キングダム 第594話ネタバレ感想『羌瘣が助けにくる』

切りまくる羌瘣 | 引用元:キングダム 第594話 漫画:原泰久

切りまくる羌瘣 | 引用元:キングダム 第594話 漫画:原泰久

  • キングダム 第594話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第594話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している無料WEBマンガ『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第594話ネタバレストーリー・あらすじ

飛信隊・信に弟・徐林をやられた徐肖が土雀隊を飛信隊・信に集中させる。

土雀隊の攻撃は激しく、飛信隊は追い詰められていた。

ガロは信にヤバイとアドバイスを出すも信も分かっているようすだが、徐林にやられてえ槍で深手を負ったことを気にする。

徐肖が勝手に作戦を変えて、土雀と他の精鋭部隊を飛信隊に集中させていることにチョウガリュウの指示を仰ぐもチョウガリュウは徐肖の好きにさせる。

徐肖の追い込みで輪が小さくなっていく。飛信隊をここで終わらすと考えていたチョウガリュウ。

飛信隊本陣でも信たちの動きを捉えていた。河了貂は心配するも信の力を信じるしかなかった。

信のところに向かっていた干斗たちの周りの趙兵も奥に戻っていき手薄になる。

羌瘣が助けにやってくる | 引用元:キングダム 第594話 漫画:原泰久

羌瘣が助けにやってくる | 引用元:キングダム 第594話 漫画:原泰久

キョガイが落馬してやられそうになったとき、羌瘣がキョガイを襲う趙兵を切り伏せる。

羌瘣隊が強引に信の隊を包囲する趙兵を突破してきたが、脱出は相当厳しいという。

わき腹を抑える信に深手を負ったのかと聞く羌瘣。信は大した傷ではないというが明らかに強がりだった。

ナキは当てが外れた。外から見てもわかる趙兵の包囲網を突破するには、信と羌瘣の力が必要。だから羌瘣も無茶して入ってきたが、肝心の信が深手をおったのでは。

作戦変更。チョウガリュウの主力を削っていくことにする羌瘣 | 引用元:キングダム 第594話 漫画:原泰久

作戦変更。チョウガリュウの主力を削っていくことにする羌瘣 | 引用元:キングダム 第594話 漫画:原泰久

羌瘣は作戦を変える。脱出が目的だった。羌瘣の力を限界まで使えば、脱出はできるだろうがその先がつながらない。だから脱出はしないという羌瘣。

この包囲を作っているのはチョウガリュうの精鋭兵ばかり。いわば、敵の主力部隊が結集している。斬って、斬って、斬りまくって、チョウガリュウ軍の主力をここで消す。

ガロは反対する。

しかし、方針は変えない。羌瘣は自分が楔を撃ち続けるから、みんなは底を狙って敵を倒せと指示を出す。

飛信隊を囲む輪に変化が起こる。

羌瘣が舞って敵を次々と切り伏せていく。乱れた敵兵に信たちがさらに潰していく。

羌瘣の舞は次々とチョウガリュウの精鋭兵を薙ぎ倒していく。

一瞬、呼吸で止まる羌瘣をしとめようと襲い掛かる趙兵だが、羌瘣は舞って逆に切り伏せていく。

趙兵は、飛信隊の副長だと知り、羌瘣の弱点も心得ていた。一時留まるところをさせと。しかし、そう容易くさせない羌瘣。

信は、羌瘣に十分だと戻るようにいうもガロが信に羌瘣の作戦通りに動けと信を止める。しっかり応えてやらないと羌瘣の命がけの立ち回りが報われないと。

ガロの言うとおり。反論できず、信はわかってると趙兵を切る。

飛信隊を囲んでいた輪がどんどん広がっていく。

飛信隊の底力を見せ付けられるチョウガリュウ。

徐肖は、羌瘣を狙っていた。

キングダム 第594話ネタバレ感想・まとめ

一応、信に深手を負わせた徐兄弟は強いのか。だとしても、息切れまでいってない羌瘣なら楽勝に切り伏せることができるだろうが、息切れしてしまったら終わり。そんな早く息切れしないと思うけど。

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。