魔入りました!入間くん 第102話ネタバレ感想『収穫祭開始直前』

特訓完了したアブノーマルクラスが登場 | 引用元:魔入りました!入間くん 第102話 漫画:西修

特訓完了したアブノーマルクラスが登場 | 引用元:魔入りました!入間くん 第102話 漫画:西修

  • 魔入りました!入間くん 第102話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔入りました!入間くん 第102話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 魔入りました!入間くん 概要
  • 魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

魔入りました!入間くん 第102話ネタバレストーリー・あらすじ

1年生最終実技「収穫祭」。弱肉強食の魔界において、食物の確保は最優先。悪魔としての狩猟本能をよびおこし、生を食らう姿こそ、美しい。

バビルスの裏側に巨大ジャングルを設置。柵とツルに囲われた戦場には沼地や岩場、洞窟など盛りだくさん。

今回の試験は個人戦。特技を活かして優勝を目指す。

ルーキーたちに準備はいいかと問うと叫ぶルーキーたち。

前年度の優勝者は、生徒会長アザゼル・アメリ。過去の優勝者もその後、着実にランクを上げ、魔界の英傑に成長。収穫祭はいわば有名悪魔の登竜門。

栄光への入り口は四つ。

今回の注目生徒。

最も近づいてはならない一年生ナフラ | 引用元:魔入りました!入間くん 第102話 漫画:西修

最も近づいてはならない一年生ナフラ | 引用元:魔入りました!入間くん 第102話 漫画:西修

奴に近づいたものは卒倒する噂の異臭を放つ口なしナフラ。

最も掟やぶりな一年生ドロドロ兄弟 | 引用元:魔入りました!入間くん 第102話 漫画:西修

最も掟やぶりな一年生ドロドロ兄弟 | 引用元:魔入りました!入間くん 第102話 漫画:西修

留年した最も掟やぶりな一年生ドロドロ兄弟。

一番二番な一年生オロバス・ココ | 引用元:魔入りました!入間くん 第102話 漫画:西修

一番二番な一年生オロバス・ココ | 引用元:魔入りました!入間くん 第102話 漫画:西修

本に集中したいので静かにと注意するのは入試も実技も筆記もすべて2位の生徒オロバス・ココ。

一番の期待株は、アブノーマルクラス。

アブノーマルクラスと聞いて、ドロドロ兄弟もオロバスも睨みつける。

アブノーマルクラスは1年生の主役。「ロイヤルワン」「ウォルターパーク」の活躍に他の実力者が嫉妬するのは当たり前。

ほんわかしているアブノーマルクラスは自由で気ままで、自分らでも勝てそうな雰囲気あるという。

そんな噂をしていれば、アブノーマルクラスの面々が登場する。

しかし、ほんわかしていない。すでにボロボロだけど、気迫に満ちたアブノーマルクラスの面々が現れる。

バチコも入間を送り出す。

魔入りました!入間くん 第102話ネタバレ感想・考察まとめ

個人戦で、優勝者は一人ということは、最終的には、入間はアブノーマルクラスの仲間とも戦わなければならないということになるということか。

戦えるのか。いや、ドッチボールのときも真剣に向き合っていたし、真剣に立ち向かえるのだろう。

注目生徒を紹介されたけど、今後の活躍はあるのか。それとも今回のみか。

マンガボックス『魔入りました!入間くん』を読んで。

魔入りました!入間くん 概要

鈴木入間は14歳の少年。両親は鬼畜外道で、遊ぶ金欲しさに息子を悪魔に売り渡した。入間を購入した大悪魔・サリバンには妻子が無く、「孫になってくれ」と入間に懇願する。サリバンが理事長を務める魔界の学校に理事長の孫兼特待生として入間は入学し、人間であることを隠し、悪魔に交じって学園生活を送ることになる。さまざまなトラブルが入間に襲い掛かるが、苦労して育ったことによる素直で健気な性格で乗り越え、意図せずに学園内で交友関係を築きあげ、不本意ながら有名人になって行く。

魔入りました!入間くんを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。