賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第351話ネタバレ感想『中年親父キャンパーの婚期』

【画像】ゴールポストを動かした | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第351話 漫画・福本伸行

【画像】ゴールポストを動かした | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第351話 漫画・福本伸行

  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第351話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第351話ネタバレ感想・まとめ
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 登場人物・キャラクターまとめ
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 概要
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編を連載している『週刊ヤングマガジン』について

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第351話ネタバレストーリー・あらすじ

おじさん二人に誘われて、酒を飲むカイジたち。

カイジが調子よく酒を飲むもんだから、チャンが飲みすぎだと心配する。

カイジに注意するもマリオのほうが飲んでるという。

マリオは、顔真っ赤にして、よろよろと席を立ったと思ったら嘔吐し、戻ってきてまた飲み返す。

二人ともゆるみすぎだから自分がしっかりしないとと思うチャン。

石高は、昨今のキャンプブームはけしからんという。

春夏秋冬月2回ペースでキャンプしてるが、カワイイ女子のソロキャンプに出会ったことがないという。

自分たちの車に発信機ついていて避けられるんじゃないかという被害妄想。

カイジはニオイだという。オジサン臭がして、臭いがきたら逃げると推理すると、カイジは肉禁止にされる。

木崎が月2回ペースでキャンプしている、このことから推測されることはなんでしょうとクイズを出す。

チャンはエコ?と応えるもハズレ。車で遠出してる時点でエコじゃないという。

カイジは、簡単だという。木崎と石高が親友だからだと応えると、もじもじしはじめるおじさん二人。木崎は正解とぼそっというと、石高も同意する。

オジサンのもじもじは予想以上にキツイ。

【画像】おじさんたちに彼女がいないと看破するマリオ | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第351話 漫画・福本伸行

【画像】おじさんたちに彼女がいないと看破するマリオ | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第351話 漫画・福本伸行

マリオは、彼女がいないとズバっという。

カイジは言い繕うとするも、木崎は正解という。

木崎も石高も原因がわからないと嘆く。

正直者で働き者。性格温厚で法律遵守。申し分ない人間なのに彼女がいないのが謎。

月2回のキャンプで話すのはほぼそれだという。

マリオは、キャンプのしすぎだとツッコミが止まらない。

傷をなめあってるからダメ。キャンプする暇があったら婚活しろという。

でも、おじさんたちはしてるという。二人でどちらが早く結婚できるか競争してるという。

そんなのは口だけだとツッコミをやめないマリオ。

チャンがマリオを止めようとするもおじさんたちは、忌憚のない意見を聞きたいとマリオを促す。

マリオの自分たちに足りないものは何かと尋ねる。

マリオんは、必死さが足りないという。

石高は、35の時に、5年後になっても結婚できてなかったら、どちらかが女になって自分たちで結婚しようと決めたという。

マリオは、どっちと聞く。もう5年経ってるから女になるほうはどっちだと。

しかし、おじさんたちは応えに窮する。もう5年延ばすことにしたという。

ゴールポストを動かした一番ダメなやつだった。

マリオは順番が逆だという。リミットが近づいてから、どっちが女子になるか決めるなんてダメ。そういうの最初に決めないといけない。最初に決まってれば、女になるほうが必死になると正論をいう。

マリオの言うとおりだというおじさんたち。

それで、おじさんたちは、前もって決めるつもりだという。二人で勝負して負けたほうが女子になる。

十種競技で決めるという。

おじさんたちの十種競技は、ボーリング対決、ダーツ対決、卓球対決、フリースロー対決、PK対決、将棋対決、10円玉弾き机ギリ止め対決、盲牌対決、目つぶり片足立ち対決、10円玉10枚早立て対決の十種。

【画像】精神年齢が中学生のおじさんたちは結婚できない | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第351話 漫画・福本伸行

【画像】精神年齢が中学生のおじさんたちは結婚できない | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第351話 漫画・福本伸行

それを聞いたカイジは、おじさんたちの精神年齢が中学生のままだから結婚なんてムリだと思う。

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第351話ネタバレ感想・まとめ

精神年齢が中学生なら、結婚しても不幸になる可能性も高いし、しないほうがいいんじゃないかな。。。

週刊ヤングマガジン『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』を読んで。

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 登場人物・キャラクターまとめ

伊藤カイジ
本作の主人公。自堕落な日々を過ごすフリーターだったが、数々のギャンブルに巻き込まれていく。和也とのワン・ポーカー対決に勝利し、24億円を得る。

兵藤和也
金融コンツェルン・帝愛グループの会長である兵藤和尊の息子。カイジとのワン・ポーカーの死闘に敗北。処刑されそうになったところを、カイジに救われる。

チャン
中国からの出稼ぎ労働者。和也が考案した「救出」ゲームに挑むも、光山に裏切られ、窮地に。カイジに命を救われ、ワン・ポーカーでは、逆にカイジの命を救う。

マリオ
フィリピンからの出稼ぎ労働者。和也が考案した「救出」ゲームに挑むも、光山に裏切られ、窮地に。カイジに命を救われ、ワン・ポーカーでは、逆にカイジの命を救う。

光山
チャン、マリオと「救出ゲーム」に挑む。最後は二人を裏切り、二人を見殺しにする代わりに7千万円を得る。

坂崎孝太郎
第2シリーズ『賭博破戒録カイジ』で、カイジと組んで、裏カジノのパチンコ一発台「沼」を攻略した仲間。その後、堕落したカイジに愛想を尽かし、縁を切った。

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 概要

帝愛グループ会長・兵藤和尊の息子・和也との1対1の大勝負「ワン・ポーカー」を制し、24億もの大金を手に入れたカイジ。帝愛の追っ手たちから逃れ、無事24億を我が物にできるのか!? 共に戦ったチャン、マリオと共に、カイジらが繰り広げる前代未聞の脱出行!

賭博堕天録カイジ 24億脱出編を連載している『週刊ヤングマガジン』について

『週刊ヤングマガジン』(しゅうかんヤングマガジン)は、講談社が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。1980年6月23日創刊。略称は「ヤンマガ」、「週刊ヤンマガ」、「YM」、「週刊YM」。創刊時編集長は宮原照夫。発売日は毎週月曜日。掲載作品の単行本は、ヤングマガジン系列専用の総合レーベル「ヤンマガKC」より刊行されている。

姉妹誌として、『月刊ヤングマガジン』(隔月刊誌『別冊ヤングマガジン』より2009年にリニューアル)がある。現行の増刊誌として、2014年9月5日創刊の『ヤングマガジンサード』がある。過去に発行されていた増刊については「増刊号」節、姉妹誌については「姉妹誌」節、漫画アプリ及びWEBコミックサイトについては「漫画アプリ・WEB連載」節を参照。