ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話ネタバレ感想『守護天使と思われる男の素性』

【画像】守護天使と思われる男の素性 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話 漫画:泰三子

【画像】守護天使と思われる男の素性 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話 漫画:泰三子

  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話ネタバレ感想・まとめ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 登場人物・キャラクターまとめ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 概要
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~を連載している『モーニング』について

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話ネタバレストーリー・あらすじ

戸成署交通課免許窓口係。

板垣巡査長。46歳。

町山署手配のひき逃げ事件参考人の似顔絵にピンと来た板垣。

自分の署の桃ちゃんの同期生が被害者だし、桃ちゃんに相談してみようかなと思う板垣だったが、そんな考えを振り払う。仕事を頑張ったら負けだと、回覧を次に回し、スルーする

好きな言葉は「年休取得」。嫌いな言葉は「超過勤務」。

板垣のところに、桃木と有田がやってくる。

桃木が、有田にここを任せるといって離れようとする。有田は、別用務なら手伝うと申し出ると、桃木はいいにくそうにお手洗いだという。

ペアって「うんこ」「行っトイレ」ぐらいでいいんじゃないという板垣。うらやましいという有田に、あれでいいのかと桃木。

有田の要望に応えて、桃木は「おしっこ」と有田は青ざめながら「行っトイレ」と返事する。

桃木が去った後に、有田は桃木と話していると左胸がギューっとすると板垣に告白する。恋バナかと期待する板垣。

* * *

有田が卒配できて間もない頃、地域課長に呼び出された有田。

地域課長は、有田に警察手帳を出すように言われた。

有田の警察手帳の有田の写真の後ろにこの写真を入れて持ちあるくんだといわれる。知らない男の写真だった。有田は最初は拒否する。

その写真の男は、有田の指導部長桃木の父親だという。父親は55歳で、警視で他所属で署長をしている。この写真を手帳に入れていつも持ち歩くんだ。言わんとすることがわかるねと有田に聞き返す。

【画像】地域課長から脅される有田 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話 漫画:泰三子

【画像】地域課長から脅される有田 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話 漫画:泰三子

有田は、地域部長が、「退官まで5年あるおエライさんの娘に変な気を起こすな」「親父の顔をいつも胸に抱いて勤務しろ」ということかと聞くと、地域部長は、意味は合ってるけど、その100倍下品な言葉遣いにしたのが言いたいことだという。

* * *

そういうことあって、ことあるごとに桃木の父親が胸をしめつけてくると板垣に漏らす。

桃木は、父親に憧れて警察官になった。同期をよく信頼していて、またまた周りにゴリラっぽい警察官が多いため、ゴリラ系警察官が桃木の目指す警察官像になったという。

結果、この男社会にうまくなじめず独り悩むことが多いという。

それを聞いて、板垣も男性警察官は謎だという。ビルの階層を数えたり、抜け道を知っただけで大喜び。なぜ、そのレベルの女を必死に取り合うのか。永遠のミステリーだという板垣。

そこに桃木が戻ってきて、悩みがあるならいってという。有田はごまかそうとするも板垣がペア長とかみ合わなくて悩んでいるとしゃべってしまう。

板垣が、たまには一緒に飲めばいいというと、桃木は自分の部屋に飲みにおいでと有田を誘う。桃木は父も藤もよく部下と部屋飲みしてたという。有田が同姓でしょと聞くも藤たちは異性の部下でもかまわず飲んでたという。

桃木は、有田と仲良くなりたい、一緒に飲もうと強引に誘う。それ以上はセクハラと注意する板垣。

桃木は、藤も松島もやってるというもキャラだという。藤や松島はサバサバしてるけど、桃木はちょっとムッツリだと評価する板垣。

桃木は、下心はないというとそこで否定しちゃうからムッツリくさくなると板垣が指摘。

すると、桃木はいきなり、私ドスケベだからと言い出す。

【画像】自分がどれだけドスケベか説明する桃木 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話 漫画:泰三子

【画像】自分がどれだけドスケベか説明する桃木 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話 漫画:泰三子

漫画のキスシーンは二度見するし、ドラマのラブシーンはすべての作業をストップしてみる。

黙ってるときは大体…を考えてると告白する桃木。

有田は、さっきからエピソードがくそ可愛いといおうとしたとき、板垣に指摘されて、左胸を抑えて危ない発言を中断する。

板垣はからかいすぎたと謝罪したいうと、分かり合えたでしょうかと聞く。よくかみ合ってると答える板垣。

「定時退庁」の鬼の板垣だが、恩人の娘をみて応援したくなったとき残業するという。

* * *

町山署に、ひき逃げ事件参考人の似顔絵について、戸成署員から情報提供の報告書があがってきたと副署長室に駆け込む宮原たち。

* * *

昨年、10月末。

運転免許受付業務中。手配の似顔絵に酷似している男の対応をしたことから報告。

男については氏名、木村良徳62歳。職業会社員。戸成所管内に所在する農園会社に住み込みで働いている者。

20年以上前、元奥様から木村に行方不明者届が警察に出されている。

成人が自分の意思で出て行かれた場合、本人の同意がない限り、届出人である元奥様に連絡はしない。連絡するか木村に聞く。

木村は、免許更新のたびにそれを確認されるが、会わせる顔がない。連絡しないでほしいという。

ただ、娘にだけ連絡をとることは可能かと板垣に聞く。

【画像】守護天使は警察官を夢みてた娘に会いたがっていた | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話 漫画:泰三子

【画像】守護天使は警察官を夢みてた娘に会いたがっていた | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話 漫画:泰三子

出て行った時、まだ中学生で、女性警察官になるのが夢で小さい頃から頑張ってきた娘だという木村。娘にはずっと会いたいと。

板垣は、娘の連絡先まではわからないという。

その後、板垣は、退官した知り合いの元女性警察官に連絡する。

木村の行方不明者届に、あゆみの名前があったから電話連絡したいという。前に同じ所属だった時、蒸発した父親のことを話してくれたよね。父親が会いたがってるけどどうすると聞くと、借金と離婚届だけ残して、私と母親を捨てた男。父親とも思ってないから警察官になったことも教えてないほしいという。

木村あゆみの写真を確認すると、桜と雰囲気が似てる。

守護天使の行動にも辻褄があう。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話ネタバレ感想・まとめ

守護天使にも事情があるけど、借金を残して蒸発したクズだったか。。。

【画像】借金と離婚届を残して蒸発した男を父親と思っていない娘 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話 漫画:泰三子

【画像】借金と離婚届を残して蒸発した男を父親と思っていない娘 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第98話 漫画:泰三子

自分のことしか考えてなかったんだな。。。

家族のことを思うなら、借金を背負った自分と離婚して離れたほうがいいと離婚するならまだしも、借金をおいていくとは。。。

娘の成長も見れず、最後の間際で、自分の人生はなんだったんだろうと振り返り、虚無感抱いたまま、終わりそうなパターンか。

モーニング『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』を読んで。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 登場人物・キャラクターまとめ

川合
町山警察署交番勤務の女性警察官。警察学校を卒業したばかりの新任警察官。

藤部長
町山警察署交番勤務の女性警察官。川合の指導員。

牧高
町山警察署勤務の女性警察官。藤部長が異動になって刑事課に配属された。

山田
町山警察署勤務の刑事課の男性刑事。


巡査部長。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 概要

ホワイトカラーにしてブルーカラー。労働基準法は適用外!安定収入を求めてたまたま警察官になった川合と、超美人&刑事部のエースながらパワハラで交番に飛ばされた藤部長。交番(=ハコ)勤務女子二人の警察官あるあるお仕事備忘録!

『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』を連載している『モーニング』について

『モーニング』は、講談社発行の週刊漫画雑誌。毎週木曜日発売。 現在も『モーニング』の連載陣の一翼を担っている弘兼憲史、かわぐちかいじ、うえやまとちといったベテラン執筆陣によって支えられた、いわゆる「大人漫画」の構成の特徴を持っていた。ストーリー漫画・4コマ漫画などを中心とする型破りな作風で話題を呼ぶ作品を輩出しており、ドラマの原作となる作品が多い。また成人が働く、さまざまな職業をありのままに描いた「職業漫画」が多いのも特徴の一つ。1990年代を通して、青年漫画のジャンルで漫画界をリードしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする