六道の悪女たち 第134話ネタバレ感想『亞森と針蔵の最強番長を六道に求める雷乃』

ハートといえば私という雷乃 | 引用元:六道の悪女たち 第134話 漫画:中村勇志

ハートといえば私という雷乃 | 引用元:六道の悪女たち 第134話 漫画:中村勇志

  • 六道の悪女たち 第134話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 六道の悪女たち 第134話ネタバレ感想・まとめ
  • 六道の悪女たち 概要
  • 六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

六道の悪女たち 第134話ネタバレストーリー・あらすじ

椰子谷は、男を痛めつけ、何時から男はこんなに弱い生き物になったのかと落胆する。

椰子谷に痛めつけられた男に針蔵高校かと確認し、帰ってこの街は「クロムサム」というチームが仕切ると伝えて来いという。

椰子谷が所属するクロムサムというチーム | 引用元:六道の悪女たち 第134話 漫画:中村勇志

椰子谷が所属するクロムサムというチーム | 引用元:六道の悪女たち 第134話 漫画:中村勇志

針蔵高校では、9人目の犠牲者がでていた。

クロムサムの仕業で亞森とは関係ない。それでも黙っていられないという岡森。岡森は、菫風乃の意見を聞きたいと指示を仰ぐ。

今、針蔵高校には菫姉弟がいる。皆は風乃に期待する。

雷乃姉に更生するために学校にいこうといったけど、こんな学校は普通はいらないと心でツッコミを入れる風乃。

風乃は、やるあうにもどんな相手かもわからないし、規模もわからない。実際にやられた男に風乃はどう思うかと聞く。

男は、女装している風乃もと頬を赤らめると、そんな話してないとツッコミを入れる風乃。

風乃は、男に服を脱いでみろという。男の背中は痣だらけだった。その傷痕から風乃は椰子谷かと推理する。被害は針蔵高校だけだという。

針蔵高校に入った風乃と雷乃 | 引用元:六道の悪女たち 第134話 漫画:中村勇志

針蔵高校に入った風乃と雷乃 | 引用元:六道の悪女たち 第134話 漫画:中村勇志

風乃は、亞森高校と手を組む案を出すも反対する男たち。針蔵と亞森は長い間いがみあってきた。そう簡単にはいかない。それなりの理由があると、風乃の案を却下する。

雷乃は、六道と会っていた。

針蔵高校に入ったことを聞いて驚く六道。

雷乃は伝わっているかなと期待したという。

六道は教えてくれればいいのにというも女の子の気持ちを汲み取ってという雷乃。

汲み取れなかったことを謝る六道。

汲み取れなかったといえばチョコもわからなかったという六道。雷乃はそれはわかってほしいからハートにしたのにという。ハートといえば私みたいなとこないという雷乃に、さすがに汲み取れないという六道。

雷乃は、今日、六道に会いにきたのは、伝わっているかもしれないけど、亞森と針蔵、両方を仕切る、最強の番長になってほしいという雷乃。

六道の悪女たち 第134話ネタバレ感想・まとめ

どんだけ汲み取ってほしいんだ雷乃。

週刊少年チャンピオン『六道の悪女たち』を読んで。

六道の悪女たち 概要

不良だらけの亞森高校に通う六道桃助は、普通の学園生活を夢見る臆病な少年で、同じいじめられっ子友達の大佐、課長とグチをこぼす日々を送っていた。そんなある日、六道の死んだ祖父から六道宛てに巻物が送られてくる。巻物が光り、六道の額に五芒星のマークを刻み付けると、六道は問答無用で「悪女」に愛される体質になってしまった。六道は校内外のさまざまな悪女、そして最強最悪とも呼ばれるスケバン向日葵乱奈に惚れられることになる。当初は乱奈を利用すれば平和な学園生活を送れるかもしれないと考えていた六道だったが、不良にボロボロにされても自分との約束を守る乱奈に「漢気」を感じ、自分も漢気を見せなければならないと決意する。

六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。