MAO(マオ) 第31話ネタバレ感想『陰陽五行で菜花は土属性』

【画像】菜花が一人で式神に立ち向かう | 引用元:MAO(マオ) 第31話 漫画:高橋留美子

【画像】菜花が一人で式神に立ち向かう | 引用元:MAO(マオ) 第31話 漫画:高橋留美子

  • MAO(マオ) 第31話ネタバレストーリー・あらすじ
  • MAO(マオ) 第31話ネタバレ感想まとめ
  • MAO(マオ) 登場人物・キャラクターまとめ
  • MAO(マオ) 概要
  • MAO(マオ)を連載している『週刊少年サンデー』について

MAO(マオ) 第31話ネタバレストーリー・あらすじ

式神から逃げたマオたち。

結界を貼り、式神から見えないようにする。

様子を伺っていると、マオたちを探しているようだ。

百火は、式神を倒したほうが早くないかとマオにいう。菜花は、カエルが人間てどういうことと聞くと、人間を呪って操ってるんだろうという百火。マオはだから、呪いを解けば元の人間に戻るという主張。

【画像】陰陽五行の解説 | 引用元:MAO(マオ) 第31話 漫画:高橋留美子

【画像】陰陽五行の解説 | 引用元:MAO(マオ) 第31話 漫画:高橋留美子

マオは、陰陽五行の話を菜花にする。カエルたちは、水属性。水は火を消す。水は火に弱く、火を使う百火にとって水属性の陰陽術に弱いと補足する。土は水を飲み込みせき止める。

菜花は、土属性。即席の武器だが、竹の節に土と、菜花の形代を詰め、念を入れる。それで、武器と菜花は一体化する。あとは丹田、臍の下をつけば、元の人間に戻せるだろうというマオ。

【画像】呪いを解く方法 | 引用元:MAO(マオ) 第31話 漫画:高橋留美子

【画像】呪いを解く方法 | 引用元:MAO(マオ) 第31話 漫画:高橋留美子

そこまで説明を聞いて、絶対に嫌だと拒否する菜花。

百火は、菜花の髪の毛を抜き、竹につめる。マオは、自分が介添えするという。

百火は、結界を解き、式神たちがこちらに気づく。

カエルたちが跳んでくる。

菜花は猫鬼モードになる。マオは菜花の両手を取って、戦い方を指南する。

一体のカエルの臍の下をつくと、カエルは水を吐き、人間に戻る。

この調子で続けてとマオは菜花に指示。

菜花は、マオにそばにいてねというも、すでに菜花の傍を離れたマオ。

マオは、人間が吐き出した水の行方を追ってる。

水が向かった先は、二人のカエル。

菜花はマオたちを飛び越えて、その二人のカエルの臍の下を竹で突く。

しかし、その二体のカエルは、人間に戻らない。

大本の式神。

マオは、式神のカエルの口から呪符を取り出す。

呪符に、おれたちを始末しろと書いてあるんだろと百火がいうも、かかれてあったのは、マオを生け捕りにしてつれてこいということだった。百火のことはかかれいない。

マオは、乙弥に筆を取らせ、呪符に何かを聞き込み、カエルの式神に飲み込ませ、主の下に帰らせる。

倒してもどうせ、同じように襲われる。だから罠を仕掛けたという。

MAO(マオ) 第31話ネタバレ感想まとめ

百火のことは眼中にないということだけど、最初は百火を追ってたのでは?それとも追われてもないのに自分が追われていると勘違いして一人で騒いでいたということだろうか。そのほうが百火らしいかも。

陰陽五行で属性的な、よくあるまたわかりやすい設定がでてきた。

週刊少年サンデー『MAO(マオ)』を読んで。

MAO(マオ) 登場人物・キャラクターまとめ

黄葉菜花(きばなのか)
女子中学生。

摩緒(マオ)
菜花を助けた男の子。陰陽師。猫鬼に呪われている。

乙弥
マオの式神。

てんこ
ミルクホールの店員。

白羽
菜花のクラスメートの男子。菜花のことを気にかける男子生徒。

紗那
平安時代のマオの知り合い?

百火
マオの兄弟子?マオを裏切り者と呼ぶ。

種彦
茨木家のご子息で若い女性を始末している。

朽縄(華紋)
種彦の屋敷に使える謎の男。マオの兄弟子。

MAO(マオ) 概要

「MAO」は「過去に死んだことがある」という少女・菜花(なのか)が、ある日の下校途中、“ふたつの世界”が交わる地で1人の少年に出会い、壮絶な運命に巻き込まれていく怪奇ロマン。

MAO(マオ)を連載している『週刊少年サンデー』について

『週刊少年サンデー』(しゅうかんしょうねんサンデー、WEEKLY SHONEN SUNDAY)は、小学館が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1959年に創刊。略称は 「サンデー」など。

本誌の傾向としては、特にラブコメディと恋愛漫画にノウハウと強みを持っていることが挙げられる。特に、中長期連載となった作品ではその傾向が強く見られる。また、主なジャンルがそれでなくても作中のエピソードなどで恋愛及びラブコメ的な要素を色濃く匂わせる作品も多い。

その一方で、少年漫画雑誌とは思えない社会を絡ませた重厚な内容の作品が掲載されることも時折見られる。

また、作品が打ち切りになった場合、『週刊少年ジャンプ』など他誌のように唐突に終了することは少なく、ある程度物語がまとまった形で終了させてくれる傾向にある。

少年漫画誌の中では読者の年齢層が高く、高校生以上の読者が全体の約6割を占めている。更にラブコメや恋愛漫画に強みを持っているため、少年誌でありながら女性の購読者が非常に多いことでも知られている。そのためか、他の少年誌と比べて女性漫画家が多いのも特徴である。