ふたりソロキャンプ 第30話ネタバレ感想『雫の料理を楽しむ姿に触発される厳』

【画像】雫の料理を楽しむ姿は「面倒を楽しむ」原点 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第30話 出端祐大

【画像】雫の料理を楽しむ姿は「面倒を楽しむ」原点 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第30話 出端祐大

  • ふたりソロキャンプ 第30話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ふたりソロキャンプ 第30話ネタバレ感想・まとめ
  • ふたりソロキャンプ 概要
  • ふたりソロキャンプを連載している『イブニング』について

ふたりソロキャンプ 第30話ネタバレストーリー・あらすじ

連泊二日目のキャンプご飯を張り切って作り出す雫。

ミニビア缶チキン。

【画像】ミニビア缶チキンの材料 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第30話 出端祐大

【画像】ミニビア缶チキンの材料 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第30話 出端祐大

125mlのビール缶の中身を2/3ほど減らし、6インチダッチの丈に合うようにビール缶をハサミでカットする雫。

厳は、料理するのは好きではない。

うまいものは食べるのは好きだが、それよりも面倒が勝ってしまう。

楽しみ方はそれぞれといったが厳にはわからない。

だけど、雫の楽しそうにメシをつくる姿を見てると、「面倒を楽しむ」って原点を感じる。

次のソロキャンプのときに自分でも作ってみるかと思う厳だった。

カットした鶏肉に、ハーブソルトを両面に塗りこみ、鶏肉をビア缶に巻いていく。カットしなかった鶏肉で蓋をするように覆い、タコ糸で縛る。

表面にオリーブオイルを塗り、肉の下準備完了。

肉をダッチに入れたら、焦げ付き防止を含めて香味野菜を肉の周りに敷き詰める。火をいれ30~40分待つ。

雫は、肉のほうの出来上がりに時間がかかるのに次の品を作り始める。

フライパンコロッケ。

【画像】フライパンコロッケの材料 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第30話 出端祐大

【画像】フライパンコロッケの材料 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第30話 出端祐大

昨日の余りのフランスパンを事前に風通しの良いところに置き、乾燥させておく。

マッシュポテトの素に記載されている量のお湯を沸かし、その中でマッシュポテトの素を入れ、マッシュポテトを作っていく。

別のフライパンを出し、あらかじめみじん切りにしておいたタマネギとニンジンを炒める。野菜がしんなりしてきたところで、コンビーフ投入。

コンビーフを解しつつ、醤油・ワインを大匙1と1/2ずつ加え、ハーブソルトを適量加える。煮汁がなくなってきたところで、マッシュポテトを優しく乗せていく。

乾き硬くなったフランスパンをパンコとしてグレーターで削り塗す。さらにチーズも軽く塗す。仕上げにバーナーで全体を炙っていく。

最後にソースをかけて、フランパンでコンビーフコロッケの完成。

パン粉とチーズの焼ける香り、そして、食欲を誘うソースの匂い。

厳の腹が鳴りっぱなしだ。

一口食べて、ビールを流し込む。

うまいっ!

層を重ねただけのようにも見えるが、それぞれの味わいがありつつ、口の中でコロッケになってる。

雫は、普段のキャンプは余りがでないように作ってるけど、今回は連泊だから逆転の発想で、あえて余らせて次の日に活かす活用法にしたという。時間が経って硬くなったパンも逆に硬くするからこその使い道。

グレーターを使うならチーズも乗せて、そうやって組み立てていったと説明する雫。

良い発想だと褒める厳。

最初に作っていた雫式ミニビア缶チキンの完成。

【画像】ビア缶チキンのレシピ | 引用元:ふたりソロキャンプ 第30話 出端祐大

【画像】ビア缶チキンのレシピ | 引用元:ふたりソロキャンプ 第30話 出端祐大

食べるときも解体もいらず、骨もないのでカットも楽々。

早速、一口。

うま~いっ!

これぐらいなら自分でもできるかもという厳。

食べ終わると、雫はもう寝るという。肌寒いのでシュラフでぬくぬく本でも読もうかと。

厳は、空を一度見てから、何かあったら声をかけろよと雫にいって、テントに帰らせる。

夜中、トイレに起きた雫は、テントから出てみると、周りは濃霧で前が見えなくなっていた。

ふたりソロキャンプ 第30話ネタバレ感想・まとめ

「面倒を楽しむ」んだから、料理を面倒と思うならやらなきゃ厳。

面倒というより、好きかどうかも自分ではわからない状態のような気がする。好きか嫌いもはっきりと判断するほどの経験を積んでないだけで、食わず嫌い的なニュアンスを感じる。やってしまえば、結構好きに転がるような気もするけど。

そうすると雫のポジションがなくなっちゃうのか。でも厳の男の料理的なパターンもあっても良いと思うし、男読者的には、キャンプで男飯は見たいと思うのではないだろうか。

雫のおいしそうな料理もそうだけど、簡単で豪快な男飯タイプのキャンプ飯を見たい。

イブニング『ふたりソロキャンプ』を読んで。

ふたりソロキャンプ 概要

樹乃倉厳、34歳。自然を愛し、CAMPを愛すキャンパーである。ただ、「ソロ」である。独りで楽しむ「ソロキャンパー」なのである。たがそこに闖入者が現れ、ゲンの静かなキャンプLIFEは混乱を極める!

ふたりソロキャンプを連載している『イブニング』について

『イブニング』は、講談社が発行する月2回刊青年漫画誌(創刊時は月刊誌)。毎月第2・第4火曜日に発売。基本的にオリジナル新作の連載が主体であるが、月刊誌時代は既存作品の続編作品の連載と読切作品の掲載が中心であった。本誌創刊後は『モーニング』における職業ものの社会派作品の比率が高くなったため、同誌で従来扱っていたギャグ漫画ものやスポーツ漫画・SF漫画など娯楽性の濃い青年漫画の新規作品、あるいは読切作品が本誌および『モーニング・ツー』で扱われる傾向にある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする