【連載再開】名探偵コナン ゼロの日常 第28話ネタバレ感想『サバ缶を使った夜食レシピ』

サバ缶にとろけるミックスチーズを溶かし、上からパセリの葉を添えた夜食を完成させる安室=降谷 | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第28話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

サバ缶にとろけるミックスチーズを溶かし、上からパセリの葉を添えた夜食を完成させる安室=降谷 | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第28話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

  • 名探偵コナン ゼロの日常 第28話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 名探偵コナン ゼロの日常 第28話ネタバレ感想・推理・推察・まとめ
  • 名探偵コナン ゼロの日常 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • 名探偵コナン ゼロの日常 概要
  • 名探偵コナン 概要
  • 名探偵コナン ゼロの日常を連載している無料WEBマンガ『週刊少年サンデー』について

名探偵コナン ゼロの日常 第28話ネタバレストーリー・あらすじ

雨降る夜。安室は目を覚ます。

服を着て、身震いさせながら冷蔵庫の中身をチェックする。

ハロも起きてきて安室の横に座る。

安室は、ハロが可愛くなるので膝の上に乗せて冷蔵庫チェックを続ける。

夜食のレシピを決める安室。

夜食を作るために冷蔵庫をチェックする安室=降谷 | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第28話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

夜食を作るために冷蔵庫をチェックする安室=降谷 | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第28話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

鯖缶ととろけるチーズを用意。

缶詰を開けてとろけるチーズをかける。オーブンモードに切り替えて、加熱。

※紙ラベルなどは必ず外してから加熱してください。各商品の使用上の注意や説明を必ず確認し、危険性のあるものは使用しないでください。

オーブンで加熱すると、色味の緑がほしいと、セロリの葉をそえて完成。

サバ缶夜食を食べる安室=降谷 | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第28話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

サバ缶夜食を食べる安室=降谷 | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第28話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

安室は夜食に鯖チーズを食べる。身も心も暖かくなる安室。ハロがおねだりするものだから、今日だけとドッグフードを器に入れる。

夜食を食べたところで、携帯電話が鳴る。

電話は風見からだった。

追加捜査で協力者よりタレコミがあった。一時間後の合流で良いと聞かれ、20分で向かうと応える安室。

安室は、ハロに別れの挨拶をして、家を出る。

駐車場の車に乗り込んで長い夜になる。夜食を食べておいてよかったと呟く安室。

名探偵コナン ゼロの日常 第28話ネタバレ感想・推理・推察・まとめ

サバ缶ブームだからサバ缶レシピで夜食なのか。

簡単で美味しそう。

サバ缶ととろけるミックスチーズを夜食の材料にする | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第28話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

サバ缶ととろけるミックスチーズを夜食の材料にする | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第28話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

週刊少年サンデー『名探偵コナン ゼロの日常』を読んで。

名探偵コナン ゼロの日常 登場人物・キャラクター一覧まとめ

安室 透
公安=降谷 零/探偵=安室 透/黒ずくめ=バーボン──の、トリプルフェイスをもつ男。 公安警察として日本を守るべく、普段は喫茶ポアロで働きながら「探偵見習い」として小五郎の弟子を務める。一方、黒ずくめの組織に潜入し、闇の世界を探ることも… 過去の因縁から赤井秀一に恨みを抱く。

ハロ
安室が家で飼う、元・野良犬。追跡能力に長けている様子。

榎本梓
喫茶ポアロで働くウェイトレス。お店の看板的存在で、安室の先輩。23歳。

風見裕也
安室(=降谷)の右腕とも言える公安警察官。苦手な食べ物はセロリ。

名探偵コナン ゼロの日常 概要

青山剛昌先生完全監修でお贈りする、[名探偵コナン]の人気キャラ・安室 透の公式スピンオフ!!
公安・探偵・黒ずくめの組織…3つの顔を持ち、闇と光をまとう男に隠された日常とは…!?

名探偵コナン 概要

ホームズに憧れる推理マニアの高校生。工藤新一がとある理由で小学生の体に!!小さな探偵が大活躍の奇想天外本格探偵アクション!
高校生探偵・工藤新一(くどう しんいち)は大人顔負けの推理力と洞察力を併せ持ち、「日本警察の救世主」とまで言われていた。

ある日、新一は幼なじみの毛利蘭(もうり らん)と遊園地に遊びに行くが[注 5]、そこで謎の組織の取引現場を目撃する。取引の模様を見るのに夢中になっていた新一は、組織のもう1人の仲間によって背後から殴り倒され、口封じのために劇薬を飲まされる。だが、組織も知らなかった薬の副作用によって神経を除いたすべての組織が退行し、小学1年生の体となってしまう。

新一は、自分が生きていることを組織に知られたら再び命を狙われ、周囲の人間も巻き添えにしてしまうと隣人の阿笠博士(あがさはかせ)から助言を受ける。そして、正体を隠して江戸川コナン(えどがわ コナン)と名乗り、蘭の父・毛利小五郎(もうり こごろう)が探偵であることから謎の組織の情報が得られると考え、蘭の家に居候する。

名探偵コナン ゼロの日常を連載している『週刊少年サンデー』について

『週刊少年サンデー』(しゅうかんしょうねんサンデー、WEEKLY SHONEN SUNDAY)は、小学館が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1959年に創刊。略称は 「サンデー」など。

本誌の傾向としては、特にラブコメディと恋愛漫画にノウハウと強みを持っていることが挙げられる。特に、中長期連載となった作品ではその傾向が強く見られる。また、主なジャンルがそれでなくても作中のエピソードなどで恋愛及びラブコメ的な要素を色濃く匂わせる作品も多い。

その一方で、少年漫画雑誌とは思えない社会を絡ませた重厚な内容の作品が掲載されることも時折見られる。

また、作品が打ち切りになった場合、『週刊少年ジャンプ』など他誌のように唐突に終了することは少なく、ある程度物語がまとまった形で終了させてくれる傾向にある。

少年漫画誌の中では読者の年齢層が高く、高校生以上の読者が全体の約6割を占めている。更にラブコメや恋愛漫画に強みを持っているため、少年誌でありながら女性の購読者が非常に多いことでも知られている。そのためか、他の少年誌と比べて女性漫画家が多いのも特徴である。