賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第335話ネタバレ感想『オヤジ二人きりの夜』

【画像】黒崎のカミングアウトを止める遠藤 | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第335話 漫画・福本伸行

【画像】黒崎のカミングアウトを止める遠藤 | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第335話 漫画・福本伸行

  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第335話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第335話ネタバレ感想・まとめ
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 登場人物・キャラクターまとめ
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 概要
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編を連載している『週刊ヤングマガジン』について

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第335話ネタバレストーリー・あらすじ

黒崎所有のキャンピングカーに無理やり乗せられる遠藤。

黒服が、遠藤の背中を押して、無理やりキャンピングカーにねじ込む。

中に入った遠藤は、キャンピングカーの中を見渡す。

中は、拷問用の道具がありそうもないキャンピングカーだった。

粛清、制裁の車でないと知った遠藤。

黒崎に「どうよ?」と感想を聞かれた遠藤は、笑う。

ごく普通のキャンピングカーじゃないですかと黒崎に返す。

その返答に黒崎よりも黒服が驚く。

黒崎は、「ごく普通」という言葉を聞き返す。

遠藤は、そう聞かれたから、ごく普通の、ありきたりの、どこにでもあると言葉を並べ、いかに普通かを伝える。

その遠藤の発言に焦る黒服。

このキャンピングカーは、贅を尽くした最高級の特注品だと遠藤に説明。職人のこだわりの備え付け家具や応接セット、キッチン、音響、キャンピングカーなのに二部屋。なにもかもラグジュアリー。そんなこともわからないのかと遠藤を罵倒する。

落ち込む黒崎の姿を見て、自分が発言した言葉が不適切だと知る遠藤。

言い繕うとする遠藤。

そこから突然の褒めちぎる遠藤。

走るパレス。移動式豪邸。シャトーキャッスル。高い広いベッド最高。泊まりたいと喜びはしゃいでみせる遠藤。

基地というか男の隠れ家というか、こういうところに泊まるのがガキの頃からの夢だったと語る遠藤。

そんな遠藤の「泊まりたい」に反応する黒崎。

泊まりたいのかと聞かれ、遠藤はもちろんと答えるも自分如きが高望みはできないと拒否しようとする。

黒崎は早く言って欲しいと遠藤の要望に応え、遠藤がキャンピングカーで黒崎と宿泊することになった。

黒服たちは帰り、黒崎と遠藤二人きりのキャンピングカーのベッドの上。

遠藤は内心、大きなため息をつく。

黒崎の機嫌をとるとはいえ、なんでオヤジ二人で夜を越さなきゃならんのだと思っている。高級キャンピングカーといっても、手狭で用はザコ寝。オヤジ二人でザコ寝。

遠藤は、車内に香る甘ったるい香りがしてると感じ、かすかにジャズが流れていることに気づく。

男二人のザコ寝に不要なムーディだと心の中で嘲笑する遠藤。

まるで動くラブホだと思う。

【画像】黒崎がそっちの気があるのかと思ってしまう遠藤 | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第335話 漫画・福本伸行

【画像】黒崎がそっちの気があるのかと思ってしまう遠藤 | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第335話 漫画・福本伸行

ラブホというキーワードにはっとする遠藤。

泊まりたいといったときの黒崎のちょっと甘えた様子。

もしかして、黒崎がそっちの気があるのかと思ってしまう遠藤。

黒崎が起き上がる。

【画像】遠藤の気持ちがよくわかるという黒崎 | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第335話 漫画・福本伸行

【画像】遠藤の気持ちがよくわかるという黒崎 | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第335話 漫画・福本伸行

起き上がり、黒崎は一点を見つめながら、遠藤の気持ちがわかるという。

誤解だと思う遠藤。

黒崎は続け、自分も同じ気持ちだと。

涙目になる遠藤。

黒崎は、これは初めていうんだがと切りだそうとする。

遠藤は「ダメ」といって黒崎を止める。

こんなときにカミングアウトされたらダメだと必死に黒崎を止める遠藤。

黒崎は、遠藤の必死の訴えるに、「初めて」のことを口にするのを止めた。

黒崎は、そっちの気ではなく、遠藤が帝愛に対して異常に襲えれているのは、兵藤会長を恐れているのと同意。自分も同じ気持ちだと思っていた。

上手くいっているように見えるけど、苦手だと遠藤とこの気持ちを受けてとめてほしかったと思っていた。

一方、遠藤は、サディズムも怖いけど、そっちの気も怖いと勘違いしたまま、夜を過ごすのであった。

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第335話ネタバレ感想・まとめ

トネガワのほうでも、兵藤会長とトネガワのオヤジというか初老の二人きりの夜のエピソードがあったな。

週刊ヤングマガジン『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』を読んで。

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 登場人物・キャラクターまとめ

伊藤カイジ
本作の主人公。自堕落な日々を過ごすフリーターだったが、数々のギャンブルに巻き込まれていく。和也とのワン・ポーカー対決に勝利し、24億円を得る。

兵藤和也
金融コンツェルン・帝愛グループの会長である兵藤和尊の息子。カイジとのワン・ポーカーの死闘に敗北。処刑されそうになったところを、カイジに救われる。

チャン
中国からの出稼ぎ労働者。和也が考案した「救出」ゲームに挑むも、光山に裏切られ、窮地に。カイジに命を救われ、ワン・ポーカーでは、逆にカイジの命を救う。

マリオ
フィリピンからの出稼ぎ労働者。和也が考案した「救出」ゲームに挑むも、光山に裏切られ、窮地に。カイジに命を救われ、ワン・ポーカーでは、逆にカイジの命を救う。

光山
チャン、マリオと「救出ゲーム」に挑む。最後は二人を裏切り、二人を見殺しにする代わりに7千万円を得る。

坂崎孝太郎
第2シリーズ『賭博破戒録カイジ』で、カイジと組んで、裏カジノのパチンコ一発台「沼」を攻略した仲間。その後、堕落したカイジに愛想を尽かし、縁を切った。

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 概要

帝愛グループ会長・兵藤和尊の息子・和也との1対1の大勝負「ワン・ポーカー」を制し、24億もの大金を手に入れたカイジ。帝愛の追っ手たちから逃れ、無事24億を我が物にできるのか!? 共に戦ったチャン、マリオと共に、カイジらが繰り広げる前代未聞の脱出行!

賭博堕天録カイジ 24億脱出編を連載している『週刊ヤングマガジン』について

『週刊ヤングマガジン』(しゅうかんヤングマガジン)は、講談社が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。1980年6月23日創刊。略称は「ヤンマガ」、「週刊ヤンマガ」、「YM」、「週刊YM」。創刊時編集長は宮原照夫。発売日は毎週月曜日。掲載作品の単行本は、ヤングマガジン系列専用の総合レーベル「ヤンマガKC」より刊行されている。

姉妹誌として、『月刊ヤングマガジン』(隔月刊誌『別冊ヤングマガジン』より2009年にリニューアル)がある。現行の増刊誌として、2014年9月5日創刊の『ヤングマガジンサード』がある。過去に発行されていた増刊については「増刊号」節、姉妹誌については「姉妹誌」節、漫画アプリ及びWEBコミックサイトについては「漫画アプリ・WEB連載」節を参照。