アオアシ 第170話ネタバレ感想『ユースと高校サッカーの違い』

東京VANSはエスペリオンの泥臭さに負けた | 引用元:アオアシ 第170話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

東京VANSはエスペリオンの泥臭さに負けた | 引用元:アオアシ 第170話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

  • アオアシ 第170話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アオアシ 第170話ネタバレ感想・まとめ
  • アオアシ 概要
  • アオアシを連載している無料WEBマンガ『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

アオアシ 第170話ネタバレストーリー・あらすじ

2得点で東京VANSを下したエスペリオン。

栗林は、再来週の船橋戦でユース公式戦は最後になる。トップではやくやりたいと思っていたが、正直楽しみになったと葦人の顔を眺めながらいう。

船橋戦では、代表が帰ってくるから葦人が出られるとは限らないと記者が指摘するも栗林は出るという。ここまで上がってきた選手を使わない福田監督じゃないという。

船橋にはトリポネがいる。葦人には見せておきたい選手だろうと福田の思惑も察する栗林。そうなると、センターバックの阿久津と90分組んで戦うことを楽しみに思う栗林。

葦人と阿久津が一緒にフィールドで戦うことを想像して楽しみに思う栗林 | 引用元:アオアシ 第170話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

葦人と阿久津が一緒にフィールドで戦うことを想像して楽しみに思う栗林 | 引用元:アオアシ 第170話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

そこに平がやってくる。

平も試合をみて、今年の一年は最高だと評価。平は栗林に話があるという。

落ち込んでいる辰巳を見て珍しいという。

辰巳は羽田のことを思い出していたという。

今日のエスペリオンを見ているとなぜだか、ジュニアから一緒にやってきたにもかかわらず、荘抱くなく高校にいった羽田のことを。

エスペリオンはがむしゃらだった。それはクラブユースというより高校サッカーに似ていた。辰巳の言いたいことはわかる。

辰巳はなんで羽田が高校にいったのかと聞く。

羽田は、プロになりたい。ただのプロじゃない。唯一無二の存在になりたいと独り言をいっていた。辰巳はなればいいという。宝生もコーチも羽田に期待しているという。それでもVANSに不満があるのかと聞く。

羽田は、VANSは素晴らしいクラブだという。天然芝の練習場に、食事のサポート。充実したクラブハウス。レベルの高い同僚、監督、コーチ、東京という立地。なんでもある。現役JリーガーにもVANS出身の選手も多い。すべてわかっている。素晴らしいクラブに不満なんてない。

最高のクラブハウスだと自分は甘えてしまうという羽田 | 引用元:アオアシ 第170話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

最高のクラブハウスだと自分は甘えてしまうという羽田 | 引用元:アオアシ 第170話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

羽田は、自分は弱い人間。甘えてしまうという。

辰巳は、羽田が何を言っているのかわからなかった。理解できないけど、環境のせいにしてるだけだと思っていた。羽田を情けないやつだと思った。

でも今日のエスペリオンみたいなチームを見ると、羽田が高校で何を見れたのか、見たかったのか気になるという辰巳。

今の羽田が何を得ているかはわからない。だが、今日の東京VANSはエスペリオンの泥臭さにしてやられた。反省を糧に次を戦おう。

1週間後。チェコ・プラハ。

ジシコフスタジアムU-18日本代表練習日。

阿久津が強い当たりをして、明日試合なのに選手にケガさせる気かと怒鳴られる。

阿久津は、ちょっと当たったぐらいのつもりだったと涼しい風で謝罪する。

落ち着きがない阿久津は使えないというコーチ陣 | 引用元:アオアシ 第170話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

落ち着きがない阿久津は使えないというコーチ陣 | 引用元:アオアシ 第170話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

コーチ陣は、センターバック不足からスカウティングが強く推薦した阿久津だが、浮きすぎて他のメンバーと打ち解けない。ガツガツしすぎてユース選手とは思えない。どちらかというと高校サッカーぽいと評価。

フィジカルは圧倒的で、エスペリオンのレギュラーだけあって技術もある。だからこそ惜しい。精神的に落ち着きがでたら試合で使ってみたい選手と阿久津のことを話し合っている。

上がったボールを長身のトリポネと競り合う阿久津。ボールはトリポネがクリアしたが、トリポネに負けない当たりをする阿久津。日本の高校年代で、トリポネと競り合えるやつはいない。高さの分、撃たれたがちゃんと抑えた。

阿久津は胸を抑える。

試合に出してもらえない阿久津は焦っていた | 引用元:アオアシ 第170話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

試合に出してもらえない阿久津は焦っていた | 引用元:アオアシ 第170話 漫画:小林有吾 取材・原案協力:上野直彦

阿久津は焦っていた。チェコに来てから一度も試合に出ていない。どうやったら自分を使ってくれるのかわからなかった。初召集で焦りすぎだと同僚に言われる。

日本に残してきたチームも調子がいいという。だからこそ、こっちに集中して落ち着いてできるだろというも阿久津は鼻で笑う。

東京VANSにマグレ勝ちしたところで、今日の大宮戦は、今の桐木と1年主体のチームで勝ちが続くほど甘くないと笑う。

そこに大宮戦でもエスペリオンは勝ったと吉報が届く。1年のDFが2試合連続で得点。決勝点は、葦人。つめてこぼれた球を押し込んだ。

それを聞いて阿久津は。

アオアシ 第170話ネタバレ感想・まとめ

阿久津が葦人を認める時がくるのだろうか。

週刊ビッグコミックスピリッツ『アオアシ』を読んで。

アオアシ 概要

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

アオアシを連載している『週刊ビッグコミックスピリッツ』について

『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。青年向けの雑誌であるせいか、テレビアニメ化された作品は『めぞん一刻』『YAWARA!』『F-エフ』『美味しんぼ』『バケツでごはん』など、ごく一部に留まっている。その一方で、『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『あさひなぐ』『土竜の唄』『アイアムアヒーロー』『トクサツガガガ』など、テレビドラマ化・実写映画化された作品は数多く存在する。