彼岸島 48日後… 第201話ネタバレ感想『カメレオンvs狐男』

オニの顔を切断する明 | 引用元:彼岸島 48日後… 第201話 漫画・松本光司

オニの顔を切断する明 | 引用元:彼岸島 48日後… 第201話 漫画・松本光司

  • 彼岸島 48日後… 第201話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 彼岸島 48日後… 第201話ネタバレ感想・まとめ
  • 彼岸島 48日後… 概要
  • 彼岸島 48日後…を連載している『週刊ヤングマガジン』について

彼岸島 48日後… 第201話ネタバレストーリー・あらすじ

明は、狐の面で正体を隠し、吸血鬼の武闘会に参加した。

カメレオンvs狐男。

オニと対峙している会場にいるのは明だけだった。

観客席の吸血鬼たちは、狐の面をした者にブーイングを送る。

顔を隠してすかしているのが気に入らないらしい。

正体を見せろと叫ぶ吸血鬼たち。

しかし、明は怯まない。前に進む明に、カメレオンのオニに瀕死の重傷を負わされて倒れている吸血鬼が明に忠告する。

明に助言した吸血鬼が踏み潰されてしまう | 引用元:彼岸島 48日後… 第201話 漫画・松本光司

明に助言した吸血鬼が踏み潰されてしまう | 引用元:彼岸島 48日後… 第201話 漫画・松本光司

このオニは強すぎる。待っていれば、普通のオニに代えてもらえるという。

しかし、その吸血鬼もオニのよって踏み潰される。

明に近づくオニ。

佐吉は鮫島に止めようというも、今更何もできない鮫島。

カメレオンが明を食らいにくる。大きな口を開けて、明を頭から食べようとしている。

襲い掛かるカメレオンのくちばし部分を一太刀で切断する明。

強いオニが一撃で倒れた。

それを見た観客席の吸血鬼たちは、歓声を上げる。

ブーイングだった観客席の吸血鬼が掌返しで明に声援を送る | 引用元:彼岸島 48日後… 第201話 漫画・松本光司

ブーイングだった観客席の吸血鬼が掌返しで明に声援を送る | 引用元:彼岸島 48日後… 第201話 漫画・松本光司

ブーイングの嵐だった吸血鬼たちが掌をひっくり返したように、狐面の男を最高だと声を張り上げる。

明が後ろを向いたとき、オニは立ち上がる。口先を切断されても立ち上がり叫び、明を踏み潰そうとする。

明は、振り向き様に踏みつけようとしたオニの足を切断。明はそのまま飛び上がり、オニの首を切断する。

首を跳ねたことでもう立ち上がらないだろうと安堵する鮫島。

彼岸島 48日後… 第201話ネタバレ感想・まとめ

明の刀による切断力はハンパない。

週刊ヤングマガジン『彼岸島 48日後…』を読んで。

彼岸島 48日後… 概要

『彼岸島』『彼岸島 最後の47日間』につづく3rdシリーズの幕が上がった!
雅によって吸血鬼ウィルスがまかれ、日本が血に飢えた化け物の国となってしまった。生き残った人たちは、いつ襲って来るかわからない吸血鬼に怯え、暮らしていた。そんな中、人間たちの間である男の噂が流れる。
「吸血鬼どもを斬りまくるとてつもなく強い男がいる」と‥‥。
果たして人間たちに吸血鬼どもを駆逐する逆襲の一手があるのか!?
新たな戦いが今、始まる!!

彼岸島 48日後…を連載している『週刊ヤングマガジン』について

『週刊ヤングマガジン』(しゅうかんヤングマガジン)は、講談社が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。1980年6月23日創刊。略称は「ヤンマガ」、「週刊ヤンマガ」、「YM」、「週刊YM」。創刊時編集長は宮原照夫。発売日は毎週月曜日。掲載作品の単行本は、ヤングマガジン系列専用の総合レーベル「ヤンマガKC」より刊行されている。

姉妹誌として、『月刊ヤングマガジン』(隔月刊誌『別冊ヤングマガジン』より2009年にリニューアル)がある。現行の増刊誌として、2014年9月5日創刊の『ヤングマガジンサード』がある。過去に発行されていた増刊については「増刊号」節、姉妹誌については「姉妹誌」節、漫画アプリ及びWEBコミックサイトについては「漫画アプリ・WEB連載」節を参照。