魔入りました!入間くん 第134話ネタバレ感想『最後の勝つのはズル賢い奴』

【画像】オロバスを脅すアズ | 引用元:魔入りました!入間くん 第134話 漫画:西修

【画像】オロバスを脅すアズ | 引用元:魔入りました!入間くん 第134話 漫画:西修

  • 魔入りました!入間くん 第134話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔入りました!入間くん 第134話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 魔入りました!入間くん 概要
  • 魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

魔入りました!入間くん 第134話ネタバレストーリー・あらすじ

オロバスの攻撃を阻止するアズ。

入間たちを守るためにアズはオロバスを攻撃。

これが収穫祭のルールに抵触し、失格となる。

オロバスは、アズが失格なったことを笑う。

そんなオロバスはもう一度張り倒すアズ。

アズは優勝を逃しても悔いはないという。アズの野望は入間の矛になることだと。

【画像】アズの野望は入間の矛になること | 引用元:魔入りました!入間くん 第134話 漫画:西修

【画像】アズの野望は入間の矛になること | 引用元:魔入りました!入間くん 第134話 漫画:西修

アズは、リタイアになろうが関係ないが、今後、入間や問題児クラスに手をだすようなことがあれば、リタイヤテントから即座にかけつけて首を焼ききるとオロバスを脅す。

運営側からリタイヤテントに来るように勧告を受ける。

入間とクララはアズの服を裾を掴んで離さない。アズがリタイヤすることはないという。理由を話せばわかってもらえるという入間。

しかし、アズは、入間に想いを託すという。

収穫祭が終わったら、今度こそ、三人でアズの家でお祝いしようという。

収穫祭四日目アズ、リタイア決定。

そのやり取りを茂みから覗き涙するリード。

オロバスから鉢を取り返そうと思ったがオロバスが消えた。オチョがオロバスの体を担いで逃げていた。

オチョは、優勝するのはオロバスだという。

終わりの鉢は、すでに本部へ提出した後。入間たちが逆転する芽はつんだという。

オロバスは、もう体がボロボロでポイントは稼げないというとオチョはある場所に連れて行く。

そこにはオチョが集めた食材が隠しあった。

オロバスは、オチョが集めたものだからオチョがというもオチョはオロバスを優勝させたいという。

リードは、終わりの鉢がなければ、レジェントリーフを咲かせられないから優勝できないと嘆く。

リードには魔力がもうなくオロバスを探知することもできない。

入間はそれでも動こうという。たくさんにひとたちが助けてくれた。思いを託してくれたのだからと。絶望なんてしてられない。

その通りだと、茂みから知らない人がでてくる。先生かなと思う入間。

【画像】オロバスを騙すアロケル | 引用元:魔入りました!入間くん 第134話 漫画:西修

【画像】オロバスを騙すアロケル | 引用元:魔入りました!入間くん 第134話 漫画:西修

悔しいと俺たちも思ったという謎の人物。そこで考えて計画をつくった。

自分が優位だと思っているやつほど騙される。

オロバスが終わりの鉢を提出した本部は偽者で、アロケルだった。

魔入りました!入間くん 第134話ネタバレ感想・考察まとめ

レジェントリーフを咲かせた者が優勝なのはわかるし、アズが想いを託したのはわかる。ケロリは入間に魔獣を貸したりしてるけど、優勝を譲ったということなの?問題児クラスは全員、入間に優勝を託したという流れなのだろうか。

マンガボックス『魔入りました!入間くん』を読んで。

魔入りました!入間くん 概要

鈴木入間は14歳の少年。両親は鬼畜外道で、遊ぶ金欲しさに息子を悪魔に売り渡した。入間を購入した大悪魔・サリバンには妻子が無く、「孫になってくれ」と入間に懇願する。サリバンが理事長を務める魔界の学校に理事長の孫兼特待生として入間は入学し、人間であることを隠し、悪魔に交じって学園生活を送ることになる。さまざまなトラブルが入間に襲い掛かるが、苦労して育ったことによる素直で健気な性格で乗り越え、意図せずに学園内で交友関係を築きあげ、不本意ながら有名人になって行く。

魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。