七つの大罪 第334話ネタバレ感想『混沌の時代を予知していたマーリン』

【画像】混沌の時代を予知していたマーリン | 引用元:七つの大罪 第334話 漫画:鈴木央

【画像】混沌の時代を予知していたマーリン | 引用元:七つの大罪 第334話 漫画:鈴木央

  • 七つの大罪 第334話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 七つの大罪 第334話ネタバレ感想・まとめ
  • 七つの大罪 登場人物・キャラクター近況まとめ
  • 七つの大罪 概要
  • 七つの大罪を連載している『週刊少年マガジン』について

七つの大罪 第334話ネタバレストーリー・あらすじ

ブリタニアの天変地異がおさまり、太陽の光が差し込む。

魔神王の魔力も消え、ヘンドリクセンは<七つの大罪>がやってくれたと思う。

ドレファスとギーラが、ヘンドリクセンとジュリコのところにやってくる。

リオネスにも朗報が齎される。

バルトラ国王に、<七つの大罪>が魔神王を討ち帰還したことを伝えられる。

バルトラ国王は、みなで<七つの大罪>を迎えるように指示を出す。今日をブリタニアの新たな記念日として祭りを開くという。

ギルサンダーは、エスカノールの悲報を聞いて涙する。

メリオダスの胸中を思うとかける言葉が思いつかないというギルサンダー。

そこで、グリアモール、ハウザー、ギルサンダーの三人で祭りには出ず、飲み明かそうという。

<七つの大罪>に欠員がでるなんてというグリモアール。

エスカノールは、仲間のために命をかけると笑顔で言い放った。決して誰にでもできることじゃないというギルサンダー。

ハウザーは、いつかあんな聖騎士になりたいという。

ギルサンダーたち若者にはキラキラ輝く未来があるとエスカノールが言っていたことを思い出して微笑むギルサンダー。

グリモアールは、自分ちで家飲みするのかと確認する。ハウザーの家でもいいだろと、しかし、父親が茶々いれてくるからゆっくりのめないとグリモアールの宅飲みが決定する。

グリモアールの自宅で乾杯する三人。

ひとつの神が消えた。次はどんな時代になるのかというハウザーに平和な時代に決まっているというギルサンダー。

【画像】次は混沌の時代だというビビアン | 引用元:七つの大罪 第334話 漫画:鈴木央

【画像】次は混沌の時代だというビビアン | 引用元:七つの大罪 第334話 漫画:鈴木央

次の時代は、光と闇の均衡が崩れ訪れるのは混沌の時代だというビビアン。

突然のビビアンの登場に驚き立ち上がるハウザーたち。

天空の遺跡でリュドシエルに始末されたはずのビビアンがいたことに驚く。

ビビアンは、愛の力で蘇ったという。

ドレファスがヘンドリクセンに回復魔法をかけさせていたという。その後、看病していたのはドレファスだという。

呪いも女神族の聖なる魔力のおかげで消えたという。

だから、ギルサンダーのことはもういいというビビアン。

ギルサンダーは、ビビアンがさっき言っていた、混沌の時代とはなんだと説明を求める。

【画像】リオネスで歓迎を受ける<七つの大罪> | 引用元:七つの大罪 第334話 漫画:鈴木央

【画像】リオネスで歓迎を受ける<七つの大罪> | 引用元:七つの大罪 第334話 漫画:鈴木央

ビビアンも口癖のようにいっていたからよくわからないけど、「光と闇の均衡が崩れる時、神々の時代は終焉を迎え、混沌が蘇る。そして、世界は生まれ変わる」トマーリンが言っていたという。

七つの大罪 第334話ネタバレ感想・まとめ

最終回にならないっぽいな、これは。。。

マーリンが混沌の時代を予知していたのではなく、そもそも最初から計画的だったのか。

週刊少年マガジン『七つの大罪』を読んで。

七つの大罪 登場人物・キャラクター近況まとめ

メリオダス
七つの大罪団長。エリザベスを呪いから救うため、父親の魔神王に三千年抗い続けている

バン
七つの大罪団員。不死の力と引き換えに恋人・エレインの蘇生に成功した。

キング
七つの大罪団員。三代目妖精王ハーレクインとしても君臨する。マエル戦で覚醒を果たした。

ディアンヌ
七つの大罪団員。キングとは両想いの恋仲になった。

エスカノール
七つの大罪団員。昼は最強、夜は最弱。現在はマエルから「太陽」を回収した。

マーリン
七つの大罪団員。ブリタニア一の魔術士で、その魔力「無限」が反則級。

ゴウセル
七つの大罪団員。<十戒>ゴウセルに作られた人形で、精神系の攻撃が得意。

エリザベス
リオネス王国の王女で、メリオダスの恋人。三千年前の呪いにより、転生を繰り返す。

エレイン
妖精王の森を守る聖女で、三代目妖精王・キングの妹。バンの恋人で、バンのギフトにより完全な復活を果たした。

ゼルドリス(魔神王)
メリオダスの父親・魔神王がゼルドリスを拠り代に復活した姿。その力は未知数。

ゼルドリス
メリオダスの弟。恋人・ゲルダのため父親に抗い、魔神王の拠り代として体を奪われている。

ゲルダ
エジンバラの吸血鬼。封印される三千年前から、ゼルドリスとは恋仲にある。

七つの大罪 概要

人間と人間ならざる種族の世界が分かたれていなかった古の時代、ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人から組織された伝説の騎士団〈七つの大罪〉の戦いを描く。

七つの大罪を連載している『週刊少年マガジン』について

『週刊少年マガジン』(しゅうかんしょうねんマガジン)は、講談社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)、鈴木央(『週刊少年ジャンプ』、『週刊少年サンデー』、『週刊少年チャンピオン』)、大久保篤(『月刊少年ガンガン』)、雷句誠(『週刊少年サンデー』)、大高忍(『ヤングガンガン』、『週刊少年サンデー』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。