七つの大罪 最新刊コミックス第36巻 4月17日(水)発売

七つの大罪 最新刊コミックス第36巻 4月17日(水)発売 | 引用元:七つの大罪 最新刊コミックス第36巻 4月17日(水)発売 漫画:鈴木央

七つの大罪 最新刊コミックス第36巻 4月17日(水)発売 | 引用元:七つの大罪 最新刊コミックス第36巻 4月17日(水)発売 漫画:鈴木央

  • 七つの大罪 最新刊コミックス第36巻 4月17日(水)発売
  • 七つの大罪 概要
  • 七つの大罪を連載している『週刊少年マガジン』について

七つの大罪 最新刊コミックス第36巻 4月17日(水)発売

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

目醒めるな、メリオダス! 新魔神王誕生10分前の死闘!!
決壊したゴウセルの禁呪。そして、顕現した〈原初の魔神〉。天使長は地に臥し、〈傲慢〉な「太陽」すら翳り、世界は闇に閉ざされるのか──。だが、希望は彼方より飛来する。
友を、団長を救うため、参集する〈大罪〉六人。渾沌たる聖戦の帰趨は彼らに託された!!

七つの大罪 概要

人間と人間ならざる種族の世界が分かたれていなかった古の時代、ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人から組織された伝説の騎士団〈七つの大罪〉の戦いを描く。

七つの大罪を連載している『週刊少年マガジン』について

『週刊少年マガジン』(しゅうかんしょうねんマガジン)は、講談社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)、鈴木央(『週刊少年ジャンプ』、『週刊少年サンデー』、『週刊少年チャンピオン』)、大久保篤(『月刊少年ガンガン』)、雷句誠(『週刊少年サンデー』)、大高忍(『ヤングガンガン』、『週刊少年サンデー』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。