六道の悪女たち 第136話ネタバレ感想『女装しても針蔵の悪女軍団に追われる六道』

センターカラー 不良のオールスター | 引用元:六道の悪女たち 第136話 漫画:中村勇志

センターカラー 不良のオールスター | 引用元:六道の悪女たち 第136話 漫画:中村勇志

  • 六道の悪女たち 第136話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 六道の悪女たち 第136話ネタバレ感想・まとめ
  • 六道の悪女たち 概要
  • 六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

六道の悪女たち 第136話ネタバレストーリー・あらすじ

針蔵高校では、自分たちがクロムサムから狙われていることが続いていることから意気消沈していた。

そこに、女装した六道たちを連れて風乃、雷乃が帰ってくる。

風乃、雷乃が連れてきた女装した六道たちを亞森の連中じゃないかと疑う針蔵の生徒たち。

風乃は、対クロムサムに協力してくれる仲間だという。

対クロムサムに協力してくれる仲間として針蔵に紹介される六道たち | 引用元:六道の悪女たち 第136話 漫画:中村勇志

対クロムサムに協力してくれる仲間として針蔵に紹介される六道たち | 引用元:六道の悪女たち 第136話 漫画:中村勇志

オタクとガキと女でクロムサムに戦えるわけがないと思う針蔵の生徒たち。

強さは保証すると風乃は、番長に証明させる。番長は金属バットを殴ってへし曲げる。

番長の腕力を見て、針蔵の生徒の反応は一変し、一気に歓迎ムードとなる。

針蔵の生徒たちは、これで亞森を倒せると喜ぶ。

番長が、針蔵の生徒に亞森を嫌っていることを聞くとライバル心を燃やしていることを知る。

亞森には強いやつが揃ってるから調子に乗っているという。

ターミネーターと針蔵で噂される乱奈 | 引用元:六道の悪女たち 第136話 漫画:中村勇志

ターミネーターと針蔵で噂される乱奈 | 引用元:六道の悪女たち 第136話 漫画:中村勇志

まずは番長の幼田小百合。次に飯沼波瑠也。香島と真澄も強い。さらによくわからない金髪のスケバンも強い。一説によるとターミネーターじゃないかという話だと針蔵の生徒は口々にする。

針蔵は、意外と可愛い女子が多いという。女装した六道を求めて女子高生が走ってくる。

針蔵の悪女軍団に追われる六道。

針蔵の美女悪女軍団に追いかけられる女装した六道 | 引用元:六道の悪女たち 第136話 漫画:中村勇志

針蔵の美女悪女軍団に追いかけられる女装した六道 | 引用元:六道の悪女たち 第136話 漫画:中村勇志

そこに岡森が一喝し、悪女軍団を退散させる。

岡森は、六道たちを怪しむ。

六道の悪女たち 第136話ネタバレ感想・まとめ

自分の学校のものでもない人間で、しかも名も馳せていないやつが抗争の役に立つかを考えるのは、この手の漫画の世界だと打倒ではないだろうか。

週刊少年チャンピオン『六道の悪女たち』を読んで。

六道の悪女たち 概要

不良だらけの亞森高校に通う六道桃助は、普通の学園生活を夢見る臆病な少年で、同じいじめられっ子友達の大佐、課長とグチをこぼす日々を送っていた。そんなある日、六道の死んだ祖父から六道宛てに巻物が送られてくる。巻物が光り、六道の額に五芒星のマークを刻み付けると、六道は問答無用で「悪女」に愛される体質になってしまった。六道は校内外のさまざまな悪女、そして最強最悪とも呼ばれるスケバン向日葵乱奈に惚れられることになる。当初は乱奈を利用すれば平和な学園生活を送れるかもしれないと考えていた六道だったが、不良にボロボロにされても自分との約束を守る乱奈に「漢気」を感じ、自分も漢気を見せなければならないと決意する。

六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。