キングダム 第598話ネタバレ感想『信とチョウガリュウの一騎打ちが決着』

キングダム 第598話 紡ぐ者 | 引用元:キングダム 第598話 漫画:原泰久

キングダム 第598話 紡ぐ者 | 引用元:キングダム 第598話 漫画:原泰久

  • キングダム 第598話ネタバレストーリー・あらすじ
  • キングダム 第598話ネタバレ感想・まとめ
  • キングダム 概要
  • キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

キングダム 第598話ネタバレストーリー・あらすじ

亜光兵と交戦するバナンジ。

武力を振るうバナンジに亜花錦が刃を受ける。そして、すぐに亜花錦は退却。バナンジの部下が亜花錦の首を落としてくるというも止めるバナンジ。狩り場に誘い込まれるのがオチだと。

バナンジは、今戦っている部隊の数を減らせれば、飛信隊に苦戦しているチョウガリュウの元に向かう。そして、飛信隊の信の首を飛ばすと豪語するバナンジ。

亜花錦は、誘いに乗ってこないバナンジの足止めも限界に近い。飛信隊に早期決着を募らせる。

ギョウウン隊と戦っていた玉鳳隊。何名かは抜かれるも総崩れにならないように指揮を執る副長。

飛信隊本陣でも左右趙軍が飛信隊を狙って迫ってきているのが見える。河了貂は信の進捗具合を心配する。

信とチュウガリュウの一騎打ちを止めるべく横槍をいれようとするチョウガリュウの部下。その部下を止めるために割って入るキョウカイたち。しかし、キョウカイは血を吐く。その一瞬の隙に、チョウガリュウの兵に馬上から叩き落されるキョウカイ。

ガロが助けに向かう。

信もチョウガリュウの太刀に押し負ける。

いくら信が怪我を負っているからといって、軍師みたいなやつに何故押し負けると飛信隊は疑念を抱く。しかし、チョウガリュウは、思いを紡いでいくのが人。チョウガリュウの双肩には、先にいった八将と、病で黄金時代を去った主のリンショウジョの思いが宿る。

チョウガリュウは、信にまた一太刀を入れる。その衝撃に落馬しそうになるも持ちこたえる信。

信の背後に王騎の姿を見るチョウガリュウ | 引用元:キングダム 第598話 漫画:原泰久

信の背後に王騎の姿を見るチョウガリュウ | 引用元:キングダム 第598話 漫画:原泰久

思いを紡ぐというなら信も負けない。ヒョウ、ビトウ、松左、ヒョウコウ、、、敵も味方も関係なく全員の思いを余さず紡いでいる。そして、王騎。

信に、王騎の姿を見るチョウガリュウ。

その信の一撃で肩を切られるチョウガリュウ。

中華を統一する王・エイセイの金剛の剣だから砕けないと吼える信。

リンショウジョと同じ、中華統一の言葉を聞いたチョウガリュウは、あとはギョウウンに託し、信の刃に落ちる。

信とチョウガリュウの一騎打ち | 引用元:キングダム 第598話 漫画:原泰久

信とチョウガリュウの一騎打ち | 引用元:キングダム 第598話 漫画:原泰久

キングダム 第598話ネタバレ感想・まとめ

リンショウジョの二つ目の伝えたいことはなんだったのだ。

チョウガリュウが、後はギョウウンが、と言っているから、中華統一する人間になんらかに関わることなんだろうけど、やられる前提で話だろうか。

中華統一する人物が現れたら、糧となれということだとしたら、リンショウジョは結構酷な人だな。

週刊ヤングジャンプ『キングダム』を読んで。

キングダム 概要

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!

キングダムを連載している『週刊ヤングジャンプ』について

『週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・暴力・権力」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。