賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第337話ネタバレ感想『カイジ捜索に早く戻りたい遠藤の苛立ち』

【画像】黒崎と遠藤のすれ違い | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第337話 漫画・福本伸行

【画像】黒崎と遠藤のすれ違い | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第337話 漫画・福本伸行

  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第337話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第337話ネタバレ感想・まとめ
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 登場人物・キャラクターまとめ
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 概要
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編を連載している『週刊ヤングマガジン』について

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第337話ネタバレストーリー・あらすじ

黒崎との話の中で、遠藤はカイジたちの逃亡方法を思いつく。

カイジたちはワンポーカー勝負後、金とともにバリケードを突破し、そのまま夜の街に消えて3週間。

まるで神隠しにあったみたいに消えた。

この世界から煙のように消えた。足取りもつかめない。

黒崎が持つ豪華なキャンピングカーほどではだろうが、キャンピングカーを使って逃避行をしていたに違いないと思いつく遠藤。

キャンピングカーを手にすれば、逃避行の3つの難題、大量の現金の保管と管理。移動の足。そして宿泊。この三つを一変に解決できる。

遠藤は、自分たちが張った網にかからないはずだと納得する。

コインロッカー、駅、ビジネスホテル。

カイジらにとって、そこはもう危険な施設になるだけ。意味のない施設。

そう考え込んでる遠藤に「どうした」と声をかける黒崎。

遠藤はキラキラした目で、黒崎に感謝を述べる。

キャンプに連れてきてくれたおかげで心が洗われた。頭の中のモヤモヤキリが晴れた。充電完了だという。

それを聞いて、気をよくする黒崎。

黒崎は、遠藤を来週もキャンプに誘う。

しかし、遠藤はそれは断固拒否する。

黒崎は、たいした週末じゃないかと食い下がる。

遠藤の反撃。40越えて、毎週キャンプなんてそんな輩はクズ。人生の脱落者だといい、自分たちは社会の中核。働き盛りだと訴える遠藤。夏休みの中高生ではないのだから、毎週キャンプなんていかない。社会でどんどん働かないとと訴える。

充分に癒された。これで半年持つ。だからコーヒーを飲んだら帰りましょうという。

しかし、黒崎は、予定が違うという。

黒い車がやってくる。黒崎の部下の黒服たちだ。

黒服たちは食材を持ってきたという。

黒崎は、昨日の帰りがけに頼んでおいたという。せっかく遠出してきたのだから昼ランチまでという黒崎。

抗議の声を上げる遠藤だが、黒崎は命の洗濯だと遠藤に昼ランチを強要する。

川に足を浸し、大自然に癒されろという黒崎。

しかし、遠藤は心のなかで癒されないとツッコミを入れる。

せっかく閃いてすぐにでもとりかかりたい時のこの足止めはなんだと苛立ちを覚える遠藤。

電話をしようにも圏外だった。

【画像】不毛な足止めにストレスを溜める遠藤 | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第337話 漫画・福本伸行

【画像】不毛な足止めにストレスを溜める遠藤 | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第337話 漫画・福本伸行

仕方なく、川に足を浸す遠藤がだ、癒されない。

逆にストレス。遠藤は川の中で水を蹴って、ストレスを解消しようとする。

難航していたカイジたちの捜索に、やっと一条の光、突破口が見えたというのに、不毛な足止め。

すぐにとりかかりたいと衝動。七輪でスルメを焼く遠藤。なんでこんなことをやってるんだと落ち込む遠藤。

* * *

その頃、帝愛では、遠藤が帰ってこないことに遠藤の部下の黒服たちが動揺を始める。

【画像】遠藤が凄惨な制裁を受けてると予想する黒服たち | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第337話 漫画・福本伸行

【画像】遠藤が凄惨な制裁を受けてると予想する黒服たち | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第337話 漫画・福本伸行

遠藤を連れて行ったのは黒崎だと知る黒服たちは、携帯も繋がらない遠藤が凄惨な制裁を受けていると危惧していた。

凄惨な制裁ではないが、充電完了しているところに充電中でこれも体に悪い。

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第337話ネタバレ感想・まとめ

遠藤が本部に戻れば、コインパーキングや路上駐車しているキャンピングカーをしらみつぶしに探すように命令を出す。

そうなってくるといずれは見つかってしまうだろう。

カイジたちは、次はどう逃亡するのか。

遠藤が本部に戻った頃には、カイジたちが現金を通帳化できていたら、キャンピングカーである必要がなくなるから、普通の車に乗り換えれるけど。遠藤たちがキャンピングカーを探していると察知しなければ、わざわざキャンピングカーを変えたりしないだろう。

週刊ヤングマガジン『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』を読んで。

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 登場人物・キャラクターまとめ

伊藤カイジ
本作の主人公。自堕落な日々を過ごすフリーターだったが、数々のギャンブルに巻き込まれていく。和也とのワン・ポーカー対決に勝利し、24億円を得る。

兵藤和也
金融コンツェルン・帝愛グループの会長である兵藤和尊の息子。カイジとのワン・ポーカーの死闘に敗北。処刑されそうになったところを、カイジに救われる。

チャン
中国からの出稼ぎ労働者。和也が考案した「救出」ゲームに挑むも、光山に裏切られ、窮地に。カイジに命を救われ、ワン・ポーカーでは、逆にカイジの命を救う。

マリオ
フィリピンからの出稼ぎ労働者。和也が考案した「救出」ゲームに挑むも、光山に裏切られ、窮地に。カイジに命を救われ、ワン・ポーカーでは、逆にカイジの命を救う。

光山
チャン、マリオと「救出ゲーム」に挑む。最後は二人を裏切り、二人を見殺しにする代わりに7千万円を得る。

坂崎孝太郎
第2シリーズ『賭博破戒録カイジ』で、カイジと組んで、裏カジノのパチンコ一発台「沼」を攻略した仲間。その後、堕落したカイジに愛想を尽かし、縁を切った。

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 概要

帝愛グループ会長・兵藤和尊の息子・和也との1対1の大勝負「ワン・ポーカー」を制し、24億もの大金を手に入れたカイジ。帝愛の追っ手たちから逃れ、無事24億を我が物にできるのか!? 共に戦ったチャン、マリオと共に、カイジらが繰り広げる前代未聞の脱出行!

賭博堕天録カイジ 24億脱出編を連載している『週刊ヤングマガジン』について

『週刊ヤングマガジン』(しゅうかんヤングマガジン)は、講談社が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。1980年6月23日創刊。略称は「ヤンマガ」、「週刊ヤンマガ」、「YM」、「週刊YM」。創刊時編集長は宮原照夫。発売日は毎週月曜日。掲載作品の単行本は、ヤングマガジン系列専用の総合レーベル「ヤンマガKC」より刊行されている。

姉妹誌として、『月刊ヤングマガジン』(隔月刊誌『別冊ヤングマガジン』より2009年にリニューアル)がある。現行の増刊誌として、2014年9月5日創刊の『ヤングマガジンサード』がある。過去に発行されていた増刊については「増刊号」節、姉妹誌については「姉妹誌」節、漫画アプリ及びWEBコミックサイトについては「漫画アプリ・WEB連載」節を参照。