魔入りました!入間くん 第146話ネタバレ感想『入間が人間と知ったバチコの反応』

【画像】入間が人間だと聞かされて仰天するバチコ | 引用元:魔入りました!入間くん 第146話 漫画:西修

【画像】入間が人間だと聞かされて仰天するバチコ | 引用元:魔入りました!入間くん 第146話 漫画:西修

  • 魔入りました!入間くん 第146話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔入りました!入間くん 第146話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 魔入りました!入間くん 概要
  • 魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

魔入りました!入間くん 第146話ネタバレストーリー・あらすじ

サリバンに呼ばれたバチコ。

入間の修行をしてくれたバチコを甘い物を用意して労うサリバン。

13冠に匹敵する実力者のバチコにお願いしてよかったというサリバン。

バチコは人付き合いが苦手だから講師を引き受けてくれるか心配だったというサリバン。

バチコも、最初は顔をみて帰ろうと思ったという。

でも今は、入間は一番弟子だというバチコ。

サリバンは、次の話にいこうとスイーツを片付ける。

盗聴防止をし、サリバンの話を承るというバチコ。

サリバンは、「13冠の集い」が中止となった。理由は数日頻発している有力悪魔の失踪。

貴族会、戦場、あらゆる場所からハイランクの悪魔が消えている。

原因は不明。だが元凶は目処がついている。

六指衆。痕跡がない、ゆうえに彼らだとわかるという。

バチコは、そこでバルバトスが誇る最強の弓の出番かと弓をひくバチコ。

【画像】六指衆と戦うのかと思ったバチコだが違うというサリバン | 引用元:魔入りました!入間くん 第146話 漫画:西修

【画像】六指衆と戦うのかと思ったバチコだが違うというサリバン | 引用元:魔入りました!入間くん 第146話 漫画:西修

サリバンは違うという。

魔界が不穏に揺れる時こそ、教育者は教育に専念すべき。生徒たちにより良い知識を与えて育て守る。大人が彼らを導くことこそが魔界の平穏に繋がるというサリバン。

だから、バチコには入間の特別講師を継続してほしいという。

【画像】入間が人間であるとバチコにカミングアウトするサリバン | 引用元:魔入りました!入間くん 第146話 漫画:西修

【画像】入間が人間であるとバチコにカミングアウトするサリバン | 引用元:魔入りました!入間くん 第146話 漫画:西修

それに入間は人間だとバチコに教えるサリバン。

衝撃の事実を知らされるバチコ。

入間が人間であることを知っているのは、サリバン、オペラ、バラム教諭のみ。バチコの意思は尊重する。今の会話の記憶を消すか、一緒に入間を守るか。

そこに入間が寝起きでやってくる。

バチコがいることに驚く入間。

バチコはいままでの入間との思い出を振り返り、人間だとしっくりくると納得する。

人間だろうなんだんだろうがしっかり面倒みてやると思うバチコ。

【画像】入間が人間でも一番弟子の入間の面倒はみると考えるバチコ | 引用元:魔入りました!入間くん 第146話 漫画:西修

【画像】入間が人間でも一番弟子の入間の面倒はみると考えるバチコ | 引用元:魔入りました!入間くん 第146話 漫画:西修

魔入りました!入間くん 第146話ネタバレ感想・考察まとめ

入間本人をちゃんと見てるなら、入間が悪魔だろうが人間だろうが、いままで培ってきた育ててきた信頼は揺るがないはず。

クララもアズも入間が人間だと知ってもきっと受け入れてくれると思うけどな。

マンガボックス『魔入りました!入間くん』を読んで。

魔入りました!入間くん 概要

鈴木入間は14歳の少年。両親は鬼畜外道で、遊ぶ金欲しさに息子を悪魔に売り渡した。入間を購入した大悪魔・サリバンには妻子が無く、「孫になってくれ」と入間に懇願する。サリバンが理事長を務める魔界の学校に理事長の孫兼特待生として入間は入学し、人間であることを隠し、悪魔に交じって学園生活を送ることになる。さまざまなトラブルが入間に襲い掛かるが、苦労して育ったことによる素直で健気な性格で乗り越え、意図せずに学園内で交友関係を築きあげ、不本意ながら有名人になって行く。

魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。