六道の悪女たち 第137話ネタバレ感想『女装した六道に恋する岡森』

桃子に女装する六道に恋をする岡森 | 引用元:六道の悪女たち 第137話 漫画:中村勇志

桃子に女装する六道に恋をする岡森 | 引用元:六道の悪女たち 第137話 漫画:中村勇志

  • 六道の悪女たち 第137話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 六道の悪女たち 第137話ネタバレ感想・まとめ
  • 六道の悪女たち 概要
  • 六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

六道の悪女たち 第137話ネタバレストーリー・あらすじ

女装する六道たちを怪しむ岡森。

岡森は、六道たちの名前を聞く。

飯沼はハルオ。番長はヨースケ。六道は桃子。

部下達は、菫姉弟の仲間だから大丈夫だというも岡森は納得できない。

岡森は窓を開けて、外をキョロキョロと見ている。飯沼は、何しているのかと部下に聞くと、

岡森は何に対してもビビらない豪快な男だったが、鬼島連合に攻め込まれたとき針蔵はボロボロにやられた。それ以来、岡森は自分の周りにも心配性な男になった。飯沼は別にいいことじゃないかというも、心配性すぎてみんなからウザがられているという。

針蔵の番長としての責任があるという岡森 | 引用元:六道の悪女たち 第137話 漫画:中村勇志

針蔵の番長としての責任があるという岡森 | 引用元:六道の悪女たち 第137話 漫画:中村勇志

岡森は、疑っているのは自分のポリシーだから、とりあえず話を聞くという。鬼島連合に攻め込まれたとき初めて恐怖を感じた。自分の警戒心のなさでみんなに怪我をさせた。ビビリだと嫌われたって、針蔵を守る責任があるという。

この番長ならわかってくれるかもしれない。幼田は、亜森高校と手を組む話を切り出すも速攻で断る岡森。

亜森に負けを認めたら、それはもう針蔵じゃない。それだけは譲れないという。

幼田は、岡森の意思を尊重し、亜森と関わらずに守ろうという。

桃子が参戦することを拒否する岡森 | 引用元:六道の悪女たち 第137話 漫画:中村勇志

桃子が参戦することを拒否する岡森 | 引用元:六道の悪女たち 第137話 漫画:中村勇志

岡森は、桃子はダメだという。強いとか関係なくダメだという岡森。桃子のような可愛い女の子を戦いに巻き込むわけにはいかないと六道の手を取る岡森。

岡森は女装した六道に惚れた。

雷乃が岡森にとび蹴りを入れる。

雷乃は桃子はダメだというと、岡森は付き合っている男がいるのかと聞く。いないというと、岡森はフラれることにビビらない、付き合ってくれと六道に告白する岡森。

雷乃はそれでもダメ。私が付き合ってるからと叫ぶ。男装するのは桃子と付き合ってるからだという

六道の悪女たち 第137話ネタバレ感想・まとめ

桃子がピンチになった岡森が火事場のクソ力みたいなパワーで助けてくれて、針蔵を中心としてクロムサムの問題を解決しちゃうという流れだろうか。いや、女が絡んできてないから、亞森の新入生の女の子と岡森が恋に落ちて、亜森と針蔵が仲良くなるということだろうか。

週刊少年チャンピオン『六道の悪女たち』を読んで。

六道の悪女たち 概要

不良だらけの亞森高校に通う六道桃助は、普通の学園生活を夢見る臆病な少年で、同じいじめられっ子友達の大佐、課長とグチをこぼす日々を送っていた。そんなある日、六道の死んだ祖父から六道宛てに巻物が送られてくる。巻物が光り、六道の額に五芒星のマークを刻み付けると、六道は問答無用で「悪女」に愛される体質になってしまった。六道は校内外のさまざまな悪女、そして最強最悪とも呼ばれるスケバン向日葵乱奈に惚れられることになる。当初は乱奈を利用すれば平和な学園生活を送れるかもしれないと考えていた六道だったが、不良にボロボロにされても自分との約束を守る乱奈に「漢気」を感じ、自分も漢気を見せなければならないと決意する。

六道の悪女たちを連載している週刊少年チャンピオンについて

『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。

過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少なくなっている。新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。