MAO(マオ) 第30話ネタバレ感想『新手の式神』

【画像】カエルの式神がマオたちを襲う | 引用元:MAO(マオ) 第30話 漫画:高橋留美子

【画像】カエルの式神がマオたちを襲う | 引用元:MAO(マオ) 第30話 漫画:高橋留美子

  • MAO(マオ) 第30話ネタバレストーリー・あらすじ
  • MAO(マオ) 第30話ネタバレ感想まとめ
  • MAO(マオ) 登場人物・キャラクターまとめ
  • MAO(マオ) 概要
  • MAO(マオ)を連載している『週刊少年サンデー』について

MAO(マオ) 第30話ネタバレストーリー・あらすじ

菜花は歯磨きをしながら、いままのことを振り返る。

猫鬼が現れてからマオの兄弟子が立て続けに二人。

猫鬼の復活と何か関係があるのか。

魚住が、スムージーを出してくる。

菜花は、必要かなというも、猫鬼と戦う術を知らない以上は、見つかれば確実に支配されるという魚住。祖父の飲むように促す。

菜花は、テンコの体の具合を気にし、大正時代へやってくる。

ゲートを潜ると、空にはトンボの大群。人々は大地震がくるのではと不安がる。

トンボのことをマオに聞くと、二、三日前から多くなったという。

マオは、テンコの傷の具合をみるために頭の包帯を取る。

テンコの傷は治っていた。

トンボについては何か見られている気がするという。

トンボは使役されている。マオはそう予想する。

その直後、マオの診療所に怒鳴り込んでくるものがいた。

百火だ。

トンボは百火が使役し、マオを探していたようだ。

百火は、西のほうから式神が来たとマオに教える。おれたちの行方を探ってる可能性がある。裏切り者のマオが見つかれば、最初に始末される。

【画像】マオに式神が迫っていることを知らせる百火 | 引用元:MAO(マオ) 第30話 漫画:高橋留美子

【画像】マオに式神が迫っていることを知らせる百火 | 引用元:MAO(マオ) 第30話 漫画:高橋留美子

マオは式神だけならこっそり始末すればいいと考えるも、百火がここにきた理由を察し、百火を助けるという。百火も狙われている。

外に出たマオたち。

菜花は、なぜ戦わなければならないのか聞く。五色堂に呼ばれたのは、秘伝を引き継ぐため。九百年も前の話でしょと。

マオは、いつの世も呪いを信じ、必要としているものたちがいる。呪禁道の秘伝は、守り続けた陰陽師集団、御降家は呪いとともにあり続けてきた。

それでも、兄弟子が行き続けていられるのか疑問だった。

無数の蛾が周りを飛ぶ。

百火が敵は近いと知らせる。

蛾が水面から飛び出した何かに巻き取られていく。

川の水中からカエルの式神が数体飛び出してマオたちに攻撃を仕掛けてくる。

百火は、炎でカエルを蹴散らそうとする。

水中に残っているカメの式神が百火に水を浴びせかける。

マオは、百火の服を使って走る。菜花にも走って逃げるように促す。

菜花が逃げる理由を聞くと、式神は人間だから始末するわけにはいかないという。

MAO(マオ) 第30話ネタバレ感想まとめ

マオは猫鬼の呪いで九百年生きてるけど、兄弟子たちはどうして九百年行き続けているのか。

兄弟子たちも猫鬼クラスの呪いをかけられているのだろうか。

週刊少年サンデー『MAO(マオ)』を読んで。

MAO(マオ) 登場人物・キャラクターまとめ

黄葉菜花(きばなのか)
女子中学生。

摩緒(マオ)
菜花を助けた男の子。陰陽師。猫鬼に呪われている。

乙弥
マオの式神。

てんこ
ミルクホールの店員。

白羽
菜花のクラスメートの男子。菜花のことを気にかける男子生徒。

紗那
平安時代のマオの知り合い?

百火
マオの兄弟子?マオを裏切り者と呼ぶ。

種彦
茨木家のご子息で若い女性を始末している。

朽縄(華紋)
種彦の屋敷に使える謎の男。マオの兄弟子。

MAO(マオ) 概要

「MAO」は「過去に死んだことがある」という少女・菜花(なのか)が、ある日の下校途中、“ふたつの世界”が交わる地で1人の少年に出会い、壮絶な運命に巻き込まれていく怪奇ロマン。

MAO(マオ)を連載している『週刊少年サンデー』について

『週刊少年サンデー』(しゅうかんしょうねんサンデー、WEEKLY SHONEN SUNDAY)は、小学館が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1959年に創刊。略称は 「サンデー」など。

本誌の傾向としては、特にラブコメディと恋愛漫画にノウハウと強みを持っていることが挙げられる。特に、中長期連載となった作品ではその傾向が強く見られる。また、主なジャンルがそれでなくても作中のエピソードなどで恋愛及びラブコメ的な要素を色濃く匂わせる作品も多い。

その一方で、少年漫画雑誌とは思えない社会を絡ませた重厚な内容の作品が掲載されることも時折見られる。

また、作品が打ち切りになった場合、『週刊少年ジャンプ』など他誌のように唐突に終了することは少なく、ある程度物語がまとまった形で終了させてくれる傾向にある。

少年漫画誌の中では読者の年齢層が高く、高校生以上の読者が全体の約6割を占めている。更にラブコメや恋愛漫画に強みを持っているため、少年誌でありながら女性の購読者が非常に多いことでも知られている。そのためか、他の少年誌と比べて女性漫画家が多いのも特徴である。