ゴールデンカムイ 第190話ネタバレ感想『キロランケ死す』

キロランケ死す | 引用元:ゴールデンカムイ 第190話 漫画:野田サトル

キロランケ死す | 引用元:ゴールデンカムイ 第190話 漫画:野田サトル

  • ゴールデンカムイ 第190話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ゴールデンカムイ 第190話ネタバレ感想・まとめ
  • ゴールデンカムイ 概要
  • ゴールデンカムイを連載している無料WEBマンガ『週刊ヤングジャンプ』について

ゴールデンカムイ 第190話ネタバレストーリー・あらすじ

キロランケと鯉登の刺し合い。

キロランケは鯉登に馬乗りになり、刀を突き立てる。鯉登は左腕を犠牲にして刃を受ける。

鯉登の刀をキロランケの首に目掛けて刺す。キロランケは、手で刃を受けながら致命傷を回避する。

キロランケは、鯉登の腕に刺さった刀を更に押し、そのまま鯉登の胸に突き刺そうとする。刃の切っ先が鯉登の胸を抉り出す。

その時、銃弾がキロランケを襲う。

銃弾に倒れるキロランケ | 引用元:ゴールデンカムイ 第190話 漫画:野田サトル

銃弾に倒れるキロランケ | 引用元:ゴールデンカムイ 第190話 漫画:野田サトル

谷垣たちの援護だった。倒れるキロランケ。

血まみれになった鯉登は手出し無用だと、自分の銃を取りに行く。谷垣がキロランケを見張ろうとした時、キロランケは手榴弾のピンを抜き、鯉登に投げつける。

手榴弾のピンを抜くキロランケ | 引用元:ゴールデンカムイ 第190話 漫画:野田サトル

手榴弾のピンを抜くキロランケ | 引用元:ゴールデンカムイ 第190話 漫画:野田サトル

鯉登は、空中に放り投げられた手榴弾の下半分を刀で切断する。爆発は免れた。

谷垣にキロランケを撃つように指示を出すもアシリパが待ってと駆けつけてくる。

アシリパはキロランケに聞かなければならないことがあるから撃つなという。

キロランケは、ソフィアとウイルクの話、アシリパの中にカギがあるという。アシリパは、キロランケの出血を見て助からないと悟る。

アシリパは、さっき全部思い出した。アチャが教えてくれたことだったという。

キロランケはそれを聞いて、安らかな顔になる。

この旅は無駄ではなかった。

ここまでアシリパを連れてきたのは、無駄じゃなかった。

いや結構無駄なことをした。

キロランケはアシリパに後を託す。「俺たち」のためにソフィアを。

アシリパは、キロランケニシパがアチャを始末したというのは本当かと聞くもキロランケはもう。。。

ゴールデンカムイ 第190話ネタバレ感想・まとめ

キロランケいってしまったか。最後に、無駄なことをしたといいつつも心の中では微笑ましく思っているだろう。幸せな最後だったのではないか。

週刊ヤングジャンプ『ゴールデンカムイ』を読んで。

ゴールデンカムイ 概要

『不死身の杉元』日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりが!? 立ち塞がる圧倒的な大自然と凶悪な死刑囚。そして、アイヌの少女、エゾ狼との出逢い。『黄金を巡る生存競争』開幕ッ!!!!

ゴールデンカムイを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。