BEASTARS(ビースターズ) 第160話ネタバレ感想『新戦法イマジナリーキメラ』

【画像】キューのことを可愛いと思うレゴシ | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第160話 漫画:板垣巴留

【画像】キューのことを可愛いと思うレゴシ | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第160話 漫画:板垣巴留

  • BEASTARS(ビースターズ) 第160話ネタバレストーリー・あらすじ
  • BEASTARS(ビースターズ) 第160話ネタバレ感想・まとめ
  • BEASTARS(ビースターズ) 概要
  • BEASTARS(ビースターズ)を連載している週刊少年チャンピオンについて

BEASTARS(ビースターズ) 第160話ネタバレストーリー・あらすじ

世界に絶望しているような、それでいて希望を抱いているような目。

レゴシをそう評価するキュー。

キューは、メロンを捕まえるのは諦めろとレゴシに忠告する。

メロンのせいで裏市が荒れているのは知っている。そのメロンを2回も捕らえそこなった上にまだこりないやつがいるとは知らなかったというキュー。ハーフの生態に同情して本能的に逃がすなんて、いかにもレゴシがやりそうな。初対面でも目に浮かぶというキュー。

レゴシは、異種族との戦いの心得をキューに教えて欲しいと嘆願する。

しかし、キューは断る。草食獣を憐れむオオカミに見込みはないし、嫌いだと。

ルイは、互いに大人になったんだから、交換条件でレッスン代にするのはどうだと提案。

キューは金には興味がない。好きなのは、対等に立ち会う気概を持った肉食獣だという。

この場で全力で私を殴ることができたら考え直してやると、タバコの煙をレゴシに吹きかけるキュー。

ただし、全力。少しでも手加減したら帰ってもらう。

レゴシは、相手は女性、草食動物、小動物、ウサギ。そして、可愛いと思う。

初めてハル以外に抱く感情。

やるのかやらないのかと聞かれ、やると答えるレゴシ。

キューはいつもどおりやらせてもらうと、縄を回し始める。

【画像】イマジナリーキメラを使うキュー | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第160話 漫画:板垣巴留

【画像】イマジナリーキメラを使うキュー | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第160話 漫画:板垣巴留

キューは、縄と短刀を使う。戦うときに必須で、イマジナリーキメラという戦法だという。

自分にないものをイメージで補って戦うのがイマジナリーキメラ。ある師匠から教わったというキュー。

長い間、生き餌として牢の入れられて、肉食獣に怯えてきた。そのイメージして出来上がったキューのキメラ。

憎悪と嫉妬でできてる。強力なイマジナリーキメラに必要なのは異種族への思いの強さ。

そういうキューの頭上にたくましい肉食獣が見えるレゴシ。

【画像】キューのイマジナリーキメラの姿 | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第160話 漫画:板垣巴留

【画像】キューのイマジナリーキメラの姿 | 引用元:BEASTARS(ビースターズ) 第160話 漫画:板垣巴留

キューが強くなるためにほしいのはこういう肉体。

オオカミのレゴシが求めるものはなんだと問うキュー。

レゴシは自分の執念について考える。

レゴシがずっと願っていたのは、肉食と草食が共存することか。皆が平和に暮らすことか。そんなのはおこがましい。ただひとつ。ハルとただずっと。。。

レゴシはそう思いを強くすると、レゴシのイマジナリーキメラが発動。ウサギのような長い耳とウサギの口元になる。

キューは、こいと合図を送るとレゴシは必死に拳を繰り出す。しかし、拳はキューではなく壁に激突する。

キューは、初回でほんの一瞬でもキメラをイメージしたレゴシの執念だけは見込みがあるという。全力で殴れるまで毎日こいという。

サンはもう遅いから、ここで泊まって行くといいとレゴシとルイに牢を用意する。

レゴシはベッドに横たわりながら、イマジナリーキメラのことを考える。

これから戦う時、彼を使わなくちゃいけないのか。それってどうなんだろうと悩む。

そこにキューがいることに気づくレゴシ。

キューは、キメラができたのにレゴシが拳を外したことをよく考えてみた結果、原因は自分が女だからだとわかったという。そして、レゴシがまだ女を知らないからだと、キューはジャージを脱ぎだす。

BEASTARS(ビースターズ) 第160話ネタバレ感想・まとめ

イマジナリーキメラ。いきなり、能力バトル漫画っぽい設定がでてきた。

レゴシのイマジナリーキメラで変化した部分には、牙はない。戦闘用ではないんじゃないか。

捕まえるや逃げるに使うのだろうか。イマジナリーキメラという設定がでてきても、ビースターズなら能力バトル漫画っぽくはならないだろう。

キューが、自分の体を使って、レゴシを男にしたら、逆にもっとキューを殴れなくなると思うけど。。。

LINEマンガ『BEASTARS(ビースターズ)』を読んで。

BEASTARS(ビースターズ) 概要

中高一貫のエリート学校・チェリートン学園内で、ある日演劇部の草食獣アルパカの生徒テムが肉食獣に殺されるという「食殺事件」が起きる。テムと同じく演劇部部員であったハイイロオオカミの少年レゴシは、大型の肉食獣であることに加えて寡黙な性格や意味深な言動が災いし、テム殺しの犯人だと疑いの目を向けられてしまう。幸いこの疑惑はすぐに晴れることとなるが、結局真犯人は見つからないままであり、学園内に生まれた肉食獣と草食獣の確執のようなものが消えることはなかった。

BEASTARS(ビースターズ)を連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。

コメント

  1. xxx より:

    なんかバキみたいになってきた