ふたりソロキャンプ 第32話ネタバレ感想『シーズニングのやり方』

【画像】雫を煙臭いという兄 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第32話 出端祐大

【画像】雫を煙臭いという兄 | 引用元:ふたりソロキャンプ 第32話 出端祐大

  • ふたりソロキャンプ 第32話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ふたりソロキャンプ 第32話ネタバレ感想・まとめ
  • ふたりソロキャンプ 概要
  • ふたりソロキャンプを連載している『イブニング』について

ふたりソロキャンプ 第32話ネタバレストーリー・あらすじ

雫の家に訪れた謎の男。

雫は男をファミレスに連れて行く。

男は、部屋に上がらせてくれればファミレスまで来る必要なかったというも、雫は乙女の部屋は不可侵だという。

そんな男のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ雫。

何のようかと聞くと、兄も面倒だったけど確認してこいと親に言われたという。

雫から返信がないからだと。

携帯を確認すると、母親からたくさんのメッセージがきていたことに今気づく雫。

雫は、ちょっと電波の悪いところにいたからと言い訳する。

親も過保護だと愚痴る兄。

電話の悪いところってどこに行ってたのかと聞く兄。

雫から煙臭い匂いがするというとキャンプに行ってたから仕方ないという雫。

キャンプとは男と一緒にとカマをかけた兄。

それに見事反応する雫。

兄は、母親に良い土産話ができたというと、うるさいから内緒だと口止めをする雫。

* * *

厳は、庭で使ったテントを天日干しする。

雨に濡れたり、夜露に湿ったり、テントの内外の寒暖差で結露することも多い。撤収までに乾けばよいが乾くまで時間がなかった場合は、タオルでテントの水分をふき取り、帰ってから干し乾かす。

湿ったままではカビの温床になり劣化の原因になる。

* * *

雫はクッカーを洗う準備をしていた。

クッカーは、帰ってから洗うのがベター。

理由はキャンプ場の炊事場の問題がある。

【画像】ほとんどのキャンプ場は下水処理していない | 引用元:ふたりソロキャンプ 第32話 出端祐大

【画像】ほとんどのキャンプ場は下水処理していない | 引用元:ふたりソロキャンプ 第32話 出端祐大

ほとんどのキャンプ場では蛇口からお湯が出るように設計されていない。油物を洗うのに向いていない。また、キャンプ場は下水処理するのが難しく、どうしても地面や川にそのまま垂れ流す、という場所もあるのも事実。合成洗剤よりも自然派洗剤を使うことを推奨されている。自然派洗剤は、合成洗剤よりも汚れが落ちにくい。

持ち運びできるシンクや大きなケトルでお湯を沸かして少ない洗剤で洗うという工夫もできるが、徒歩キャンプ的に現実的ではない。

洗いたいクッカー自体でお湯を沸かして洗うという方法もあるが、メンドクサイ。

厳は、持参したペーパー類で大きな汚れをふき取り、そのまま持って帰って、本格的な洗いものは家でやることにしている。

【画像】クッカーは家に帰ってから洗うがベター | 引用元:ふたりソロキャンプ 第32話 出端祐大

【画像】クッカーは家に帰ってから洗うがベター | 引用元:ふたりソロキャンプ 第32話 出端祐大

それに倣って雫も家に帰ってきてクッカーを洗う。

ダッチオーブンは、洗剤を使わずにお湯でタワシを使いながらしっかり汚れを落とす。

その後、火にかけ、水気を飛ばす。熱いうちにキッチンペーパーなどで食用油を塗りシーズニングしておく。そのまま冷ましてお手入れ完了。

* * *

厳は、次のソロキャンプのために、鉄製のフライパンを取り出す。

シーズニングとは、鉄製のフライパンなどを焼きなますことを指す。

多くの鉄の調理器具には錆び止めのワックスなどが塗られており、このまま調理すると匂いが食材についてしまう。

まずは、洗剤とタワシで1、2度洗ってワックスを落としていく。次にワックスを完全に溶け落とすために空焼きをする。表面の水分が飛び、しばらくすると青黒く色が変わってくる。

この際に家庭用コンロを使わない。家庭用コンロの場合、火事を防ぐめたに空焼きがおきないように高温になると火が小さくなるセンサーが取り付けられているからである。全体が青黒くなるまで焼く。

一度、火から離し、食用油を染み込ませたキッチンペーパーで油を全体的に塗りこんでいく。これを冷めないうちに行う。塗りこんだら冷めるまで待ち、再度火にかけ煙がでなくなるまで熱を加え続ける。その後、また油を全体的に塗りこんでいく。この作業を3~4度繰り返す。

このシーズニングという作業が嫌いではない厳。

手間をかけたギアほど、愛着が湧くというものである。

次に、クズ野菜をい炒める。

鉄板に残った鉄臭さを野菜に吸い取らせるためである。焦げるギリギリまで炒めたら野菜はそのまま捨てる。

最後にまた薄く油を塗りこみ、そのまま冷やして完成。

* * *

一週間後。

返信が来ないことを確認した彰人はバイクのエンジンをかけてキャンプに向かう。

ふたりソロキャンプ 第32話ネタバレ感想・まとめ

厳。コンロを台に対して斜めに置いて、コンロの端が台の外側に出てる。火を使う場合としては、ちょっと危ないんじゃないかな。

【画像】手間をかけたギアは愛着がわく | 引用元:ふたりソロキャンプ 第32話 出端祐大

【画像】手間をかけたギアは愛着がわく | 引用元:ふたりソロキャンプ 第32話 出端祐大

イブニング『ふたりソロキャンプ』を読んで。

ふたりソロキャンプ 概要

樹乃倉厳、34歳。自然を愛し、CAMPを愛すキャンパーである。ただ、「ソロ」である。独りで楽しむ「ソロキャンパー」なのである。たがそこに闖入者が現れ、ゲンの静かなキャンプLIFEは混乱を極める!

ふたりソロキャンプを連載している『イブニング』について

『イブニング』は、講談社が発行する月2回刊青年漫画誌(創刊時は月刊誌)。毎月第2・第4火曜日に発売。基本的にオリジナル新作の連載が主体であるが、月刊誌時代は既存作品の続編作品の連載と読切作品の掲載が中心であった。本誌創刊後は『モーニング』における職業ものの社会派作品の比率が高くなったため、同誌で従来扱っていたギャグ漫画ものやスポーツ漫画・SF漫画など娯楽性の濃い青年漫画の新規作品、あるいは読切作品が本誌および『モーニング・ツー』で扱われる傾向にある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする