名探偵コナン ゼロの日常 第30話ネタバレ感想『パン教室からサバイバル教室』

安室がパン教室の次は、サバイバル教室だと告げる | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第30話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

安室がパン教室の次は、サバイバル教室だと告げる | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第30話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

  • 名探偵コナン ゼロの日常 第30話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 名探偵コナン ゼロの日常 第30話ネタバレ感想・推理・推察・まとめ
  • 名探偵コナン ゼロの日常 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • 名探偵コナン ゼロの日常 概要
  • 名探偵コナン 概要
  • 名探偵コナン ゼロの日常を連載している『週刊少年サンデー』について

名探偵コナン ゼロの日常 第30話ネタバレストーリー・あらすじ

1年B組担任の小林が児童にパン教室が始まることを告げる。

講師は喫茶ポアロの榎本と安室と紹介。

マリアはコナンもこられてたらよかったのにというもたくまは生返事する。

坂本たくまと東尾マリア | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第30話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

坂本たくまと東尾マリア | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第30話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

榎本は、これから一次発酵をすませたパンの配るというと、児童から一次発酵の質問が飛び出してくる。榎本は簡単に説明をする。

安室は配られたパン生地を好きな形にこねてみようと児童に指導していく。

エプロンが見当たらないたくま。エプロンを忘れたたくまにエプロンを貸すマリア。

こね終わったから使ってと。たくまは気恥ずかしそうにマリアからエプロン受取る。

児童たちは出来上がった自分たちのパンにご満悦。マリアはお好み焼きみたいなパン。

マリアはたくまのパンの出来上がりを聞くと、たくまは自慢げに見せてくる。

サッカーボール?とマリアが聞くと、どうみてもサイコロだろというたくま。

たくまは、マリアがスゴロク好きだからとエプロン貸してくれたお礼にいいものをやるという。

パン教室後、食材や機材を運んで帰ろうとした安室が、マリアとたくまがどこかにいく姿を見かける。

秘密基地にマリアを案内するたくま | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第30話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

秘密基地にマリアを案内するたくま | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第30話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

たくまは、マリアをあるところに案内していた。

マリアは先生に近づいてはいけないといわれている倉庫にたくまが案内してることに不安を覚える。

おばけが出る噂だというと、たくまは怖くないから来いと倉庫の床の扉を開けて入って行く。

マリアは不安を抱いたままたくまについていく | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第30話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

マリアは不安を抱いたままたくまについていく | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第30話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

マリアは不安を払拭できないまま、たくまについていく。

たくまは倉庫の中の道具箱から12面体のサイコロを出してきた。卒業した上級生の忘れ物でもらったという。これをマリアにプレゼントするたくま。

そこに安室が誰かいるのかとたくまたちに声をかける。

安室は、秘密基地みたいだと褒めるもたくまは大人達入り禁止だという。

安室は、ここは前に閉じ込められた遺体が発見された事件があったから危ないから出ようという。

地震が起きて閉じ込められる | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第30話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

地震が起きて閉じ込められる | 引用元:名探偵コナン ゼロの日常 第30話 漫画:新井隆広 原案協力:青山剛昌

安室は、たくまとマリアに手を差し伸べるために床倉庫の階段を下りた直後、地震が起こる。

たくまとマリアに床に伏せてととっさに指示を出す。

地震は収まったものの、出入り口が塞がれ、閉じ込められた。

スマホで助けを呼ぼうとしたが圏外。

たくまはコナンたちがキャンプに行ってなければ助けにきてくれたのにとため息をつく。

マリアは自分が呪われているという。この前も祖父母の家でも閉じ込められたと涙を流す。

たくまは、マリアのせいじゃないと慰める。

真っ暗な倉庫の中で明かりが灯る。

安室がツナ缶を使ってランプを作った。

授業は延長。パン教室の次は、サバイバル教室だとたくまとマリアに告げる。

名探偵コナン ゼロの日常 第30話ネタバレ感想・推理・推察・まとめ

倉庫の中で密閉されたのなら空気の心配をしなければならないけど、もともとただの倉庫だったから通常だったら、それほど空気の心配をしなくてもいいだろう。

この状況でサバイバルというのは、救助がくるまで生き永らえることだろう。

今の状況で必要なのは、水、空気、食料の三つ。雨降って浸水してきたら脱出が最優先になるが、浸水がなければ、まずは水の確保が最優先だろう。

日差しもなしに水はどうやって集めるのだろうか。

週刊少年サンデー『名探偵コナン ゼロの日常』を読んで。

名探偵コナン ゼロの日常 登場人物・キャラクター一覧まとめ

安室 透
公安=降谷 零/探偵=安室 透/黒ずくめ=バーボン──の、トリプルフェイスをもつ男。 公安警察として日本を守るべく、普段は喫茶ポアロで働きながら「探偵見習い」として小五郎の弟子を務める。一方、黒ずくめの組織に潜入し、闇の世界を探ることも… 過去の因縁から赤井秀一に恨みを抱く。

ハロ
安室が家で飼う、元・野良犬。追跡能力に長けている様子。

榎本梓
喫茶ポアロで働くウェイトレス。お店の看板的存在で、安室の先輩。23歳。

風見裕也
安室(=降谷)の右腕とも言える公安警察官。苦手な食べ物はセロリ。

名探偵コナン ゼロの日常 概要

青山剛昌先生完全監修でお贈りする、[名探偵コナン]の人気キャラ・安室 透の公式スピンオフ!!
公安・探偵・黒ずくめの組織…3つの顔を持ち、闇と光をまとう男に隠された日常とは…!?

名探偵コナン 概要

ホームズに憧れる推理マニアの高校生。工藤新一がとある理由で小学生の体に!!小さな探偵が大活躍の奇想天外本格探偵アクション!
高校生探偵・工藤新一(くどう しんいち)は大人顔負けの推理力と洞察力を併せ持ち、「日本警察の救世主」とまで言われていた。

ある日、新一は幼なじみの毛利蘭(もうり らん)と遊園地に遊びに行くが[注 5]、そこで謎の組織の取引現場を目撃する。取引の模様を見るのに夢中になっていた新一は、組織のもう1人の仲間によって背後から殴り倒され、口封じのために劇薬を飲まされる。だが、組織も知らなかった薬の副作用によって神経を除いたすべての組織が退行し、小学1年生の体となってしまう。

新一は、自分が生きていることを組織に知られたら再び命を狙われ、周囲の人間も巻き添えにしてしまうと隣人の阿笠博士(あがさはかせ)から助言を受ける。そして、正体を隠して江戸川コナン(えどがわ コナン)と名乗り、蘭の父・毛利小五郎(もうり こごろう)が探偵であることから謎の組織の情報が得られると考え、蘭の家に居候する。

名探偵コナン ゼロの日常を連載している『週刊少年サンデー』について

『週刊少年サンデー』(しゅうかんしょうねんサンデー、WEEKLY SHONEN SUNDAY)は、小学館が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1959年に創刊。略称は 「サンデー」など。

本誌の傾向としては、特にラブコメディと恋愛漫画にノウハウと強みを持っていることが挙げられる。特に、中長期連載となった作品ではその傾向が強く見られる。また、主なジャンルがそれでなくても作中のエピソードなどで恋愛及びラブコメ的な要素を色濃く匂わせる作品も多い。

その一方で、少年漫画雑誌とは思えない社会を絡ませた重厚な内容の作品が掲載されることも時折見られる。

また、作品が打ち切りになった場合、『週刊少年ジャンプ』など他誌のように唐突に終了することは少なく、ある程度物語がまとまった形で終了させてくれる傾向にある。

少年漫画誌の中では読者の年齢層が高く、高校生以上の読者が全体の約6割を占めている。更にラブコメや恋愛漫画に強みを持っているため、少年誌でありながら女性の購読者が非常に多いことでも知られている。そのためか、他の少年誌と比べて女性漫画家が多いのも特徴である。