七つの大罪 第305話ネタバレ感想『帰って来たメリオダス』

メリオダスがトリリオン・ダークを魔神王に炸裂させる | 引用元:七つの大罪 第305話 漫画:鈴木央

メリオダスがトリリオン・ダークを魔神王に炸裂させる | 引用元:七つの大罪 第305話 漫画:鈴木央

  • 七つの大罪 第305話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 七つの大罪 第305話ネタバレ感想・まとめ
  • 七つの大罪 登場人物・キャラクター近況まとめ
  • 七つの大罪 概要
  • 七つの大罪を連載している無料WEBマンガ『週刊少年マガジン』について

七つの大罪 第305話ネタバレストーリー・あらすじ

ゼルドリスの肩を切りつけ致命傷を与えた魔神王をバンは殴る。

魔神族といえど、自分の血を分けた息子にした行為に怒りを覚えるバン。

我は魔神王。我が血脈に弱者は不要だとバンを殴り返す魔神王。

バンは知るかと殴り返す。

精神世界でのメリオダスの攻撃と相俟って現実世界の魔神王もバンの攻撃に怯む。

メリオダスは、黒い球を無数に自分の周りで回転させ、一気に魔神王にぶつける。

トリリオン・ダーク

トリリオン・ダークを受け、呻きを上げる魔神王。

現実世界の魔神王も呻く。その隙にバンは蹴りを入れる。

バンの蹴りで吹っ飛ぶ魔神王。

魔神王は、叫びながら無秩序に飛び跳ねる。

バンは何事かと思う。マーリンは魔神王の断末魔だと現実世界に戻ってくる。

マーリンは、メリオダスが魔神王を道連れにするつもりだから、すぐに魔神王をカラダから追い出すという。

戻ってきたエリザベスにホークはメリオダスにあえたかと聞く。エリザベスはホークが一緒に来なかった理由を聞くもホークは答えを窮する。

飛び跳ねる魔神王を止めようとするバン。

往生際が悪いと魔神王を蹴り上げる。

そのタイミングで、エリザベスはアーク、マーリンはパーフェクトキューブ、キングはバレンガーデン。

合技・トリプルプリズンを発動させる。

トリプルプリズンに閉じ込められた魔神王は、その中で跳ね回る。

合技でも打ち破られる。

トリプルプリズンを破壊して、魔神王は地上に激突する。

ホークの最終奥義「ミート・ダークネス」 | 引用元:七つの大罪 第305話 漫画:鈴木央

ホークの最終奥義「ミート・ダークネス」 | 引用元:七つの大罪 第305話 漫画:鈴木央

最終奥義・ミートダークネス

ホークが魔神王の目を目隠しする。その間にディアンヌがダイアモンドタワーで地面からダイアを隆起させて魔神王の体を頭上高く上げる。

そして、バンが天高く飛び上がり、ダイアの山の上にいる魔神王にパンチを振り下ろす。

ダイアモンドタワーが真っ二つに割れ、メリオダスは戻ってきた。

七つの大罪 第305話ネタバレ感想・まとめ

魔神王はどこにいったのだろう。そのまま消滅かな。

帰って来たメリオダス | 引用元:七つの大罪 第305話 漫画:鈴木央

帰って来たメリオダス | 引用元:七つの大罪 第305話 漫画:鈴木央

週刊少年マガジン『七つの大罪』を読んで。

七つの大罪 登場人物・キャラクター近況まとめ

バン
七つの大罪団員。不死身の体により、団長の感情を取り戻すため煉獄へと旅立っていた。

エレイン
妖精王の森を守る聖女で、三代目妖精王・キングの妹。バンの恋人で、バンのギフトにより完全な復活を果たした。

メリオダス(魔神王)
戒禁を全て吸収し、成長した大人のメリオダス。だが、その正体はメリオダスの体に憑依した魔神王。

キング
七つの大罪団員。三代目妖精王ハーレクインとしても君臨する。マエル戦で覚醒を果たした。

エリザベス
リオネス王国の王女で、メリオダスの恋人。三千年前の呪いにより、三日後に死に、転生する運命にある。

ディアンヌ
七つの大罪団員。オスローを通じ、地上からキングたちの援軍として合流した。

マエル
「太陽」の恩寵を持つ四大天使。十戒エスタロッサとして記憶を改変されて暴走したが、現在は七つの大罪に協力している。

エスカノール
七つの大罪団員。昼は最強、夜は最弱で、現在はマエルに「太陽」を貸している。

メリオダス
七つの大罪団長。魔神王に感情を奪われ、戒禁の吸収による魔神王に乗っ取られた。

七つの大罪 概要

人間と人間ならざる種族の世界が分かたれていなかった古の時代、ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人から組織された伝説の騎士団〈七つの大罪〉の戦いを描く。

七つの大罪を連載している『週刊少年マガジン』について

『週刊少年マガジン』(しゅうかんしょうねんマガジン)は、講談社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)、鈴木央(『週刊少年ジャンプ』、『週刊少年サンデー』、『週刊少年チャンピオン』)、大久保篤(『月刊少年ガンガン』)、雷句誠(『週刊少年サンデー』)、大高忍(『ヤングガンガン』、『週刊少年サンデー』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。