魔入りました!入間くん 第100話ネタバレ感想『入間の欲を具現化した弓矢』

連載100回センターカラー | 引用元:魔入りました!入間くん 第100話 漫画:西修

連載100回センターカラー | 引用元:魔入りました!入間くん 第100話 漫画:西修

  • 魔入りました!入間くん 第100話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔入りました!入間くん 第100話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 魔入りました!入間くん 概要
  • 魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

魔入りました!入間くん 第100話ネタバレストーリー・あらすじ

武器をつくるために入間を連れて魔具研究師団にきたバチコ。

そこにはシネルがいた。

シネルは、変なものを収集して整理した魔具研究師団の部室が変なもので埋もれていた。

キレイにした部室が消えてことでショックを受ける入間。

バチコは、何かの根っこのようなものを持ち上げ、クワルツ・クワルツと呪文を唱える。

すると、根っこのようなものが弓矢に変身する。

武器を作る方法 | 引用元:魔入りました!入間くん 第100話 漫画:西修

武器を作る方法 | 引用元:魔入りました!入間くん 第100話 漫画:西修

魔力を込める核の素材にクワルツ・クワルツを唱えて、弓の形に成長させると説明するバチコ。

シネルが自分もやってみると、持っていたフィギアに呪文を唱える。

等身大の生徒会長の弓矢が出来上がる。家宝と大事にするシネル。

クワルツ・クワルツは魔力をこめたやつの性格がでる。核にも相性があるからしっかり選べと入間にいうバチコ。

入間は一つの羽を見つける。カナキリの長の羽だという。バチコがやってみろというので、入間はイフリートモードにして呪文を唱える。

羽を模した弓矢が出来上がる。しかし、バチコは出来上がった弓矢をへし折る。

バチコは、自分のモノマネで入間に合ってないという。もっと自分の欲しい弓をイメージしろとアドバイスする。

盾のような弓矢や、マッドマックスな弓矢、やる気のない弓矢など次々と進化させるもどれもバチコが納得のいくものではなかった。

弓使いはここぞで決めなきゃだめだというバチコ | 引用元:魔入りました!入間くん 第100話 漫画:西修

弓使いはここぞで決めなきゃだめだというバチコ | 引用元:魔入りました!入間くん 第100話 漫画:西修

バチコはチャンスはあと一階とカナキリの長の羽を渡す。戦場にもう一回はない。次の学校行事収穫祭はサバイバル方式の実技試験。いわば戦場。戦場において、チャンスをものにできない弓使いは生き残れない。弓使いになりたければ、ここぞで決めなきゃダメだというバチコ。

バチコは買物にいってくると部室を離れる。

諦めるなら早いほうがいい。

期待していた者に裏切り続けられたバチコ | 引用元:魔入りました!入間くん 第100話 漫画:西修

期待していた者に裏切り続けられたバチコ | 引用元:魔入りました!入間くん 第100話 漫画:西修

バチコは過去に弓矢を使いたいという者を訓練してきたが、誰もバチコの特訓についてこれなかった。パシリができたぐらいで期待しない。

入間はひとり部室で悩んでいた。そこにアリが登場。もっと柔らかく考えろと入間にアドバイスする。師匠を変えるのも手だという。弓じゃなくてもいい。しかし、入間はそれは拒否する。初めて人を見返したいと思った。パシリにされても怒られても、なんでもいいから、たった一言でいいからバチコに褒めてもらいたいと思う入間。

アリは、入間の人に一番言いたくない、一番恥かしい欲はなんだと聞く。欲は強いとか守りたいとかそんなキレイなものじゃない。隠し持っている本音。

入間は、堂々とみんなと一緒にいられて「4」に一緒に上がれるようなヒーローになりたいという。その思いのまま呪文を唱える入間。

買物から帰ってきたバチコとシネル。

バチコは、無害そうな弓を作っているだろうと予想する。

先に部室に入ったシネルが絶叫する。バチコは急いで部室を除くと、見たこともない弓矢を作り上げている入間がいた。

魔入りました!入間くん 第100話ネタバレ感想・考察まとめ

翼付きは、入間の「ヒーロー像」なのか。これで跳びながら射ることもできる。

入間の欲を具現化した弓矢 | 引用元:魔入りました!入間くん 第100話 漫画:西修

入間の欲を具現化した弓矢 | 引用元:魔入りました!入間くん 第100話 漫画:西修

マンガボックス『魔入りました!入間くん』を読んで。

魔入りました!入間くん 概要

鈴木入間は14歳の少年。両親は鬼畜外道で、遊ぶ金欲しさに息子を悪魔に売り渡した。入間を購入した大悪魔・サリバンには妻子が無く、「孫になってくれ」と入間に懇願する。サリバンが理事長を務める魔界の学校に理事長の孫兼特待生として入間は入学し、人間であることを隠し、悪魔に交じって学園生活を送ることになる。さまざまなトラブルが入間に襲い掛かるが、苦労して育ったことによる素直で健気な性格で乗り越え、意図せずに学園内で交友関係を築きあげ、不本意ながら有名人になって行く。

魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。