魔入りました!入間くん 第101話ネタバレ感想『問題児クラスの特訓完了』

魔獣に絶対規律を植えつけるクロケル | 引用元:魔入りました!入間くん 第101話 漫画:西修

魔獣に絶対規律を植えつけるクロケル | 引用元:魔入りました!入間くん 第101話 漫画:西修

  • 魔入りました!入間くん 第101話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔入りました!入間くん 第101話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 魔入りました!入間くん 概要
  • 魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

魔入りました!入間くん 第101話ネタバレストーリー・あらすじ

問題児クラスの講師陣を見て、声を上げる。

問題児クラスへの期待は大きいけど、正直厳しすぎるという声があがる。

講師陣の選抜はカルエゴ。無茶な試練で「ロイヤルワン」を学校側に取り戻そうと私情が入っているのでは指摘される。

しかし、カルエゴは叩き上げるのに適任な行使を厳粛に用意したまでだという。

水責めを受けるアガレスとガープ。なんとか水牢から脱出できたアガレスとガープ。

できない。やりすぎだと思っていた水牢を破り、でてきたアガレスとガープに涙を流して感動するウェパル。

魔界某スタジオでは、「召喚士として獣と心を通わすため」に魔獣の檻の中に閉じ込められたクロケルとカイム。

クロケルは、相手を知り尊重し敬意を持って愛を育む修行だったが、全く逆に成長する。クロケルは、魔獣たちに、その線よりこちらに絶対に入るなということを命令する。その命令を姿勢を硬直させて聞く魔獣たち。

ガープは、獣たちと戯れる。

シチロウに一撃を入れるアリスとサブノック | 引用元:魔入りました!入間くん 第101話 漫画:西修

シチロウに一撃を入れるアリスとサブノック | 引用元:魔入りました!入間くん 第101話 漫画:西修

シャックスは、ロビンにゲームで全く勝てない。ロビンは集中力が切れてきたからと手を抜いてあげるとあっさりと勝つシャックス。シャックスの集中力があがっていることに高揚するロビン。

アリスとサブノックは連携でシチロウに一撃を入れることに成功する。

イクスはライムに最高の素材と褒められる。しかし、クララはと見るとクララの姿が見えない。死角から抱きついてきたクララにきゅんとくるライム。クララの無垢だからこそ際立つ。

意外性の色気をクララに感じるライム | 引用元:魔入りました!入間くん 第101話 漫画:西修

意外性をクララに感じるライム | 引用元:魔入りました!入間くん 第101話 漫画:西修

講師陣にとって、今回の指導は査定。問題児クラスの面々が「4」に上がれる器ではないと判断すれば、即時撤退の手筈。しかし、生徒たちは素質、意外性、努力を示し、講師陣の想像を超えた。

面白いものが大好きな悪魔。気に入ったものに対しては、タガが外れる。しごきがいのある子供。それからの数週間、問題児クラス一同は地獄を見た。

いよいよ収穫祭が始まる。弱肉強食のサバイバル。カルエゴは楽しみにしていた。

アブノーマルクラスの特訓が完了し、収穫祭を楽しみにするカルエゴ | 引用元:魔入りました!入間くん 第101話 漫画:西修

問題児クラスの特訓が完了し、収穫祭を楽しみにするカルエゴ | 引用元:魔入りました!入間くん 第101話 漫画:西修

魔入りました!入間くん 第101話ネタバレ感想・考察まとめ

それぞれのパワーアップは気になるけど、やっぱり入間がどれだけ成長したか気になる。

入間なりの能力に成長してそうだし。

マンガボックス『魔入りました!入間くん』を読んで。

魔入りました!入間くん 概要

鈴木入間は14歳の少年。両親は鬼畜外道で、遊ぶ金欲しさに息子を悪魔に売り渡した。入間を購入した大悪魔・サリバンには妻子が無く、「孫になってくれ」と入間に懇願する。サリバンが理事長を務める魔界の学校に理事長の孫兼特待生として入間は入学し、人間であることを隠し、悪魔に交じって学園生活を送ることになる。さまざまなトラブルが入間に襲い掛かるが、苦労して育ったことによる素直で健気な性格で乗り越え、意図せずに学園内で交友関係を築きあげ、不本意ながら有名人になって行く。

魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。