ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第104話ネタバレ感想『桜の退官』

【画像】桜にドア越しに喧嘩を売る川合 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第104話 漫画:泰三子

【画像】桜にドア越しに喧嘩を売る川合 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第104話 漫画:泰三子

  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第104話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第104話ネタバレ感想・まとめ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 登場人物・キャラクターまとめ
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 概要
  • ハコヅメ ~交番女子の逆襲~を連載している『モーニング』について

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第104話ネタバレストーリー・あらすじ

桜が退官することを聞いたカナは源に止めないのかと聞くも、こればっかりは他人は口出せないという。

桜は、脚を引きずりながらも町山署の玄関まできていた。

誰にも会わないように、そっと行って、そっと帰ろうと考えていた矢先に山田に遭遇。

車椅子もってくるという山田に歩けると断る桜。

そこに益田もやってくる。

益田も車椅子を持ってくるかと聞く。

宮原などもぞろぞろを出て大騒ぎになる。

ひとつ上の先輩の中で唯一尊敬できる先輩だと桜を褒めるカナ。

残りの三人はと川合が聞くと、ただの困ったゴリラだと答える。

源の期はバケモノばかりだから、苦労を知ってる桜が一番教え上手で後輩から慕われてるという源。

カナの髪の毛も事件後すぐに髪を切って、「守護天使」の囮になるために延ばさなかったという源に強がりをいうカナ。

川合は、桜のことを引き止めないのかと聞くも仲間でも怪我や病気の辛さは分け合えない。できるのは犯人を捕まえることまでと答える源。大好きな先輩が決断したことならそれを尊重したいというカナ。

案内係が桜を応接室に案内する。

源たちがしゃべってるところが応接室の前。

咄嗟に、別の応接室に身を隠す源たち。

【画像】強引に引きとめようとするカナと源 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第104話 漫画:泰三子

【画像】強引に引きとめようとするカナと源 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第104話 漫画:泰三子

カナは、桜の退官願いを破り捨てるから、特殊能力を使って源部長は説得してほしいと言い出す。

力づくで止めたくなるから会いたくなかったという二人。

桜の荷物を持って応接室にやってきた副署長にドアを開けてあげる川合。

ドアを閉めた後、川合は応接室のドアの前に立って、怒鳴りだす。

ペア長の藤部長の愚痴を聞いて欲しいと誰かと話している風に怒鳴りだす川合。

「だらけなし」「水回りを汚さない」「アイロンがけを怠らない」とやたら姑臭いことばかり言ってくる。

それは、女性警察官の三訓。先輩が後輩に恥をかかせたくないからできた教訓のはずだと思う桜。

川合は愚意を続ける。

防犯や交通安全とか、やらせたがる仕事は地味なのばっかりだと。

尊敬する鬼瓦教官が一番大事にしてた仕事だと思う桜。

川合の愚痴はまだまだ続く。

制服着てるときくらい、警察官の顔をしろと年寄り臭い説教をすると怒鳴る川合。

自分たちが守ってきた矜持だと思う桜。

そんなのは気合の入った人だけでやっとけばいい。強要するゴリ部長と怒鳴ったところで、源たちに回収される川合。

桜は、自分たちが大切にしてきて守ってきたことが後輩に通じてないことに苛立ちを覚える。

大事にしてるゴリラを貶された桜は、応接室のドアを勢いよく開けるも川合の姿はない。

そこにたまたま藤が通りかかり、退官のことを聞くと、桜は警察官をやめないという。

有能な藤にアホな子の指導までさせられない。自分が根性を叩き直してやると思う桜。

桜は、副署長に賢明にリハビリして職場復帰するのでもう一年時間がほしいと頭を下げる。

桜は、藤に助けてもらったから、今度は自分が助ける番だという。

よくわからないけど、復帰を待ってると喜ぶ藤。

【画像】同性の後輩への怒りで桜の退官を止める川合 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第104話 漫画:泰三子

【画像】同性の後輩への怒りで桜の退官を止める川合 | 引用元:ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第104話 漫画:泰三子

川合は、女性警察官なら、「大切な人からの励まし」よりも「同性の後輩への怒り」のほうが強い原動力になるかなと喧嘩売った理由を源に話す。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 第104話ネタバレ感想・まとめ

涙腺ゆるむ。

女性警察官が大事にしてるところを理解してるからこそ、一番頭にくる愚痴を言えた川合もしっかり成長してるというところだね。

モーニング『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』を読んで。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 登場人物・キャラクターまとめ

川合
町山警察署交番勤務の女性警察官。警察学校を卒業したばかりの新任警察官。

藤部長
町山警察署交番勤務の女性警察官。川合の指導員。

牧高
町山警察署勤務の女性警察官。藤部長が異動になって刑事課に配属された。

山田
町山警察署勤務の刑事課の男性刑事。


巡査部長。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ 概要

ホワイトカラーにしてブルーカラー。労働基準法は適用外!安定収入を求めてたまたま警察官になった川合と、超美人&刑事部のエースながらパワハラで交番に飛ばされた藤部長。交番(=ハコ)勤務女子二人の警察官あるあるお仕事備忘録!

『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』を連載している『モーニング』について

『モーニング』は、講談社発行の週刊漫画雑誌。毎週木曜日発売。 現在も『モーニング』の連載陣の一翼を担っている弘兼憲史、かわぐちかいじ、うえやまとちといったベテラン執筆陣によって支えられた、いわゆる「大人漫画」の構成の特徴を持っていた。ストーリー漫画・4コマ漫画などを中心とする型破りな作風で話題を呼ぶ作品を輩出しており、ドラマの原作となる作品が多い。また成人が働く、さまざまな職業をありのままに描いた「職業漫画」が多いのも特徴の一つ。1990年代を通して、青年漫画のジャンルで漫画界をリードしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする