キングダム 第597話ネタバレ感想『信とチョウガリュウの対決』

信に全力で矛を振るチョウガリュウ | 引用元:キングダム 第597話 漫画:原泰久

信に全力で矛を振るチョウガリュウ | 引用元:キングダム 第597話 漫画:原泰久

  • キングダム 第597話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第597話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第597話ネタバレストーリー・あらすじ

チョウガリュウとギョウウンは、リンショウジョに戦いの中で中華について、敵と話したことをは覚えているかと聞かれ、王騎のことを思い出す。

王騎軍とリンショウジョ軍は小川を挟んで対峙していた。

ロクオミが小川で命拾いして運が良かったと罵ると、チョウガリュウはこれもリンショウジョが導いたと反論する。

リンショウジョは王騎と会って顔を見てみたかったという。

そんな王騎を無邪気だというリンショウジョ。

その無邪気さも、童のような瞳で中華を攻めまくる戦神と言われている王からきているという。

その無邪気さで、王騎をここまで強くしていることは間違いないが、それだけで届かぬというリンショウジョ。

中華はまだ熟しきれていないという。そう兜を脱いだリンショウジョに鱗坊が槍を投げつける。

鱗坊の槍はチョウガリュウがはじき、代わりにギョウウンが槍を王騎に投げつける。その槍は、騰によってはじかれる。

何故か、しでかした鱗坊ではなくロクオミを叱る王騎。

リンショウジョは構わず話をつづける。

王騎とリンショウジョの会話 | 引用元:キングダム 第597話 漫画:原泰久

王騎とリンショウジョの会話 | 引用元:キングダム 第597話 漫画:原泰久

自分たちがやっていることに意味がないわけではない。逆に自分たちにも重要な役割がある。王騎は、自分たちが中華を熟させる役割かと聞く。

人は、思いをつむいでいける生き物。苦しみも悲しみも喜びも、ずっとつながっている。王騎は、リンショウジョが何を言いたいのかと聞く。リンショウジョは、中華はかの日がくるのを待っているという。

王騎軍の援軍の足音が近づいてくる。

リンショウジョ軍は撤退する間際、王騎に武運を祈れとという。自分も祈ると。

王騎は誰の武運かと聞く。リンショウジョは誰のだろうなと意味ありげに去っていく。

信の前に立つチョウガリュウ。

チョウガリュウは、リンショウジョの言葉を思い出していた。

リンショウジョがチョウガリュウとギョウウンに伝えた二つのこと | 引用元:キングダム 第597話 漫画:原泰久

リンショウジョがチョウガリュウとギョウウンに伝えた二つのこと | 引用元:キングダム 第597話 漫画:原泰久

争いにうんざりしている中華はひとつになりたがっている。いずれ機が熟すときがくるだろうが、そこで失敗すれば、永劫に中華は分裂したままで、延々と戦い続けるやもしれぬ。

願わくば、一つに。趙の手によって成したいところだが、その剣は他国の手にあるやもしれん。ここから先は、いつもの世迷言だといい、心の片隅に置いておけといういうリンショウジョ。

伝えておきたいことが二つある。

一つ目は、その剣を手にする敵に出会ったときは、全てをかけてそいつを始末しろ。その時、チョウガリュウとギョウウンが背負うもの全てをぶつけて、打ち砕け。

キングダム 第597話ネタバレ感想・まとめ

二つ目は、なんだ。

リンショウジョは、中華統一を願っていて、それが最悪、趙でなくてもいいと思っているのなら、打ち砕けなかったら助けろということだろうか。

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。