キングダム 第596話ネタバレ感想『松左の悲報を受けて涙する飛信隊』

ギョウウンの不安 | 引用元:キングダム 第596話 漫画:原泰久

ギョウウンの不安 | 引用元:キングダム 第596話 漫画:原泰久

  • キングダム 第596話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第596話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第596話ネタバレストーリー・あらすじ

倒れた松左を取り囲み涙を流す仲間たち。

渕の隊にも松左の悲報が届く。尾平は信じられないでいた。

尾平は、伝令者に嘘だと言えと泣きつく。

松左の悲報は飛信隊本陣の河了貂にも伝えられる。

河了貂は膝を落とすも悲しむのは後だと耐える。今は、敵主力がなくなって攻め時。想定していたよりも後軍の被害が少ない。松左が無理して助けたのだろうと考える河了貂。

自分が無理させたと泣く河了貂。河了貂は少しだけと泣きを入れる。そんな河了貂を戦は待ってくれない。前線より急報。

奥の森へ逃げたチョウガリュウの居場所を発見しそう。崇原歩兵団のところまで下がっていた信隊長も前線に戻って、これからチョウガリュウを討ちに行く。

河了貂は、信に託す。

松左の悲報に涙する飛信隊 | 引用元:キングダム 第596話 漫画:原泰久

松左の悲報に涙する飛信隊 | 引用元:キングダム 第596話 漫画:原泰久

前線に戻った信は、みんなから松左が亡くなったのかと確認され、亡くなったとはっきりと応えた。

信は、松左は自分の腕の中で死に、みんなの分まで泣いてきた。だから泣くなと田永に言う。

キョウカイが騎馬に乗っていることを指摘する信。キョウカイは信よりも動けるからとチョウガリュウを討ちにいくことを曲げない。松左はいいやつだったとキョウカイも悲しむ。信も同意する。

チョウガリュウを討つことを松左に誓う飛信隊 | 引用元:キングダム 第596話 漫画:原泰久

チョウガリュウを討つことを松左に誓う飛信隊 | 引用元:キングダム 第596話 漫画:原泰久

信は空を見上げ、松左にこの戦いの行方を見届けてほしいと願い、飛信隊は進軍を開始する。

ギョウウンの本陣では、チョウガリュウの劣勢の報を受け、ギョウウンが何故チョウガリュウほどの男が追い詰められているのかと疑問に思う。

ギョウウンの精鋭部隊が飛信隊に攻め込もうとするも玉鳳隊がそれを防ぐ。しかし、玉鳳隊がとめられているのも時間の問題。

飛信隊は、森に隠れたチョウガリュウの本陣に食らいついていた。

ナキ隊は、チョウガリュウがバナンジ側への道を塞いでいる。

飛信隊に攻め込まれながらもチョウガリュうは過去を思い出していた。

主・リンショウジョと会話したことを。

リンショウジョは、中華についての話をチョウガリュウとギョウウンにしていた。

キングダム 第596話ネタバレ感想・まとめ

リンショウジョの話をチョウガリュウもギョウウンも聞いていたということは、ギョウウンとチョウガリュウの認識は一緒だと思うが、チョウガリュウの解釈が一部変わったということだろうか。ギョウウンが思っていることと違うことをチョウガリュウがやろうとしているのか。

リンショウジョの言った中華についてとはどういう話だったのだろう。

前線に来たということはチョウガリュウは信と対話するつもりなのか。

チョウガリュウの決意 | 引用元:キングダム 第596話 漫画:原泰久

チョウガリュウの決意 | 引用元:キングダム 第596話 漫画:原泰久

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。