彼岸島 48日後… 第198話ネタバレ感想『ドームで開催している吸血鬼たちの武闘会』

ドームの天井に吊るされている勝次を発見する | 引用元:彼岸島 48日後… 第198話 漫画・松本光司

ドームの天井に吊るされている勝次を発見する | 引用元:彼岸島 48日後… 第198話 漫画・松本光司

  • 彼岸島 48日後… 第198話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 彼岸島 48日後… 第198話ネタバレ感想・まとめ
  • 彼岸島 48日後… 概要
  • 彼岸島 48日後…を連載している『週刊ヤングマガジン』について

彼岸島 48日後… 第198話ネタバレストーリー・あらすじ

東都ドームに到着した明たち。

外からでも中の歓声が聞えてくる。中にはどれだけの吸血鬼がいるのだろうという鮫島。

恐れ涙を流すネズミ。

明たちは、イカダを隠してドーム敷地内に上陸する。

ドームを目の前にしてネズミは、入るのをやめようと言い出す。

ユカポンにもイカダで待っていようというと、ユカポンは悲しい顔をしている。

そして、ユカポンは涙を流し始める。

泣き出したユカポンに慌てふためくネズミ。

ボロボロのドームを見てアイドル時代にドームを目指していたことを思い出して涙するユカポン | 引用元:彼岸島 48日後… 第198話 漫画・松本光司

ボロボロのドームを見てアイドル時代にドームを目指していたことを思い出して涙するユカポン | 引用元:彼岸島 48日後… 第198話 漫画・松本光司

ユカポンは、アイドル時代、みんなでドームでライブやるのを目標に必死で頑張ってきた。それが、このボロボロのドームを見ていたら、もう夢は一生かなわないと思うと気持ちがこみ上げてきた。それでもユカポンは元気だからと取り繕ってみせる。恥かし隠しに明を追っていく。

ネズミは、大好きなユカポンの夢をズタズタにした吸血鬼たちを、初めて心から憎いと思ったという。

ユカポンの夢を引き裂いた吸血鬼たちに憎しみを抱くネズミ | 引用元:彼岸島 48日後… 第198話 漫画・松本光司

ユカポンの夢を引き裂いた吸血鬼たちに憎しみを抱くネズミ | 引用元:彼岸島 48日後… 第198話 漫画・松本光司

ドームの建物に入っても吸血鬼の姿は見えない。

よっぽど戦いに集中しているんだろう。吸血鬼の武闘会。

ドームで開催している吸血鬼たちの武闘会 | 引用元:彼岸島 48日後… 第198話 漫画・松本光司

ドームで開催している吸血鬼たちの武闘会 | 引用元:彼岸島 48日後… 第198話 漫画・松本光司

会場にいくと、観客席は吸血鬼で満席。大歓声の中、中央には鎖に繋がれたオニが数匹とそれと闘う吸血鬼たちがいた。

一人の吸血鬼が向かうがオニに簡単に弾き飛ばされ、食べられる。

オニを倒せた者のみ、本戦に参加できる仕組みで今闘っているのは予選のようだった。

オニに勝てる吸血鬼なんていないだろうと考えていたが、中にはオニを倒す吸血鬼も現れる。

明は、そんな吸血鬼の娯楽には興味はなく、勝次の姿を探していた。

大会の景品なら会場のどこかにいるはず。

ドームの天井に何かぶら下がっているのを見つける。檻がぶら下がっている。その檻の中に勝次の姿を発見する明。

彼岸島 48日後… 第198話ネタバレ感想・まとめ

今回、案内すると豪語していた佐吉が一言もしゃべってないけど、裏切りフラグじゃないよね?

ユカポンの夢を打ち砕いた吸血鬼を憎いと思っても倒す力はないだろうから、結局金魚のフンのままなのだろうか。それとも覚醒しちゃうのか。

週刊ヤングマガジン『彼岸島 48日後…』を読んで。

彼岸島 48日後… 概要

『彼岸島』『彼岸島 最後の47日間』につづく3rdシリーズの幕が上がった!
雅によって吸血鬼ウィルスがまかれ、日本が血に飢えた化け物の国となってしまった。生き残った人たちは、いつ襲って来るかわからない吸血鬼に怯え、暮らしていた。そんな中、人間たちの間である男の噂が流れる。
「吸血鬼どもを斬りまくるとてつもなく強い男がいる」と‥‥。
果たして人間たちに吸血鬼どもを駆逐する逆襲の一手があるのか!?
新たな戦いが今、始まる!!

彼岸島 48日後…を連載している『週刊ヤングマガジン』について

『週刊ヤングマガジン』(しゅうかんヤングマガジン)は、講談社が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。1980年6月23日創刊。略称は「ヤンマガ」、「週刊ヤンマガ」、「YM」、「週刊YM」。創刊時編集長は宮原照夫。発売日は毎週月曜日。掲載作品の単行本は、ヤングマガジン系列専用の総合レーベル「ヤンマガKC」より刊行されている。

姉妹誌として、『月刊ヤングマガジン』(隔月刊誌『別冊ヤングマガジン』より2009年にリニューアル)がある。現行の増刊誌として、2014年9月5日創刊の『ヤングマガジンサード』がある。過去に発行されていた増刊については「増刊号」節、姉妹誌については「姉妹誌」節、漫画アプリ及びWEBコミックサイトについては「漫画アプリ・WEB連載」節を参照。