六道の悪女たち 第167話ネタバレ感想『大人の悪女に一目惚れされた六道』

【画像】金主、桜紗智子に惚れられる六道 | 引用元:六道の悪女たち 第167話 漫画:中村勇志

【画像】金主、桜紗智子に惚れられる六道 | 引用元:六道の悪女たち 第167話 漫画:中村勇志

  • 六道の悪女たち 第167話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 六道の悪女たち 第167話ネタバレ感想・まとめ
  • 六道の悪女たち 概要
  • 六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

六道の悪女たち 第167話ネタバレストーリー・あらすじ

アパレルショップに春の新作モデルが品切れということにキレる悪女。

悪女は店の中で暴れ、怒りながら店を出て行く。

そんな様子を双眼鏡で確認した大佐。悪女率100%のターゲットに全員に配置につくように促す。

課長から作戦A開始の合図受ける。

課長は、悪女の前に立ちはだかり、六道の写真を見せて、惚れました?と聞く。

悪女は、課長にエルボーを食らわせ去っていく。

ケガを追いながらも課長は、作戦成功だと大佐に報告。

次に飯沼が作戦Bを決行。

悪女の前に立ちはだかり、六道がしゃべる動画を悪女に見せる。惚れるでしょと聞くも悪女は惚れねぇと飯沼を蹴り上げる。

飯沼はケガしながらも作戦B成功と大佐に報告する。

最後に六道が作戦Cを開始すると伝える。

六道は目隠しした状態で悪女の前に出て、惚れましたかと聞く。

悪女は、六道の顔を殴り、どこに惚れんだと罵る。

惚れていないことに万歳をする六道。

【画像】目を隠すと六道がモテなくなると発覚する | 引用元:六道の悪女たち 第167話 漫画:中村勇志

【画像】目を隠すと六道がモテなくなると発覚する | 引用元:六道の悪女たち 第167話 漫画:中村勇志

実験を通して、目が見えると術の効果が発揮され、目を隠すと効果は発揮されないとわかった。

サングラスでも術の効果は発揮されてしまうので、術の効果を消すには完全に目隠しする必要がある。

【画像】六道の術の秘密 | 引用元:六道の悪女たち 第167話 漫画:中村勇志

【画像】六道の術の秘密 | 引用元:六道の悪女たち 第167話 漫画:中村勇志

これで新学期の対策に考えようと。

目が合わなくても目が見える状態で見られたら惚れられてしまう。

普通に生活していたら、街でたくさん人とすれ違うわけだから、怖い術だと課長がいう。

飯沼は、もしかしたらすでに超やばい奴に惚れられてたりしてなというと青ざめる六道。

* * *

四ヶ月前

街中を歩く六道を見て、桜沙智子42歳が生まれてはじめて一目惚れをした。

六道の悪女たち 第167話ネタバレ感想・まとめ

桜沙智子って、ミナミの闇金の金主だった人?

この人だったら六道を振り向かせるためなら手段を問わなさそう。

週刊少年チャンピオン『六道の悪女たち』を読んで。

六道の悪女たち 概要

不良だらけの亞森高校に通う六道桃助は、普通の学園生活を夢見る臆病な少年で、同じいじめられっ子友達の大佐、課長とグチをこぼす日々を送っていた。そんなある日、六道の死んだ祖父から六道宛てに巻物が送られてくる。巻物が光り、六道の額に五芒星のマークを刻み付けると、六道は問答無用で「悪女」に愛される体質になってしまった。六道は校内外のさまざまな悪女、そして最強最悪とも呼ばれるスケバン向日葵乱奈に惚れられることになる。当初は乱奈を利用すれば平和な学園生活を送れるかもしれないと考えていた六道だったが、不良にボロボロにされても自分との約束を守る乱奈に「漢気」を感じ、自分も漢気を見せなければならないと決意する。

六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。