバスがもうクララを襲う寸前だと訴えると、ケロリが護衛を貸してあげると2頭の魔獣を貸してくれる。

入間とリードは魔獣の背に乗り、森を駆ける。

リードがオロバスを見失う。魔力の底がつきそうになるが集中を高め、最後の探査に成功する。

リードに導かれて、高台に上る入間とリード。

少し開けた森のある場所でクララが魔獣に襲われそうになっているのを発見する。

すぐに助けにいかないと。しかし、ここからでは間に合わない。

入間は、すぐに、胸の羽に手をかける。

弓矢で射抜こうとするも、距離が遠すぎる。届かないかもしれない。羽はあとひとつしかない。チャンスは一回。クララに当たったらどうしよ。

不安が過ぎるが、入間は意を決して羽を取る。

【画像】入間は弓矢を射る | 引用元:魔入りました!入間くん 第133話 漫画:西修

【画像】入間は弓矢を射る | 引用元:魔入りました!入間くん 第133話 漫画:西修

弓使いならここぞで決めろという師匠バチコならそういうと考える入間。

入間は、矢は放つ。

その矢は、クララを襲おうしていた魔獣を貫く。

入間は、助けたクララを抱きしめながら、改めて自分の師匠に教わったのば弓矢でよかったと思った。

【画像】教わったのが弓矢で本当に良かったと思う入間 | 引用元:魔入りました!入間くん 第133話 漫画:西修

【画像】教わったのが弓矢で本当に良かったと思う入間 | 引用元:魔入りました!入間くん 第133話 漫画:西修

また入間が邪魔したことで怒りで姿を現すオロバス。

オロバスは、入間とクララを二人同時に再起不能にしてやると幻覚をかけようとする。それを妨害して、二人の間に割ってはいったのはアズだった。

魔入りました!入間くん 第133話ネタバレ感想・考察まとめ

収穫祭って、最初に入る入り口でコースが決まってなかったっけ?

たしか、入間とリードが一緒な入り口に入ったのはケロリとカムイだけだったような。。。

でも結局、クララもエリザベッタもアズも集合できてる。。。

入り口は分かれているけど、全部つながっているという想定なのか。

別につながっていないとは書かれていなかったので、つながっててもいいんだけど、コース毎に競争の雰囲気が違って楽しめるような展開なのかなと思ってた。

マンガボックス『魔入りました!入間くん』を読んで。

魔入りました!入間くん 概要

鈴木入間は14歳の少年。両親は鬼畜外道で、遊ぶ金欲しさに息子を悪魔に売り渡した。入間を購入した大悪魔・サリバンには妻子が無く、「孫になってくれ」と入間に懇願する。サリバンが理事長を務める魔界の学校に理事長の孫兼特待生として入間は入学し、人間であることを隠し、悪魔に交じって学園生活を送ることになる。さまざまなトラブルが入間に襲い掛かるが、苦労して育ったことによる素直で健気な性格で乗り越え、意図せずに学園内で交友関係を築きあげ、不本意ながら有名人になって行く。

魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。