キングダム 第595話ネタバレ感想『飛信隊副歩兵長松左、朱海平原にて戦死』

松左の最後に立ち会えた信 | 引用元:キングダム 第595話 漫画:原泰久

松左の最後に立ち会えた信 | 引用元:キングダム 第595話 漫画:原泰久

  • キングダム 第595話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第595話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第595話ネタバレストーリー・あらすじ

徐肖は、キョウカイの背後を取り、背に槍を突き刺そうとする。

キョウカイを討ち取ったことを確信する徐肖だが、槍の上を滑って、徐肖の頭部を切断するキョウカイ。

キョウカイはそのまま地面に落ちる。

その機を逃すまいと徐肖の部下がキョウカイに槍を突き刺そうとする。

その部下達の攻撃もかわして返り討ちにするキョウカイ。

信たちはキョウカイの働きを無駄にしないように敵兵を斬って斬って斬りまくる。

チョウガリュウの精鋭部隊の土雀が飛信隊を包囲していたのに逆に圧されている。このままでは、チョウガリュウ軍の主力である土雀を失ってしまう。

チョウガリュウは考えていた。この時代の蓁の暴挙を止めべく放たれた矢ではなかったのかと自問する。偉大なる主・リンショウジョは何か違う意図で我らをここに送ったのかもしれないと考えるチョウガリュウ。

チョウガリュウは、部下を引き連れ移動を始める。

飛信隊は、土雀の包囲を受けて、返り討ちにした。キョウカイはどこだと信が叫ぶと、なんとか無事だと田有が、キョウカイを抱きかかえて信のところに戻ってくる。

力を使いきって気を失っている。

田有も背中に刃が突き刺さっている。田有はキョウカイに比べたらなんでもないという。

ガロが、キョウカイが生きていてよかったがチョウガリュウの姿が消えてマズイという。

チョウガリュウが撃てなければ、ここまでの奮戦が無駄にというも楚水は無駄にはならないという。チョウガリュウの主力を潰した。これは飛信隊対チョウガリュウ軍の勝敗を決するほどの戦果。ただし、元三大天の片腕だったというチョウガリュウがこのまま引き下がるとも思えない。

立て直しを狙ってくる。立て直すなら違う場所に本陣を置き、失った指揮系統を復活させる。その本陣は後ろに森のどこかだろうという。探し出すしかないと信は以降とするもナキは捜索はナキ一家でいくという。少数のほうが気づかれない。逃げと隠れの専門家の自分たちがいくという。

その時、後方の崇原歩兵団からの伝達者がやってくる。少しだけ後ろの崇原歩兵団に信に来て欲しいという。この大事な時に後退できないというも信は事情を聞く。誰かが倒れたことを察する。

崇原が松左を抱きかかえ、苦しいかと聞くと少し楽になったと受け答えする。

死が近づいていること察した干斗は地面に頭をぶつけながら松左に謝る。

松左は、干斗に自分の槍を託す。もらえないという干斗に崇原は、そこは違うという。

干斗は、松左の槍を使いこなすようになると近い、松左の槍を受取る。

松左は飛信隊のことを最高だといい、崇原は同意する | 引用元:キングダム 第595話 漫画:原泰久

松左は飛信隊のことを最高だといい、崇原は同意する | 引用元:キングダム 第595話 漫画:原泰久

松左は、崇原の手を握り、楽しかったと思いでにふける。信はこれないのかと涙を流す崇原。

そこに馬が走ってくる。

馬から飛び降り、松左に駆け寄る信。立つ力もないはずの松左が立ち上がり、信に倒れこむ。

飛信隊副歩兵長松左、朱海平原にて戦死。

キングダム 第595話ネタバレ感想・まとめ

キョウカイが倒れたときは、田有が抱っこして連れてくるというのが定番になってるな。

もしかして、キョウカイと田有ができてしまうのか。

気絶したキョウカイを抱っこする田有 | 引用元:キングダム 第595話 漫画:原泰久

気絶したキョウカイを抱っこする田有 | 引用元:キングダム 第595話 漫画:原泰久

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。