ここは今から倫理です。 第14話ネタバレ感想『リストカット少女(後編)』

第14話 切っちゃおうかな 後編 | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

第14話 切っちゃおうかな 後編 | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

  • ここは今から倫理です。 第14話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ここは今から倫理です。 第14話ネタバレ感想・考察
  • ここは今から倫理です。 概要
  • ここは今から倫理です。を連載している『グランドジャンプ』について

ここは今から倫理です。 第14話ネタバレストーリー・あらすじ

保健室で、目覚めた都幾川は、由梨を見て、突然カラダ中を弄る。

突然の行為に由梨は驚く。その行為に藤川も驚く。

都幾川は、はさみは持っていないか調べていた。涙ぐみながら都幾川は由梨にはさみはもっていないかと聞く。

持ってないと答えると、安堵する都幾川。

はなみを持っていないことを知って安堵し、由梨を抱きしめる都幾川 | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

はなみを持っていないことを知って安堵し、由梨を抱きしめる都幾川 | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

そして、そっと由梨をやさしく抱きしめる。

藤川は、教室に何があったのかと高柳に聞く。

高柳は、由梨がリストカットして都幾川が止めただけだと説明する。

藤川がそれだけかと聞くと、高柳は知らないと答える。

「リストカット」がどんなものか知っている。由梨がしているのは知らなかった。少なくとも、自分の前では常に隠されていた。廊下で見かける由梨は、よく友達を笑わせている明るい人に見えた。

リストカットをする子の根本的原因を解決する力は教師にはないという高柳 | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

リストカットをする子の根本的原因を解決する力は教師にはないという高柳 | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

リストカットについては「悪い事」であるとは言い切れない。その行為自体がある種の救いとも聞くから「やめろ」とも言いづらい。しかし、自傷を「し続けろ」ともいえない。きっと、その行為の根本的原因を解決する力も教師たちにはないという高柳。

都幾川が極度の刃物恐怖症なのも知っている。しかし、その原因はわからない。絶対に教えてくれないから。教えてくれなければ、一生わからない。教師は他人なのだからという高柳。

藤川は、そんな高柳を冷たい人だと罵る。分からないなら知る努力をしようというも高柳は反論。今、都幾川や由梨が戦うべきは自分自身。教師が無理に入り込んだら、戦う相手が増えてしまう。

無理に入り込めば、戦う相手が増えてしまうと警鐘を鳴らす高柳 | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

無理に入り込めば、戦う相手が増えてしまうと警鐘を鳴らす高柳 | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

高柳は、腕を切りたいと思ったことも、叫びだすほどの恐怖を目撃したこともないからわからない。そんな私が、彼らの過去を探ろうものなら、きっと私は彼らにとって最も憎い敵になる。

それでも彼ら自身が自ら考え、勇気を持って、助けを求めてきてくれたならば、私は全力でそれに応えるという高柳。

由梨は、自分のことを心配してくれた都幾川に感謝する。都幾川は、大事な身体だから大切にしてと手をさすると素直に頷く由梨。

半年以上かけて、何度も何度も論理について語りかけた。聞いてもらえるように分かりやすいように簡潔に。正しいことが何なのか話し続けたけど、それも一瞬の心揺さぶる激情には勝てない。どんなに人の心の理論を語っても必要のない人には聞えない。

理論で説明しても激情には勝てないと落ち込む高柳 | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

理論で説明しても激情には勝てないと落ち込む高柳 | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

私達は、彼らにとっていらない存在何だと藤川にいう高柳。藤川は、高柳の考えは嫌いだという。

他人を他人と切り捨てられない、うっとしい位に人の世話を焼きたがる藤川のようなおせっかいな人は嫌いじゃない。高柳のやり方では、彼らの心を開けなかった。正直、何度も失敗しているから不貞腐れているところもある。どこか冷めた目で見てしまう。

僕にはまだ出来ていないけれど、藤川は出来ている気がする。といって部屋を出て行く高柳。

都幾川と由梨は連絡を交換して、辛いことがったら言ってという。ゲームの話でもいい。二人の仲は接近する。

喫煙所にやってくる高柳。桐谷らがいる。

都幾川の親には連絡がとれないから訪問になる。そんな靴減らしの教育に疑問をもつ桐谷。

相手が受け取る気がなければ、一切届かないことを思い知らされる高柳 | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

相手が受け取る気がなければ、一切届かないことを思い知らされる高柳 | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

高柳は、こちらの愛も誠意も無効に受け取る気がなければ、一切届かない。それを見せ付けられたからとやさぐれる。

タバコをやめた桐谷が、タバコを吸う二人の教師に身体に悪いから禁煙しようと愛のアドバイス。

高柳は、タバコも人によっては自傷のひとつかと問う。

矛盾だらけで失敗や後悔ばかりだけど、その時はその瞬間は「それが最善だった」と思えるように生きてるつもり。その言葉を聞いて、桐谷は、禁煙のアドバイスを無視して、今タバコすうのは最善かと問う。高柳は、話聞いてない自分を自覚する。

高柳は、結局、戦うのは自分自身だと結論付けるも桐谷は自分のアドバイスを聞けとツッコミを入れる | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

高柳は、結局、戦うのは自分自身だと結論付けるも桐谷は自分のアドバイスを聞けとツッコミを入れる | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

結局、戦うのは自分自身。

それを聞いて、桐谷は愛のアドバイスを聞けとツッコミを入れる。

扉が勢いよく開く。

開けたのは南と逢沢。高柳に用事があると喫煙所から連れ出す。

逢沢と南は、グループ抜け失敗したという。今、いじめられてるっぽいという。

逢沢と南はグループ抜けに失敗していじめられていると高柳に相談しにくる | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

逢沢と南はグループ抜けに失敗していじめられていると高柳に相談しにくる | 引用元:ここは今から倫理です。 第14話 漫画:雨瀬シオリ

ここは今から倫理です。 第14話ネタバレ感想・考察

由梨はこれでリストカットをしなくなるのか。少し気になる異性ができたことで自傷はしなくなる。でもその子との距離が離れれば、またリストカットに戻るのだろう。リストカット以外の逃げ込む場所ができれば、リストカットはしなくなるだろうけど。だから、高柳が自分自身との戦いだといったのか。

桐谷先生、いい味だしてるわ。

グランドジャンプむちゃ『ここは今から倫理です。』を読んで。

ここは今から倫理です。 概要

「倫理」とは人倫の道であり、道徳の規範となる原理。学ばずとも将来、困る事はない学問。しかし、この授業には人生の真実が詰まっている。クールな倫理教師・高柳が生徒たちの抱える問題と独自のスタンスで向かい合う――。新時代、教師物語!!

ここは今から倫理です。を連載している『グランドジャンプむちゃ』について

『グランドジャンプPREMIUM』 (グランドジャンププレミアム、GRAND JUMP PREMIUM、GJP) は、集英社が発行していた日本の隔月刊[1]青年漫画雑誌。発売日は偶数月第4水曜日。『グランドジャンプ』(GJ)増刊。

12月26日(水)、「グランドジャンプPREMIUM」の後継誌として「グランドジャンプむちゃ」が発売。