魔入りました!入間くん 第135話ネタバレ感想『レジェントリーフを咲かせる準備』

【画像】オロバスの足を引っ張るために画策していたジャズとアロケル | 引用元:魔入りました!入間くん 第135話 漫画:西修

【画像】オロバスの足を引っ張るために画策していたジャズとアロケル | 引用元:魔入りました!入間くん 第135話 漫画:西修

  • 魔入りました!入間くん 第135話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔入りました!入間くん 第135話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 魔入りました!入間くん 概要
  • 魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

魔入りました!入間くん 第135話ネタバレストーリー・あらすじ

収穫祭二日目時点、ジャズ脱落後。

ジャズは、自分がカッとなったせいでとアロケルに謝る。

脱落テントは、脱落してない者が入っちゃいけないルールはないというルールの穴を利用して、脱落していないアロケルは脱落テントに入り、脱落者から情報収集していた。

すべて、オロバスの足を引っ張るために。アロケルは森。ジャズがテントから情報伝達。

オロバスが、鉢をポイントに変えようとしていた、その瞬間を騙して奪った。それが一番ムカつくだろうと。

そこまでして奪った鉢を入間に贈呈するアロケル。

【画像】オロバスから奪った終わりの鉢を入間たちに贈呈するアロケル | 引用元:魔入りました!入間くん 第135話 漫画:西修

【画像】オロバスから奪った終わりの鉢を入間たちに贈呈するアロケル | 引用元:魔入りました!入間くん 第135話 漫画:西修

アロケルは、ジャズと二人でなければ意味がない。問題児クラスの優勝を入間に託す。

サブノックは、体力が尽き、眠りに入る。最終ポイントは45500ポイント。

ケロリは、アガレスの城を落とせず、いまから魔獣たちの供物だけでは優勝の目はない。魔獣たちはケロリのためならポイントとして自分たちの身を捧げる覚悟だというもケロリはそれを受け入れない。ファンがいなくなっては輝いている意味がないと。

ケロリの最終ポイント。36800ポイント。

カムイの最終ポイント。22500ポイント。

エリザベッタの最終ポイント。20700ポイント。

アガレス城を攻めていた獣たちが一斉に退却していく。それを見たアガレス防衛してた生徒たちは歓喜を上げる。

すると、みんながポイントをアガレスたちに譲渡するという。もともとリタイヤ寸前だったしという。最終日まで残れ、守ってくれた感謝の気持ちだという。

アガレスの最終ポイント。32300ポイント。

ガープの最終ポイント。32300ポイント。

そして、入間とリードは、レジェントリーフを咲かせようとする。

魔入りました!入間くん 第135話ネタバレ感想・考察まとめ

リタイアしたジャズがテントで情報収集して、アロケルに流すのって、ルール違反にならないんだ。

マンガボックス『魔入りました!入間くん』を読んで。

魔入りました!入間くん 概要

鈴木入間は14歳の少年。両親は鬼畜外道で、遊ぶ金欲しさに息子を悪魔に売り渡した。入間を購入した大悪魔・サリバンには妻子が無く、「孫になってくれ」と入間に懇願する。サリバンが理事長を務める魔界の学校に理事長の孫兼特待生として入間は入学し、人間であることを隠し、悪魔に交じって学園生活を送ることになる。さまざまなトラブルが入間に襲い掛かるが、苦労して育ったことによる素直で健気な性格で乗り越え、意図せずに学園内で交友関係を築きあげ、不本意ながら有名人になって行く。

魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。