賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第315話ネタバレ感想『カイジの実家に突入する遠藤』

問題は破壊音がするチェーンロック | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第315話 漫画・福本伸行

問題は破壊音がするチェーンロック | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第315話 漫画・福本伸行

  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第315話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第315話ネタバレ感想・まとめ
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 登場人物・キャラクターまとめ
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編 概要
  • 賭博堕天録カイジ 24億脱出編を連載している『週刊ヤングマガジン』について

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第315話ネタバレストーリー・あらすじ

向かいの棟のベランダから人影が消えるのを待つ見張り。

遠藤たちはその時を車の中で待機する。

拉致班が昇降口にたどり着き、中に姿を消す。

その瞬間を見られなければ、突入はなかったも同じ。

ひいては拉致もなかったも同じ。合図があった。

決行。車の中で待機していた遠藤他三名が車から飛び出し、昇降口に走って5秒で消える。

成功。

合図役は一安心。合図役は、この昇降口を使うものがあれば連絡をするだけ。仕事の9割終了。

拉致班は、開口部のある踊り場を屈んで進み、一目に触れることなく三階へ。予定通りにたどり着く。

カイジの実家のドアの前までやってくる拉致班・遠藤 | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第315話 漫画・福本伸行

カイジの実家のドアの前までやってくる拉致班・遠藤 | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第315話 漫画・福本伸行

24億円強奪した篭城したカイジまで、あともう少し。

ピッキングを開始。

ピッキング後のチェーンロックが問題。強力ペンチがあるので切断することは問題ないが、無音というわけにはいかない。その物音にカイジが気がつけば、ひと騒動になりかねない。

できることなら避けたい。近隣からの通報になりかねない。

遠藤は、カイジがチェーンロックなどしないと踏んでいた。

なぜなら、母親が出た後、チェーンロックをするということは母親が帰ってきた時、ノックでカイジに帰宅を知らせ、チェーンロックを外し招き入れることが必要になる。そのノック音を傍受班に気づかれたら問題。一人暮らしの母親が、帰宅の際にノックするのはおかしな行為。通常ありえない話。

他にも知り合いなり、セールスマンがノックしたならカイジがチェーンロックを外しドアを開ける。でも別人で慌てて閉めようして会話が生まれたら、母親不在のはずなのに話し声が傍受班に聞かれるのはマズイ。

傍受班の耳を誤魔化すためにチェーンロックはないと考える遠藤 | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第315話 漫画・福本伸行

傍受班の耳を誤魔化すためにチェーンロックはないと考える遠藤 | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第315話 漫画・福本伸行

よって、カイジはチェーンロックはしていないと考える遠藤。

ピッキング完了。ドアノブを静かにまわす。

ピッキングしてカイジ実家へ侵入 | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第315話 漫画・福本伸行

ピッキングしてカイジ実家へ侵入 | 引用元:賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第315話 漫画・福本伸行

ドアが開いた。チェーンロックはなし。ダイニングにもいない。

遠藤は理想的と考える。この幸運を活かす。ギリギリまで気づかずに居てもらうのが遠藤側のアドバンテージ。

風呂トイレのドア、奥の間二つ。拉致班がその前につき、いつでも踏み込める態勢が整うまでドアは閉めない。ドアを閉めるときにどうしても音がするから。ドアを閉めるのは、踏み込むのと同時。

遠藤は、拉致班の皆とアイコンタクトをかわし、突入する。

居間、ベッドの部屋、風呂トイレ、不在。

拉致班は、遠藤にカイジの姿はないと報告。

しかし、遠藤はいるという。

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 第315話ネタバレ感想・まとめ

まだ、風呂の浴槽の蓋を開けてみていないから、そこに遠藤はいると考える。

次のエピソードの第316話は、この風呂の蓋を開けるだけで終わりそう。

週刊ヤングマガジン『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』を読んで。

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 登場人物・キャラクターまとめ

伊藤カイジ
本作の主人公。自堕落な日々を過ごすフリーターだったが、数々のギャンブルに巻き込まれていく。和也とのワン・ポーカー対決に勝利し、24億円を得る。

兵藤和也
金融コンツェルン・帝愛グループの会長である兵藤和尊の息子。カイジとのワン・ポーカーの死闘に敗北。処刑されそうになったところを、カイジに救われる。

チャン
中国からの出稼ぎ労働者。和也が考案した「救出」ゲームに挑むも、光山に裏切られ、窮地に。カイジに命を救われ、ワン・ポーカーでは、逆にカイジの命を救う。

マリオ
フイリッピンからの出稼ぎ労働者。和也が考案した「救出」ゲームに挑むも、光山に裏切られ、窮地に。カイジに命を救われ、ワン・ポーカーでは、逆にカイジの命を救う。

光山
チャン、マリオと「救出ゲーム」に挑む。最後は二人を裏切り、二人を見殺しにする代わりに7千万円を得る。

坂崎孝太郎
第2シリーズ『賭博破戒録カイジ』で、カイジと組んで、裏カジノのパチンコ一発台「沼」を攻略した仲間。その後、堕落したカイジに愛想を尽かし、縁を切った。

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 概要

帝愛グループ会長・兵藤和尊の息子・和也との1対1の大勝負「ワン・ポーカー」を制し、24億もの大金を手に入れたカイジ。帝愛の追っ手たちから逃れ、無事24億を我が物にできるのか!? 共に戦ったチャン、マリオと共に、カイジらが繰り広げる前代未聞の脱出行!

賭博堕天録カイジ 24億脱出編を連載している『週刊ヤングマガジン』について

『週刊ヤングマガジン』(しゅうかんヤングマガジン)は、講談社が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。1980年6月23日創刊。略称は「ヤンマガ」、「週刊ヤンマガ」、「YM」、「週刊YM」。創刊時編集長は宮原照夫。発売日は毎週月曜日。掲載作品の単行本は、ヤングマガジン系列専用の総合レーベル「ヤンマガKC」より刊行されている。

姉妹誌として、『月刊ヤングマガジン』(隔月刊誌『別冊ヤングマガジン』より2009年にリニューアル)がある。現行の増刊誌として、2014年9月5日創刊の『ヤングマガジンサード』がある。過去に発行されていた増刊については「増刊号」節、姉妹誌については「姉妹誌」節、漫画アプリ及びWEBコミックサイトについては「漫画アプリ・WEB連載」節を参照。