ふたりソロキャンプ 第28話ネタバレ感想『キャンパーに大事なのは心構え』

【画像】ナタを買った雫 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第28話 出端祐大

【画像】ナタを買った雫 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第28話 出端祐大

  • ふたりソロキャンプ 第28話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ふたりソロキャンプ 第28話ネタバレ感想・まとめ
  • ふたりソロキャンプ 概要
  • ふたりソロキャンプを連載している『イブニング』について

ふたりソロキャンプ 第28話ネタバレストーリー・あらすじ

さやや瑞樹に長野に着いたとメッセージを送る雫。

その間に、厳はビールを飲んでた。

ずるいという雫。

厳は、雫も飲むかとビールを渡す。

どうせならとビールがすすむ、スパイシーなクリームチーズボールを出してくる雫。

【画像】雫レシピ・ザクザクスパイシークリームチーズボール | 引用元:ふたりソロキャンプ 第28話 出端祐大

【画像】雫レシピ・ザクザクスパイシークリームチーズボール | 引用元:ふたりソロキャンプ 第28話 出端祐大

クリームチーズボールを口に運ぶと、クリームチーズの柔らかさと柿の種のザクザク感があいまって食感が楽しい。ビールが進む厳。

到着して設営もままならぬままのビールは背徳感があってクセになりそうだという雫。

設営しようとするもその場は、やや傾斜になっている。

区画サイトよりもフリーサイトのほうが整地までされていないことが多いと説明する厳。

テントから見える景色が良いにこしたことがないが、それでも避けたほうが良いポイントがある。

【画像】テントを設営してはいけない危険なポイント | 引用元:ふたりソロキャンプ 第28話 出端祐大

【画像】テントを設営してはいけない危険なポイント | 引用元:ふたりソロキャンプ 第28話 出端祐大

まずは中州。安全が認められている場所があるが基本的には危険。

万が一増水しようものなら浸水はもちろん、命の危険も考えられるポイント。

次に崖下。落石や土砂崩れがないとは言い切れない。特に落石の痕跡が残っているところは要注意だという。

次は、水はけの悪い場所。先にあげたものよりも命の危険は少ないが、大きな雨がふると辺りが水浸しになるので避けたい。吸水性の高い粘土質の土や赤土がこれにあたる。砂利っぽい地面のほうが水はけは良い。

他にも傾斜がきついとこ、地面の凹凸がきついとこ、木の根が地表にでているところは避けたほうがいい。ざっくりいうと寝づらい場所。

しかし、必ずしも平らなところがあるとは限らない。傾斜の上のほうに頭がくるように設営する。

* * *

設営を終えて、夕刻。

イスに座り、くつろぐ厳と雫。

暖かくなってきたとはいえ、高地はまだ寒い。早速焚き火をしたいところだけど、といいつつ、雫はナタをかっちゃったと取り出す。

薪割り用のものがほしくて、ナイフと迷ったけどナタを購入したという。

バトニングしてくるという雫。

【画像】厳のキャンプ講座:バトニング | 引用元:ふたりソロキャンプ 第28話 出端祐大

【画像】厳のキャンプ講座:バトニング | 引用元:ふたりソロキャンプ 第28話 出端祐大

バトニングとは、薪にナイフやナタを当て、その背を別の薪で叩き、食い込ませていくことで薪を割る方法。

土台となる薪または石を置く。これをしないと薪が地面に突き刺さり、上手く力を伝えることができない。薪の繊維の方向にナタを当てる。その際、体に平行になるようにナタを向ける。

ナタの背を垂直に叩きながらナタを薪に食い込ませる。ある程度、食い込んだらナタが飛び出ているところを叩いていく。

この時、ナタの刃の角度が地面と平行を保つように注意する。

これがバトニングの基本。

雫は順調に薪を割っていく。

薪が割れて早速焚き火をしようとする雫に待ったをかける厳。

ローインパクトっを覚えているかと聞く。

厳は、雫にスパッタシートを渡す。焚き火シートとも呼ばれるもので、焚き火の下に敷くもの。遮熱シートで、地面へ届く熱を軽減させる。

【画像】スパッタシート(焚き火シート)の活用 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第28話 出端祐大

【画像】スパッタシート(焚き火シート)の活用 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第28話 出端祐大

足のある焚き火台を使っても地面への効果はゼロではない。芝生のようなサイトは特に。

自然を相手にして楽しんでいるんだから、管理者だけではなく利用者のちょっとした心遣いで守れるものもあると説明する厳。

【画像】キャンパーとして大事なこと | 引用元:ふたりソロキャンプ 第28話 出端祐大

【画像】キャンパーとして大事なこと | 引用元:ふたりソロキャンプ 第28話 出端祐大

厳は、キャンパーは、知識やスキルももちろんん大事だが、最も大事なのは心構えだと思っている。

楽しむだけで終わってはいけない。自然への感謝の気持ちも、そして恐怖も忘れてはいけない。

スパッタシートは、その感謝を忘れないギアのひとつだという厳。

* * *

雫が晩御飯を作る。

海無し県で2種の海鮮生春巻き。

【画像】雫レシピ・アボカドサーモンのしましま生春巻き&マグロと大根の和風生春巻き | 引用元:ふたりソロキャンプ 第28話 出端祐大

【画像】雫レシピ・アボカドサーモンのしましま生春巻き&マグロと大根の和風生春巻き | 引用元:ふたりソロキャンプ 第28話 出端祐大

微妙な反応をする厳だが一口食べたら、第一印象が覆る。うまい。

アボカドとスモークサーモン、それにチーズが合わさり、味濃くてうまい。しゃきっとした野菜が良いアクセントになってる。こじゃれた感じがして、普段はめったに食べなかったが悪くない。

もうひとつのマグロのたたきに和っぽい野菜は間違いないわさび醤油がまた合う。

厳のおいしそうに食べる顔を満足そうに見て、次の料理に取り掛かる雫。

ふたりソロキャンプ 第28話ネタバレ感想・まとめ

自然への感謝や恐怖があれば、最初が手探りだったとしてもおのずと知識やスキルは身についていくもんだからな。

イブニング『ふたりソロキャンプ』を読んで。

ふたりソロキャンプ 概要

樹乃倉厳、34歳。自然を愛し、CAMPを愛すキャンパーである。ただ、「ソロ」である。独りで楽しむ「ソロキャンパー」なのである。たがそこに闖入者が現れ、ゲンの静かなキャンプLIFEは混乱を極める!

ふたりソロキャンプを連載している『イブニング』について

『イブニング』は、講談社が発行する月2回刊青年漫画誌(創刊時は月刊誌)。毎月第2・第4火曜日に発売。基本的にオリジナル新作の連載が主体であるが、月刊誌時代は既存作品の続編作品の連載と読切作品の掲載が中心であった。本誌創刊後は『モーニング』における職業ものの社会派作品の比率が高くなったため、同誌で従来扱っていたギャグ漫画ものやスポーツ漫画・SF漫画など娯楽性の濃い青年漫画の新規作品、あるいは読切作品が本誌および『モーニング・ツー』で扱われる傾向にある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする