ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第103話ネタバレ感想『生きていた桜』

【画像】車椅子に乗る桜 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第103話 漫画:泰三子

【画像】車椅子に乗る桜 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第103話 漫画:泰三子

  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第103話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第103話ネタバレ感想・まとめ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 登場人物・キャラクターまとめ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 概要
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~を連載している『モーニング』について

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第103話ネタバレストーリー・あらすじ

一週間後。

例のひき逃げ事件に使われた軽トラの捜査のほうは順調。

守護天使への取調べは宮原に任せている。犯行も全面的に認めているという。

守護天使は、若い婦警が赴任する度に、チェックしていた。

事故当時、疲れた守護天使は、桜をひき逃げした。その時のことを思い出していた。

宮原が体調を聞く。

先日、娘が面会に来てくれたという。20数年ぶりの再会。

宮原は、よく娘が面会に来たというと、守護天使が逮捕されてふさぎ込んでいたら旦那に「つらい出来事から逃げるな」と言われ、バカ親父の面を見ておこういう気持ちになったという。

自分が逃げなければ、もっとマシが現実があったでしょうかと聞く守護天使に、逃げなければ、娘や警察が味わわずにすんだ苦労は確実にあったという。

* * *

女子会で集まる婦警たち。

藤の到着で、主役が来たという松島。

しかし、松島がいう主役は藤が持つ日本酒を指す。

約束の同期女子会がやっとできるという。

桜の思いつきででたわがまま「みんなロングヘアで女子っぽい格好で」というのがこんな長期間振り回されるなんてという桃木。

松島は、スカート持ってないからこのためにわざわざ買ったという。

鬼瓦はよくそんな高級日本酒あったなと藤に聞くと、トドちゃんが退官するときに宮原に送ったものを譲ってもらったという。

早く同期会できるように事件解決させるからと持たされたと。嘘をつく藤。

本当は、もらったけど、この酒を飲んでしまうことは、来年まで事件解決できないと担当の自分が持っていることになってしまうから飲みにくいと藤たちに譲る宮原。

結局、宅飲みで飲んでしまった。

中身は全然違う酒だけど、女性警察官で繊細な舌持ってるやつなんていないと思う藤。

そに遅れたと謝りながらやってきたのは車椅子に乗った桜。

挨拶しあう皆。

椅子はこれで平気かと聞く藤。

桜は、日常生活には不便ないぐらい歩けるけど、久しぶりに長時間外出するから安心のために車椅子だという。

治療はひと段落し、あとはリハビリだという桜。

事故後の痛みを和らげるために気分を落ち着かせる薬を飲んでいるという。リハビリを頑張るところまで気持ちをもっていけないという。

みんなから連絡もらったのに返事できなくてごめんと謝る桜。

自分の育てた警察官たちに感慨深くなる鬼瓦。

鬼瓦はみんな変わらない。他のやつらも元気かなというと松島が電話してみると源に電話をかける。

何してると聞かれ、署で残業中だという源。

同期で飲んでるから誰の声か当ててとクイズを出す。

せーじ

その声に源はすぐに鬼瓦とわかり、腰砕けたという。

次、誰か当ててみてと桜の前に携帯電話を向ける。

桜が声出す前から、桜だと察する源。

桜は何してるのと聞くと、家でテレビ見てたところと嘘をつく源。

松島は、スピーカーホンをやめて、あっちで話してきなと桜に携帯を渡す。

足をひきづりながら、部屋の端っこに行って源と電話してくる桜。

何話したと聞くと、中身の薄い内容。

【画像】鬼瓦教官の夢 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第103話 漫画:泰三子

【画像】鬼瓦教官の夢 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第103話 漫画:泰三子

桜は、改めて鬼瓦に警察官に育ててくれたことを感謝する。

鬼瓦は、「防犯や交通安全」を広報することの重要性を説いて、そういった力を持った警察官をたくさん育てたい。そして、自分は学校長になるという夢を語っていた。

鬼瓦の夢の手伝いができる力を持った警察官になることが、自分の目標であり夢だったという桜。

桜は、警察官に戻らないと宣言する。

【画像】警察官に戻らない桜の決意 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第103話 漫画:泰三子

【画像】警察官に戻らない桜の決意 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第103話 漫画:泰三子

事故を思い出すと今でも震えるし、制服は怖くて着れない。この仕事に未練はあるけど、事件を解決してくれて、ようやく気持ちの整理がついたという。

これからは気持ちを新たに違う道を歩む。鬼瓦にこれまでの指導について感謝する。

最後まで、自分の教え子でいてくれたありがとうと心の中で桜に感謝する鬼瓦。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第103話ネタバレ感想・まとめ

桜、生きてたんかい。

藤や源の反応。そして、その手の話題にはアンタッチャブルな感じを醸し出す周りに、桜はもう天に召されたのかと思ってたけど。

後遺症残ってる存命なら、悲しみよりも怒りへの感情のほうが強くなると思うけど、桜に関しては、悲哀な感情を醸し出す藤と源だから、てっきり。。。

モーニング『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』を読んで。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 登場人物・キャラクターまとめ

川合
町山警察署交番勤務の女性警察官。警察学校を卒業したばかりの新任警察官。

藤部長
町山警察署交番勤務の女性警察官。川合の指導員。

牧高
町山警察署勤務の女性警察官。藤部長が異動になって刑事課に配属された。

山田
町山警察署勤務の刑事課の男性刑事。


巡査部長。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 概要

ホワイトカラーにしてブルーカラー。労働基準法は適用外!安定収入を求めてたまたま警察官になった川合と、超美人&刑事部のエースながらパワハラで交番に飛ばされた藤部長。交番(=ハコ)勤務女子二人の警察官あるあるお仕事備忘録!

『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』を連載している『モーニング』について

『モーニング』は、講談社発行の週刊漫画雑誌。毎週木曜日発売。 現在も『モーニング』の連載陣の一翼を担っている弘兼憲史、かわぐちかいじ、うえやまとちといったベテラン執筆陣によって支えられた、いわゆる「大人漫画」の構成の特徴を持っていた。ストーリー漫画・4コマ漫画などを中心とする型破りな作風で話題を呼ぶ作品を輩出しており、ドラマの原作となる作品が多い。また成人が働く、さまざまな職業をありのままに描いた「職業漫画」が多いのも特徴の一つ。1990年代を通して、青年漫画のジャンルで漫画界をリードしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする