魔入りました!入間くん 第142話ネタバレ感想『人間だということがバレた入間』

【画像】入間が人間だと知るキリヲ | 引用元:魔入りました!入間くん 第142話 漫画:西修

【画像】入間が人間だと知るキリヲ | 引用元:魔入りました!入間くん 第142話 漫画:西修

  • 魔入りました!入間くん 第142話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔入りました!入間くん 第142話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 魔入りました!入間くん 概要
  • 魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

魔入りました!入間くん 第142話ネタバレストーリー・あらすじ

オチョがバールに報告する。

バビルス一年生のうち、元祖返りの傾向が近いのは数名。なかでも問題児クラスのものはかなり素質があるかと。

オチョは血まみれになってることに聞くバール。

オチョは、オロバスの記憶を操作し、収穫祭に潜入。

二番信仰者のオチョは、収穫祭で得た情報をバールに届けようと収穫祭会場を後にしようとしていたときだった。

その時、突然、背後から矢で体を射抜かれる。

オチョを追跡、攻撃したのはバビルスの教師陣。

無断で侵入し、暴れた愚か者は決して無傷に返すなとカルエゴは命令する。

バビルスの教師陣に悪態をつくオチョ。

バールはオチョの頭を蹴り、血を撒き散らすなと粛清。

バールは、入間について聞くと、盗聴器を仕掛けておいたという。

オチョは、入間については、絶望に苦しむ顔がなかなかと意気揚々にしゃべると、キリヲが入間に手を出したことをに怒りを覚え、オチョに詰問する。

バールが盗聴器を起動させると、入間が自身で自分のことを人間だと告発する声が聞こえる。

バールは、入間が人間だということはサリバンの行動から予想していた。これが確証になった。

キリヲが入間が人間と聞いて、よだれがとまらなくなる。

入間をどうやって絶望させようか考えていた。

【画像】入間の絶望の表情を見たいと切望するキリヲ | 引用元:魔入りました!入間くん 第142話 漫画:西修

【画像】入間の絶望の表情を見たいと切望するキリヲ | 引用元:魔入りました!入間くん 第142話 漫画:西修

食われる瞬間にも絶望せずにいられるのかと考えるキリヲ。

入間の絶望の表情をみたいと思うキリヲ。

魔入りました!入間くん 第142話ネタバレ感想・考察まとめ

元祖返りを見つけて仲間に入れるつもりのバールなのだろうか。

一番、近いのはサブノックかな。

マンガボックス『魔入りました!入間くん』を読んで。

魔入りました!入間くん 概要

鈴木入間は14歳の少年。両親は鬼畜外道で、遊ぶ金欲しさに息子を悪魔に売り渡した。入間を購入した大悪魔・サリバンには妻子が無く、「孫になってくれ」と入間に懇願する。サリバンが理事長を務める魔界の学校に理事長の孫兼特待生として入間は入学し、人間であることを隠し、悪魔に交じって学園生活を送ることになる。さまざまなトラブルが入間に襲い掛かるが、苦労して育ったことによる素直で健気な性格で乗り越え、意図せずに学園内で交友関係を築きあげ、不本意ながら有名人になって行く。

魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。